« 春の夜の出来事 | トップページ | す(わ)ろう ぺーす »

2008年4月17日 (木)

青い鳥で厄払い!

 ばたばたしていたら、

世界は桜が終って、一気に新緑の中へ突入!していました。

オマケにな~んか私の休みはいつも雨ばかり!?気のせい!?

青い鳥たちに厄払いしてもらお~っと。

Ruri_3  

行いの悪さは祓えません!とルリビタキ♂。

幸せの青い鳥に、思いっきり警戒されるっていったい。。。

Emonoget

えものは何?いくら見てもわかりませ~ん。カワセミ。

Utsutteru

カワセミの顔ってちょっとイジワル~?

いえいえ、幸せのお使いに、ケチなんてつけてませんって

Kimatteru

胡桃の枝でおすまし。

あ~したてんきにな~あれっと。パンパン(柏手)

Ruri_2 番外編。ルリビタキの♀。

鳥界って、どうして雄ばかりがきれいなのでしょうね

いえ、もちろん、ひがんでなんかいませんよ。ええ。そうですとも。

« 春の夜の出来事 | トップページ | す(わ)ろう ぺーす »

コメント

mikolaさん いつからお花の写真家から
鳥の写真家になられたのでしょうか?

タイミングといい、アングルといい、相当
勉強をして、枚数を撮って(経験を重ねて)
いますよね?千枚以上???  

とにかく・・びっくりです。

trazyさん
 ありがとうございま~す
trazyさんは、空と海の写真家ですよね♪

 何枚撮っているかはよくわかりませんが・・・
環境と偶然に恵まれているのかも
花鳥風月が美し楽しで撮りたいです

花鳥風月ですかあ・・ またまた、うまいことを
言うな~!! 自分が、mikolaさんに勝るチャン
スがあるとすれば、「風」だけかなあ。。

mikolaさんのブログはいつ見ても癒されます
ルリビタキちゃん、なんてかわいい
自然の色ってなんでこんなに美しいのでしょうね~!!!

カワセミちゃんのくわえているのはザリガニさんではないでしょか??

ほんと、タイミングが最高ですね!

わあ、青い鳥がいっぱい。すてき!
わたしの厄も払ってー!という気持ちでいっぱいです(笑)

trazyさん
 おお~座布団一枚もらっちゃったかな~♪
trazyさんのお写真は海蝶風空だあ。
風景写真、迫力ありますものね。

みえこさん
 ありがとうございま~す。
みえこさんの日記で、私達日々癒されています
 ルリビタキの♂、きれいです~。
どこかの本にありましたが、深いブルーの羽根を持つのは、サバイバルレースを生き抜いてきた猛者なんだとか。
 カワセミの獲物はザリガニですかあ
どうりで、次の瞬間捨ててました・・・食べられなかったのでしょうね

やすこさん
 やすこさんもですかあ。
どこかに気象の神様を祭った神社があるんですって。お天気祈願に、行こうかと思っちゃったよ~。
花粉症が終わったのに、布団が干せない~。
悲しい~

きれいな青色ですねー!
お顔もかわいい

ホント、幸運がやってきそう☆

KAOさん
 はあ~い♪
お祝いに、『ひなてく』出演青い鳥総勢が、
全力でぴっかぴかの運を送らせていただきます
ただし、お天気運以外ですが

いやぁすごいなぁ。よくこんな写真撮れますな!すばらしい。
これが撮れるなら、桜はいらないです(ーー;

山形は桜満開ですが、ずっと雨みたいで・・・撮影せずに終わるのでしょうか・・・(カメラ濡らしたくないので(涙))

ZABUNさん
 うわ~、もったいないお言葉ありがとうございます。
ついに桜前線、山形に到着したんですね!
でも今年は本当に雨が多いです~カメラ、濡らせないですよね…水中カメラのようにハウジングが必要!?

かわせみの写真のみならず、獲物もしっかり写っていて、もう鳥の写真のプロですね。
野生ってダイナミックで、羽を広げている姿、カッコいいとさえ思えてきました。

いっぱい写したんでしょうね

KAORUさん
 もったいないお言葉!ありがとうございます。
 自宅の周りの自然の豊かさを見直す毎日です。今まで人間の生活だけに目が向いていたなんて、傲慢だったな~
 カワセミが住んでいることさえ、知りませんでした。自然はダイナミックで繊細で、見ようとしない者には見えないものなのですね。
 皆さんのおかげで、そんなことに気づくことができて、よかったです。

かわせみがくわえているのは、

けら、っていう昆虫じゃないですか?

おけら、とかいうらしいんだけど。

頭がモグラみたいなの、これ違うかな?

KAORUさん
 おケラ、調べました~♪
ザリガニを小さくしたみたいな虫ですね~!
これって、『手のひらを太陽に』の唄に
出てくるおケラさんって、ことですよね!?
初めて見ました
ありがとうございま~す。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の夜の出来事 | トップページ | す(わ)ろう ぺーす »