« 赤い鳥 | トップページ | 森のくじら »

2008年6月 8日 (日)

渓谷へ

 麓から一気に100メートル下って渓谷へ。

Img_5740_2 Michi Keikoku

Miyamahakobe Sawahakobe

ミヤマハコベとサワハコベ

Maizurusou2 Yukizasa1

マイヅルソウとユキザサ

Tukubanesou Mamushigusa

ツクバネソウとマムシグサ

なぜか渓谷のお花は白とみどり。小さいけれど、個性豊か。

Seseragi_2 Hamon

shoumaがこんなの撮ってました。

冷たい冷たい水の中。透明度抜群!

« 赤い鳥 | トップページ | 森のくじら »

コメント

とうとう水中撮影まで・・・もはや怖いものはありませんなぁ。この調子で空中撮影や流氷の下の撮影も・・・(笑)

ところで、ここは高尾?八ヶ岳山麓?

凄いぞ、水中写真家?
・・・次は空中写真家?

頑張れ!!!(?)

ざぶんさん
 水中写真は、去年の今頃島の海でデビュー!?しているんですよ。誰かさん。。
よろしかったらmixiの私のアルバムご覧下さいsweat01
 ふと横を見ると、いつでも不思議な動きをしている相方ですcoldsweats01
 ここの渓谷へ至る道は倒木あり、ところどころにある階段はぐらぐら、斜面はとてつもなく急、橋は5人以上載っていはけないという超サバイバルな場所です。
 観光地の横にこんなところがさりげなくあって、よいのだろうか。。。
 早春に行った時は、どどど・・・っという音に振り仰ぐと、
shoumaの上方を鹿の群れが走っていきました・・・。

マンボウさん
 (?)が可笑しいです~happy01
出来れば水中・空中より
家中で撮影できるように
きれ~に掃除してくれる方が
私はうれしいですsign02think

森の緑 美しい緑 命の色
水の淡いブルー 美しい透明な青

mikolaワールドは、すごいですねえ。

trazyさん
 ありがとうございます。
こんな小さな花々でもそれぞれ形を変えている。
(きっとその土地で生きるために合理的な形で)。
一つの目線の先には、
どれだけ多くの生命が宿っているのか、
この頃自然の偉大さ・たくましさに、感銘を受けるばかりです。

水の中、とても澄んでいてきれい…
冷たいからこそなのでしょうね。

この水色、好みですhappy01

やすこさん
気に入って頂けて嬉しいで~す。
ありがとうございますhappy01

こういう渓流沿いのお花は、こういうところへ行かないと見られないのでしょうね。

可憐で、でも逞しく生きている様が見て取れます。

ところで、夫君の撮られた水中写真、どうやって撮るのでしょう?カメラは大丈夫なのですか?

水中写真、水着でもぐったんですか?
それとも、ウェットスーツ?

目の覚めるような森の緑、これ見てたら、
命の森のイメージが頭に浮かんできます。

睦稔さんの「命の森」の紹介を兼ねて、ブログで触れさせていただきました。

takehisaさん
 植物園でなく、野生のマイヅルソウを見たのは初めてです。
ハコベ類は、低山でも以外に種類が違っていたりします。
ちっちゃ~いですけどねcoldsweats01
カメラ、大丈夫だったみたいです。
でも、ダイビングのプロからは、「そのうち壊れるぞ~」
と脅かされています。
やっぱり、それなりの装備をカメラに施さないと
保障はできないそうですよ。

KAORUさん
 つめた~い湧き水の渓流なので、
泳ぐには水温が足りなさそうでしたshock
カメラだけ泳がせたようです。
命の森のバナー、ひなてくのリンク、
張っていただいてありがとうございます。
明治神宮に、どんな森が広がるのでしょうか。
わくわく、楽しみですね~happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤い鳥 | トップページ | 森のくじら »