« 梅雨の山 | トップページ | カルガモ親子 »

2008年6月22日 (日)

ホタルシーズン終了?

懲りもせず、ホタル撮影隊出動sign01

まだ明るいうちの現地に到着するとカワトンボのお出迎え。

1 0 

山からはホトトギスの声が・・・。録音してみました~。

「今日は、なんかいい雰囲気」と思いながら暗くなるのを待つ。

5時、6時、7時、だんだん暗くなってきた。

8時、えっ~sign01 全くホタルがいないsign03

「自然は気紛れ」と自分に言い聞かせ、仕方なく帰り支度を始める。

撤収作業が完了し、その時。

遠くにホタルの光。

呆然と立ち尽くした次の瞬間、あわてて三脚にカメラをセット。

レリーズはつけずに時計を見ながらシャッターを押した。

Photo

その後も少し粘ったが、今回はこれ1枚のみ。

ホタルの写真に関しては不完全燃焼であるが

気がつけば、家の中はグチャグチャthink

連日連夜の勉強会、反省会と称する酒宴でメタボまっしぐらshock

睡眠不足で体はダルダル、仕事中はネムねむgawk

と言うことで我が家では自主的に「ホタルシーズン終了」宣言をした。

また、来年があるさcatface

« 梅雨の山 | トップページ | カルガモ親子 »

コメント

そんだけ、粘られても、なかなか蛍に会えないなんて、蛍が乱舞するなんて写真は、相当の知識と
経験が無いと撮れないのでしょうかあ?

また来年も、がんばってくださいね。

trazyさん
明るいうちにホタルの存在を確認しておけば粘る必要はないのです。この日、珍しく近くで釣りをしている方が1名いたため川に入り確認することができませんでした。
写真に関してはデジタルの時代ですのでいろいろな手法があるようです。

ほんとうに蛍の撮影は難しいですよねぇ。
でも、連日連夜の反省会には大笑いしてしまいました。

こちらはこれからが蛍の見ごろなんですが、
「じゃ、私がリベンジしちゃる!」
なんて、口が裂けてもいえません(^^;
だって、3年連続撮影失敗しております。
(mikolaさんたちと違って、ちょっと根性なしですけどね。反省会もないし。うぷぷ)

ほんと、昼間の下見とセッティングって大事ですよねぇ>shoumaさん

やはり蛍の撮影は難しいのですね。
ざぶんさんが3年連続なら私たちは少なくても5年は無理かも。crying
少し遠出してなんて考えましたが、さすがにそこまではできましぇん。疲れ果てました。
そちらはこれからが蛍の季節なんですか?
ざぶんさんのことだから4年目も挑戦するでしょう!!(大当り~)
成功したらブログに載せてくださいね。
お待ちしておりま~す!?

うわ。すごいプレッシャーが(^^;
天気悪いしなぁ・・・(ーー;
(ちょっとあさっての方向を見てみる・・・)

夜の森の雰囲気~トトロかフクロウが潜んでいるような、神秘的な画ですね。

お疲れさまでした。
ホトトギスの声にせせらぎの音。
音だけだと集中できますね。

ざぶんさん
バトンタッチしましたよ~ん!

KAORUさん
 ロケーションはいいんですけどね。
次回から写真がダメなときは音にしてみます。
音も上手くに録れなかったりして~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨の山 | トップページ | カルガモ親子 »