« 月の光とホタルの光 | トップページ | 梅雨の山 »

2008年6月19日 (木)

川ものがたりの始めます

 家のすぐ前を小川が流れる。水源はひなた山一帯の湧き水。

 しか~し。

この川は、水源から全てコンクリートで護岸されている。

駅まではところどころ、暗渠にも覆われている。

 最近まで、私の認識の中で『川』という認識はなかった。

臭くはないが、『どぶ川』のイメージである。

 冬。この横の道を歩いていたら、ジョウビタキがさえずっていた。

それから川を覗き込むようになり、色々な生き物が棲んでいて、

四季折々の花が咲くことに、ようやく気づいた。

時には誰かが投げ入れた、ごみが浮いている水の流れなのに。

 自然はすごい。

人間にいかに虐げられようと、淡々と修復していく。

 『千と千尋の神隠し』のハクこと、白竜川にちなんで、

私はこのどぶ川を『ホク』と名づけることにしましたhappy01note

まあ、少々ゲンキンな気もしないでもありませんが・・・coldsweats01

写真はホク川に導いてくれた恩人(恩鳥?)、ジョウビタキ。

今頃はシベリアかな~(photo by shouma3月撮影)

Img_1115 なによ

Img_1118_2 今頃気づいたの~?

Img_1117_5 鈍感なんだから。

« 月の光とホタルの光 | トップページ | 梅雨の山 »

コメント

名嘉ボクネンさんの言葉、
鳥たちの言葉には策略がないっていうのを思い出して、
このオレンジ色の小鳥はどんなさえずりなのか、
想像しています~。

syoumaさんとmikolaさんで、
川のお話をしているんですか?

KAORUさん
 結構鋭い声で鳴きますよ~
警戒心が強いので、shoumaがどうしてこんな近くから写真が撮れたのか不思議です。
また冬になったら会えるな。元気で帰ってきてくれるとうれしいですhappy01

>川のお話をしているんですか?
 はい。何せ目の前から続いている川なので、常に視界?話題?には入ってきますね~。
情緒的に捉える(?)私に比べ、相方は冷静ですが。
こんなにコンクリートで固めていなければ、
蛍もきっと飛んだような川です。


 

ホクの住人達のこれからが、とっても楽しみです。
それにしても、syoumaさん。
鳥さんの羽根の流れまで見えてますよ。すごい!
こんな綺麗な鳥さんが目の前を通ったら、思わずフラ~ッときちゃいますよね。happy01

JUN姫さん
 ありがとうございます~♪shoumaも
よろこぶとおもいます~happy01
ホク川覗き込んでいると、「何かいるんですか?」と聞かれて
知らない人と話が始まったりするので面白いです。

これ・・ 自然の造りだした色なんですよねえ。
すごいなあ・・ きれいな色に気がつかせてくれて ありがとうございます。

trazyさん
 こちらこそ見ていただいてありがとうございます。
ジョウビタキ、キビタキと入れ違いくらいに北へ帰って行きました。
北海道あたりですれ違ったりするのでしょうかね~happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月の光とホタルの光 | トップページ | 梅雨の山 »