« 悠久の時の風 | トップページ | 名嘉睦稔さん展覧会『命の森』 »

2008年7月16日 (水)

オオムラサキの羽化

ぶらりと立ち寄った環境教育施設でオオムラサキの羽化を観てきましたよ~。

Oomura1 さなぎを見ながら

係員の方のお話を聞いていたら

あっ~!

Oomura2ware さなぎに亀裂が入り割れてきた。

すると係員さんが突然立ち上がり

大声で「羽化が始まりました~!」

その声に反応して

大人も子供も猛ダッシュ!!

現場は朝のラッシュ状態。

さなぎから蝶への変身が始まる。

→→→      →→→       →→→

Oomura3atama  Oomura4hannbunn  Oomura5deta

Oomura6kannsou 羽化したのは♀。

只今、羽を乾燥中。

羽根が乾かないと飛べない。

オオムラサキと言えばやはり♂かな~?

Oomura7osu

 

 『ひなたてくてく』は「命の森」を応援しています!

« 悠久の時の風 | トップページ | 名嘉睦稔さん展覧会『命の森』 »

コメント

すごい、瞬間でしたね。
おおむらさきって本当にきれいですねー。
そういえば、明治神宮文化館の2階から、みえるどんぐりのような木の花にいっぱいの蝶々軍団が、蜜を吸いに集っているんです。
結構、じぃーっと見てて飽きないものです。
今度、そこも見てみて下さいね。
もちろん、作品もね(笑)

mikiさん
えっ、蝶の軍団ですか?
それは観に行かなくては!!!
明日、相方と二人でお伺いしますね。
蝶を…ではなく名嘉睦稔木版画展「命の森」に。

美しいですね。。。delicious

小学生の頃から庭の山椒の木にアゲハチョウの卵を付け毎年羽化の瞬間を観察してました。

アゲハチョウはオオムラサキ程は美しくないけれど「生きてる」瞬間を見れる感動は今でも忘れません。

「瞼でシャッターを切る」のも良いですよ。eye

寅さん
 本日、明治神宮へ行ってきましたよ~ん。
寅さんの言うように「瞼でシャッターを切る」してきました。
「節気慈風」は感動モノでした~!

おお、今日いらしてくださったのですね。
早速ありがとうございました。

私の(たぶん明治神宮の)自慢の蝶々のお宿は、ご覧頂きましたでしょうか。

節気慈風、見ているうちにその中に同化しましたか?

今週末はイシジマヒデオが節気慈風にまつわるお話をするらしいですが、面白そうですよ。また、見方が変わるかも~♪

mikiさん
 行ってきましたよ~ん。
原宿駅を出てすぐの神宮橋でさっそく蝶のお出迎え!ご自慢の蝶々のお宿も拝見させていただきました。ひなた山(我が家周辺)よりも蝶の数が多いことには驚かされました。
 「節気慈風」はほんとに感動モノでソファーに座りこんで、長時間拝見させていただきました。happy01
私たちらしく生き物探しが主だったかも…coldsweats01
 また、伺わせていただきますね~。

オオムラサキを初めて見たのは、切手の中
でした。 

紫の色がきれいなんですよねえ。

trazyさん
小学生の時、切手収集を趣味としており私もその時に初めて見ました。なんと日本初の蝶切手に描かれていたのがオオムラサキだそうですね。

ちなみに本物をみたのは今回初めてでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悠久の時の風 | トップページ | 名嘉睦稔さん展覧会『命の森』 »