« 畑のタンチョウ | トップページ | 知床五湖 »

2008年10月 1日 (水)

カラフトマスの遡上

 斜里からいよいよ知床半島探検へ♪

ウトロヘ向かっていくと、遠音別川でカラフトマスの遡上に出会いました。

1kakou

海から川へ。

2mure

河口近くでは群れています。なぜ???

水に慣れるため???

3suimen

もう少し上流に行くと・・

4

浅いのと、水が澄んでいるのでくっきりと見えます。

これはオスとメス???

5roup_kousai 6fuon

仲良くグループ交際かと思いきや、不穏な動きが・・・

興味津々のひなてく隊は水中まで追っかけますeye

7suichuu

ぽちゃん。カラフトマスのメスです。

かわむつ先生、この場合エキノコックスは大丈夫なんでしょうかcoldsweats01

↑水につっこんでから心配するひなてく隊。

ものすごく冷たい水です。

8osinokeru 9opparau

他のオスを追っ払って・・・

10hoeru

吠えてますshock

11mata 12shuchou

また新たなオスが狙う中、でも一歩も譲りません。

13hitoiki

やれやれ、一息。

も少し上流へ行くと・・・

14seonoboru

瀬を登っている・・・オス?

15nagasareru 16try

でも流され・・・再度挑戦!

17chikarazuyoku

力いっぱい尾を振って!

18noboru

がんばれっ~!!!

思わず声に出して応援rock

でも、一時間あまりのうちに、瀬を越えたマスはおらず。

過酷だ・・・

19ooseguro

力尽き たマスを食べる、オオセグロカモメ。

20okuhotsk_gray

 彼らもこのオホーツクの波風の中で暮らす、

エネルギーを蓄えなければ・・・。

 といっても、瀬を越えた先で待ち構えているのは

人間の設備なので、

他のいきもののことは言えませんthink

生きるってこういうことなんだなあ。。。

« 畑のタンチョウ | トップページ | 知床五湖 »

コメント

釣りに行くのに早起きしました。
 遠音別川ってちょっと場違いなライトアップで有名な?オシンコシンの滝に行く手前の川でしたよね。サケマス孵化場があったような…。
 この時期に行ったことがなかったのですが、見事なまでにカラフトマスばかりですね。この時期、シロザケのシーズンなので、貴重ですよ。(今度この時期に行ってみよ。)
 この魚ご存知かと思いますが、鮭缶の中身です。シロザケの代用品扱いされていますが、夏のカラフトマスはとても美味しい魚です(夏限定ですよ…)別名セッパリマスの名で呼ばれるようにオスの背中が盛り上がるのが特徴です。雌もシロザケに似ていますが、尾鰭に黒い点が確認できます。
 この写真は防水のデジタルカメラを漬けて、撮られたものですか?それともハウジング?とても綺麗な映像ですね。
 エキノコックスは…知らないほうが…なんてウソです。水を飲まなければ問題ありませんよ。
 今から釣りに行ってきます。
 


おめでとうございます、いよいよ本格的にお仕事にされるのですね。

既にスポンサーーも付いたのでしょうか?
この写真なら買いますよね・・・この先も「プロの凄腕」無料で覗かせて頂きますね。(笑)

・・・しかし、凄い!

実況中継 有難う御座います。

カラフトマスの優駿の美ですね。

水中写真がクリアな事 みごと!です。

次回はどちらへ??楽しみにしております。

かわむつさん
 そうです。オシンコシン、滝は素晴しいのですが、観光客の多さに閉口し、結局一度も車を降りずに終わってしまいました。
上にあったのは、孵化場でしたか。
逆にシロザケの遡上は見れずweep貴重だといっていただけて残念な気持が解けました♪
 あ~カラフトマスって、鮭缶になるのですか!ルイベになるとは聞いていたのですが。やっぱり背中が盛り上がっているのがオスですか。なんとなく顔が怖いですものね。
 写真はカメラを漬けました。ダイバーの友人には「そのうち水没するぞ」と脅かされていますcoldsweats01
 エキノコックスは大丈夫ですかあ~良かった。漬けてから、「これどうしよう」と慌てふためいていたひなてく隊でしたsweat02

寅さん
 もったいないお言葉、ありがとうございます。
偶然とモデルのよさの産物ですcoldsweats01
カラフトマスにモデル料お支払いしなければ!?

unoさん
 命の力強さ、必死さ、いろいろ学んだ気がします。
カメラを覗き込みながら、
応援したのは初めてです。
気がつくと、一緒に見ていた方も
「がんばれ~」と声を合わせていました。
次はどこへ???
その前に年休が取れるかな~coldsweats01

ありゃま、ひなてく隊、すごいことになってますな(^^;

NHKかNationalGeographかと思うようなドキュメンタリーな作品になっておりますね。すごいすごい。

これならば、かわむつさんとの越冬隊が期待できます。ぜひ頑張ってください(--)
さぞかし、真冬のオムライスもおいしいかと思いますし・・・

 ちなみにシロザケの遡上はこれからも続きます。カラフトマスの1ヶ月遅れで遡上してきます。もちろん遠音別川も。
 本州で近場で確実なのは11月中旬の福島県木戸川でしょうか。北海道ほど水が綺麗ではありませんが、河口部で充分に観察できます。水の綺麗さなら富山県の魚津の早月川で11月の初旬です。簗があるのでその周辺で確実に見れます。トリは新潟県三面川周辺で12~1月に遡上が見られます。雪の中で行なわれるサケ漁はいい感じですがサケの姿は見難いです。

ざぶんさん
 そ、それは褒めすぎです~!
隊長が喜びすぎてまたよからぬことを考えそうなsweat02
 え、越冬隊は、ひなた山より寒いところにお住まいのざぶんさんの方が適任かと・・coldsweats01
オムライスは召し上がった方が良いですよ~♪
でもすっかり流氷には魅了されてしまいましたよんhappy02

かわむつさん
 そのうち上げさせていただきますが、漁船が沖でシロザケを獲って来ていました。あれが川まで上るのでしょうか。
まだまだはてしなく遠そうですが・・・
そうですか。本州でも見られるのですね。
そういえば、今思い出しました。
三面川で獲れたサケの赤ちゃんが、
今年元旦の私のmixi日記の写真でした。
水槽にいるのをパチリ、出したけど。
そうかあ、気づかないうちになんだかサケの年になっていたのですね!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 畑のタンチョウ | トップページ | 知床五湖 »