« 残暑の山 | トップページ | 木道ぽくぽく »

2008年8月14日 (木)

雹(ひょう)のち虹

Musasabigoya Kaidan

お留守のムササビさん宅を横目に 九十九折の階段を登ると、

Higurashi_2

ヒグラシも

Nihonakagaeru 

ニホンアカガエルも

Tonbo

トンボも

心なしか不安顔。そこへ・・・

Arasi 雷鳴thunderとともに

暗雲立ち込め、

Hyou

3センチくらいの雹(ひょう)が降ってきたshock

一時間くらい降った後、

Niji1

広がった虹。

どうなっているのでしょうsign02

« 残暑の山 | トップページ | 木道ぽくぽく »

コメント

これで2度めの虹の写真、それもこんなに真っ青な空の雲の下に。
天使がいっぱい飛んでいそうな、不思議な写真ですね。
自然ってすごいです。
今日の帰り、午後二時ごろ、真っ白な大きな夏雲を見ましたけど、その雲かしら?

今日は埼玉東部にいましたが、雲の様子がとても神秘的で思わず、事故りそうになるくらい、空に目がひかれました。

雹はふってなかったし、西の方面は、青空で、すかっと空を二分するように、雨雲がじゅうたんのようにはりつめていて、楽しかったです。

虹を見れるのは、日頃のおこないですね♪♪

KAORUさん
 うう~、多分その雲の下だったのでしょうね。
登山を終えて、汗を拭いて、ちょうど車に乗り込んだ時に
すごい雷と、大雨。
そして、「ばきっ!ばきっ!」とはぜる音。
何??と二人で顔を見合わせていると、
相方が、「雹だ!」と気づきました。
慌てて車を木の下に移動(屋根がなかったもので)。
たまげました~sweat02
 そうそう、雨上がり(雹上がり!?)の空はとってもきれいでした。
気温も34度から23度!!
でもすぐ蒸し暑くなったけれど。

miki@bokunen’sさん
 そうそう、雲が劇的な午後でしたあ。
その雨雲の下だったのですね、きっとcoldsweats01
 雹を見ているときは、わが目を疑い、
大騒ぎするのみで
一時間もあったのに写真も撮らず。
半分くらい相方の写真ですcoldsweats01
 虹に会えて、
九十九折の階段も、雹も、
致仕方ないか・・と諦めが付いた次第。
お天気劇場を堪能した一日でした!?

昨日は、都下八王子でも、いきなりの雹まじりの凄い夕立。生徒を帰すに帰せなかったり、びしゃびしゃになってやってきた女の子までいて慌てました。

気温の降下は36度から28度どまり。直後はちょっと寒い感じがしましたが、後は猛烈に蒸し暑くなり、今日はまた目茶苦茶に温度が上がりそう。私は冷房が大嫌いなので、生徒が質問に来る時はげんなりしています(勿論、生徒の部屋はクーラーが入っています)

こちらとの違いは虹が見られないことでしょう、やはり自然の豊かな所は羨ましいです、が危険もあるので注意してくださいね、山と同じですから。

カエル、この辺ではなかなかお目にかかれない。

とんぼ、先日接写で撮れた、という信じられないチャンスに巡りあいましたが、へたなせいか、失敗。望遠で狙っているものの逃げられてばかり。

カエルといい、トンボといいステキに撮れています。

takehisaさん
 takehisaさんのところも降りましたか!
すごかったですね~。ほんとにたまげましたcoldsweats02
雹について、わかりやすいページを見つけました。
http://www.khb-tv.co.jp/megami/yojigen/kobanasi/haru/hyou.html
 う~ん、勉強になる。
生粋の文系人間なもので、この年になって
森羅万象勉強しなおしている次第ですcoldsweats01
 ク、クーラーなしですか!冷房嫌いのmikolaも、
今年はさすがに使用しています…
腹巻してですが…。
 でも一番の原因はこんな田舎でも、
物騒で窓を開けっぱなしに
出来ないことですかね~。
昔は夜でも窓を開けて寝たものですが。
 takehisaさんのトンボ、見せていただきましたあ。
きれいですね。
サギ草もうっとりです。

いつも携帯からでブログへおじゃまできなかったので、お久しぶりに一気に読ませていただきました~♪
いつもながら、なんて美しい写真!!

ヒグラシさん、宝石のような美しさですね!!

そして、水の中の雹の写真、息をのみました。
(3cmなんて、当たったら相当痛いでしょうけどcoldsweats01

虹、しばらく見ていないなぁ・・・
友達が虹が見たくて見たくて、お天気雨のときは空ばっかり見ているって言ってました。

みえこさん
 わざわざありがとうございます~♪
感激ですhappy01
ヒグラシ、他のせみに比べると繊細な感じですよね。
やっぱりあの切ない音を出すには、
うす~い翅が必要なのでしょうか。
 雹、初めてでしたよ~。こんなのが降るのでは
農作物の被害が甚大なのも、よくわかりました。
外に出る勇気はなかったのですが、
絶対痛いと思いますshock
 虹は見ると幸せ気分になりますよね。
どうしてだろう・・・
雨が上がる!という単純でも生死にかかわった
喜びの記憶が、太古から
刷り込まれているのかも~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 残暑の山 | トップページ | 木道ぽくぽく »