« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

畑のタンチョウ

道東は収穫の真っ盛り!

ジャガイモは山盛り、タマネギは畑一面。

中でもお気に入りは、

Mamenio

豆にお。

豆を乾燥させるために、手作業で積むのだそうです。

Zurari Kosumosu

 まるでコロボックルみたいです。

もうじき美味しい新豆が出回りますね♪

 そして、走っている車窓から見えた畑に、

白と黒の大きな鳥が・・・

N Nn Nnnn

 え~coldsweats02!!!!こ、これはもしや・・・

Turudaa

 ツルだあ~!!タンチョウだあ~!!!!

Naka

Yoshi

Koyoshi

まさか会えるとは思っていなかったので、

も~~~~感動ですhappy02

2008年9月29日 (月)

濤沸湖の馬

Toufutuko

濤沸湖(とうふつこ)。

ラムサール条約登録湿地だそうです。

Onagagamo

水鳥がたくさん~happy01オナガガモ、アオサギ、ユリカモメ・・・etc

うっとり~heart01冬には白鳥も来るようです。

Houboku

馬が放牧されていました。後ろの山は、

Sharidake Mokotoyama

左が斜里岳、右が藻琴山です。

ここで斜里岳にほれ込みました。かっこいいお山だあ~♪ Amefurisou

Sougennonaka_2

角度は違ってもcoldsweats01馬好きのひなてく隊にはたまりません。

Rintoshite

凛として、優しい眼差しのお母さん。

Hashiru

突如、みなさん疾走!!!

Ninjin

土煙を立てて走る先には、

大きなトラック、荷台いっぱ~いのにんじん。

だって、今までだってにんじん食べてたじゃん!

新鮮な方が、美味しいのかなあ。。。delicious

2008年9月28日 (日)

黄色い幸せ

 さて、ひなてく初のグルメ&乗り物リポートです。

ここもかわむつさんにご紹介いただきました♪

Eki

駅です。

なあんと!

小さな駅の中に、銀河鉄道999(sweat02年がばれる)の

食堂車のようなレストランがあります。

残念ながら、超満員でレトロな室内の写真が撮れず。

Omrice

そして。

かわむつさんお勧めのオムライス~♪

頬張っただけで、も~しあわせheart01

そこへ、列車がきたあ!

Dual_mode_vehicle

 タ、タイヤが付いている!?

Dual Mode Vehicleという、線路でも道路でも走れる列車なんだそうです。

JR北海道のページ↓

http://www.jrhokkaido.co.jp/new/dmv/about.html

一日に3本しか走らないのに、偶然見ることが出来ました。

ラッキ~♪

Senro_2

 こんな静かな風景の中を走るんです。

Kaigan

 いつか乗ってみたいなあconfident

2008年9月27日 (土)

赤い草原のユリカモメ

 北海道へ行って来ました。

ひなてく隊初めての道東遠征♪

オホーツクエリアって呼び方もあって、

機械・方向だけでなく地図オンチのmikolaには

早速訳わかりませんthink

Notoriko

能取湖南岸、卯原内。

サンゴソウが色づく頃と、ひなてく隊の師匠、

かわむつさんに教わりました~happy01

Washi Kouyou

びっくりするほど、きれいなサンゴソウ。

Sangosou

本名はアッケシソウというそうです。

茎が見えなければ、本当に珊瑚みたい。

植物なんて不思議。

Tobu

ユリカモメがいました。

Tokotoko

こちらではもう、冬の羽なんですね。

Tobimasu

赤い草原に、白い鳥。夢のような景色です。happy02

2008年9月22日 (月)

フレッシュどんぐり

 フレッシュどんぐり

2ko

いかがですかあ~delicious

美味しいかどうかはわっかりません♪

3ko

 おととしは凶作、去年は豊作。

ひなた山の今年の実りはいかがでしょうか???

2008年9月20日 (土)

台風一過と赤とんぼ

 台風一過。とはいえ、すっきり晴れませんね。

Akatonbo_2 

ひなた山では、赤とんぼがたくさん舞いだしました。

Tubameto

こちらはつばめさんのゲスト出演。

あ、黒い点はパソコン画面のホコリではありません。

トンボですcoldsweats01

2008年9月19日 (金)

尾花の下の思ひ草

ススキの根元に

Susuki

ナンバンギセルみ~つけた。

Nanbangiseru

万葉集にある、

 道の辺の尾花が下の思ひ草 

     今さらになぞものか思はむ

の、『思ひ草』がこのナンバンギセルだそう。

うつむいているところが、恋に悩む女ゴコロを表しているとか。

う~ん、たまには、ひなてく隊にも文学の秋風が吹くのだsmile

Turubo

ツルボもそばに咲いていました。

Hagi

ハギは秋の七草のひとつ。

Shuukaidou

シュウカイドウ。秋海棠とは、いかにも秋らしい名前。

Higanbana

 そして、ヒガンバナ。

 子供の頃、摘んで帰って生けていたら、

「火事になるよ~」と言われて慌てた覚えがあります。

Higanbana2

 確かに燃えさかる炎のようなお花。

お彼岸ですね。

2008年9月18日 (木)

楽しい水辺

 このところ、行った先に池・湖・沼・川・・・などがあると、

ひなてく隊は必ず反応♪

Kaituburi

最初はもちろん鳥ちゃん目当てだったのですが・・・

(上はカイツブリ)

Amenbo

アメンボ

Kame_2

カメ 

前に森で出会った100円ガメ↓のお母さん(お父さん)? 

