« water nymph | トップページ | オオムラサキの羽化 »

2008年7月11日 (金)

悠久の時の風

 珍しく早起きしたので、大賀ハスを見に(photo by shouma)。

Oogahasu  Oogahasu2_2

Tubomi1_2 Asatuyu

そしたらなんと、道端で玉虫に出会った。

Tamamusi

『たま』げた~!coldsweats01

だって、相方が会うのは初めて、mikolaは幼児期以来。

まだいるんだあ。玉虫♪

『お財布に入れるとお金がたまる』なんて言い伝えが

うちのほうではありましたっけ。

飛鳥時代に作られた法隆寺の玉虫厨子は、この翅が6万枚とか?

大賀ハスは弥生時代以前から発掘された古代ハスといわれているそうだし。

なんだか、悠久の時の風に吹かれた日でした。

Kobamohappa_2

カルガモ親子もいましたよん。元気に育ってね♪

« water nymph | トップページ | オオムラサキの羽化 »

コメント

なんか、カルガモが軍隊のよう(汗)
玉虫はほんと玉虫色ですねぇ。

子供のころは平気で触れましたが、最近見かけたら、グロテスクな感じが・・・

しかし、ハスの花はもう素晴らしい腕前っすね。ひなてくワールドになってますし(^^)

そうか~、ハスの咲く季節なんですね。
見に行かなくちゃ!
思い出させてくれてありがとうございます!

ハスも、玉虫も、カルガモちゃんたちも、
ほんといい写真ですねlovelyshine

どれも輝くばかりの美しさですね。

玉虫、初めて見ます。

しなやかな容ですね~(^^)

母からは「玉虫をタンスに入れていくと着物が増える。」と言ってましたね。
子供の頃には捕っても英雄にはなれない程沢山居ましたが・・・、久し振りに見ましたよありがとうございました。

ざぶんさん
カルガモを発見した時は本当に軍隊のように
綺麗に2列になって泳いでいたんです。
カメラを用意しているうちに「ハ」の字に…。
ちょっと残念な1ショットです。

みえこさん
ここ数日、「ハスの花が見ごろ」と言う記事をありらこちらで見かけます。
「ハスの花を一人占め!」なんて、早朝に出かけたのですが現地に到着すると既にウォーキングやランニング途中の人、カメラを構えた人たち等で結構にぎわっていましたョ~。
みんな何時に起きているのだろう?


KAORUさん
お恥ずかしいにですが
生きている玉虫をはじめてみました。
初めは外来種???と思いましたが
自宅に帰って調べると、本の物の玉虫らしいので
びっくりしましたよ~ん。

寅さん
私の実家のタンスの中にもありました。
和服と一緒に入れていて確か母は防虫剤代わりに入れているようなことを言っていたような…。(古い話で記憶が…)
地域的なものなのでしょうか?玉虫を所持する理由はいろいろあるみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« water nymph | トップページ | オオムラサキの羽化 »