Kametat100en

Koi

コイ

Kaeru

カエル・・・何カエルか不明。

Kaodake

何をカンガエテイルのかも不明coldsweats01

Medaka

メダカ

Sawagani

サワガニ

・・・と、四季折々、いろんな生き物に会えるので♪

Usirosugata_2

やっぱり、水辺はオアシスだあ~happy01

2008年9月15日 (月)

中秋の花火

昨夜の中秋の名月。

Meigetu

今年は月齢14.3。

秋らしい赤い月を見ていると、

Hanabi

ど~んと、いう音。

振り向くと、山の端から花火が。

Hanabi2 Hanabi3

一時、月と花火の競演を楽しみました。

ひなた山も、セミの声がひと段落。

(昨日も鳴いているツワモノのヒグラシが一匹いましたが・・・sweat02

夜は虫の声、朝は野鳥の声が戻ってきました。

2008年9月14日 (日)

岩登り?木登り?

Kohan

湖のほとりのススキを見下ろし、渓谷を下ろうとてくてく。

Tuyukusato Mizuhikisou

ミズヒキソウとツユクサのセッション。 ↑ミズヒキソウのアップ。

Nanbanhakobe

ナンバンハコベ。こんな姿と名ですが、在来種。

・・・と、なんとまあ。

渓谷でがけ崩れが会ったそうで、通行止めdanger

下が駄目なら上に向かいますshoeupwardright

が。

頂上付近は大きな一枚岩。

山登りだか、岩登りだかわからないbearing

Iwayama

↑これをのぼったら。。。↓こんなパノラマ。

Iwayamaue

↑富士山                一番端が甲斐駒

惜しい!富士山の頭が雲の中。

つるつるした岩の上では、見事な景色でも足がすくみますshock

Saraniue

相方はさらに上へ。

木登りだか,岩登りだか、わからない様相を呈していますshock

乙女のmikolaはやめておきます。だって乙女だもんthink

上の景色は・・・

Teppen

富士山↑                 一番端が甲斐駒

こ~んな素晴しかったらしいhappy01

会えなかった富士山は。。。

Miharashidai

帰り道、車道横の見晴らし台で会えました。

岩登りする必要、なかったねcoldsweats01

2008年9月13日 (土)

秋の原っぱ

霧の山を下ってきたら、秋の花々が広がっていました。

Akinohana Waremokou

白いワレモコウなんて初めて↑

Matumushisou_3 Sawagikyou

マツムシソウ         せせらぎにはサワギキョウ

Asamafuuro_4

アサマフウロ

Tachikobomegusa Tonbo 

目を凝らすとタチコゴメグサ   赤トンボも。

Waremokouto

う~ん、秋。

Waremokou2 

ワレモコウ偏愛者のmikolaは、花野の中で狂喜してました♪

Akinohara_3

Ryousen

帰りにようやく、うっすらと山の稜線が。

今年の秋は湿度が高いのかな~

ガスっていることが多いみたい。。。

Yuribatake_2 Yuri_2

終わりかけのユリ畑でも、奥にススキが咲いてました。

日差しは強くても、高原は秋風。

だから平地でもうちょっと涼しく・・・お願いしますよ~paper

2008年9月12日 (金)

霧の山

 このところ休みが天気に恵まれないひなてく隊。

山に行ったら・・・

Kirinoyama_3   Kirinonaka

霧・霧・霧の

Shikai0

見晴台からの視界ゼロ~bearing

Kirinoshizuku

でも植物達はしずくをまとって神秘的。

Turiganeninjinn_2

日本最大級のフジアザミにも会いました↓

Fujiazami

でか~~~い! 

普通のアザミの何十倍!?sweat01

比較するものがないからわからない!とお思いでしょうが、

あまりに大きく、怖くて近寄れませんでした!?sweat02

Chottohareta

少し晴れてきたら、さらに登って行く方あり。

霧の中の主峰まで、これから4時間かけて行かれるそうです。

行ってらっしゃ~い!お気をつけてhappy01

2008年9月11日 (木)

夏のしっぽ 秋のつま先

Fujisan

 ようやく見えた富士山の麓ではまだまだ

Hibiscus

 ハイビスカスや

Himawari

 ひまわりと入道雲が夏を謳歌していますが

Nosuri

 ノスリの舞う空は透き通っているし、

Hoojiro

 ホオジロに当たる西日は金色。

Susukito

 車窓の富士山。足元に流れるはススキ。

暑かった季節も、ようやく交代する気になったみたいです。

願わくば、もう少し涼しく、湿気がなくなってくださ~いcoldsweats01

2008年9月10日 (水)

山中湖2

Hakuchou

 そうかあ。山中湖は、白鳥の湖♪だったのかあ。。。

N

 ん??

Nn_2

 んんん??????

Youchou

 コブハクチョウの幼鳥だあ~coldsweats02!!!!

Hanezukuroi

羽づくろいして、

Dokkoisho_2

 どっこいしょ、と腰を下ろす様はもう立派。

でも・・・

Utouto 

 うとうとしてきた

Kuu

 寝顔はあどけなさが残ってかわいい~~heart01

Zzz

      sleepy               sleepy      

だいじょうぶかあ~っcoldsweats01 こんなところで寝てしまって!?

2008年9月 9日 (火)

山中湖

Yamanakako

 山中湖へ行きました。

Ippai

   わ~♪スワン丸がいっぱいcoldsweats01

N_2

 ん?

Nn

んん?????

Hane

 この羽根は・・・・search

Honmono 

やっぱり本物のハクチョウだあ~ coldsweats02 !!!!

つづく・・・

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »