« カラフトマスの遡上 | トップページ | 知床のエゾシカ・野鳥・オジロワシ »

2008年10月 3日 (金)

知床五湖

 早朝に、知床五湖へ。天気は、雨がポツリポツリ。

入り口で会ったご夫婦に、「すごい格好ですね~」と言われます。

たしかに下着が防寒ならば、スキーが出来るかもcoldsweats01

11ko 22ko

一湖、二湖。知床連山が見えるそうですが、残念ながら雲の中。

32ko1_2 4hannoki

三湖。雨の音だけが響いて静かです。

もちろん雨でもめげません♪

5arare  6megenai

寒いなあと思っていたら、霰(あられ)が降ってきましたsnow

もちろん霰でも、めげません♪と・・・

9mrranger

「こんにちは!」レンジャーさん登場!

「ヒグマが出ました。ついてきて下さい!」

「え、え~shock!!!!」と質問も動揺する間もなく、

早足のレンジャーさんに追いつくのに必死。

もちろんヒグマにも、めげ・・・るだろうっっっdash

途中、男性2人と合流。

10konohoukou 11tanchifunou

「この方向です」って言われ、心臓バクバク。

そのうち、レンジャーさんの動きがあやしくなる。

「・・・探知機が故障したみたいです」

 えcoldsweats02

え~shockshockshock!!!!

血が逆流したmikolaは、もう一人の男性と熊鈴を必死で鳴らします。

こんなに熊鈴が役に立つとは、思いませんでした。

(でも後で聞いた話では、熊鈴の音に慣れている

熊の場合は効かないそうですsweat02

 無線を頼りに、もう一つのグループと合流。

第一発見者の女性二人は蒼白。泣いちゃったそうです。

・・・と、レンジャーさんの声。

「この上にいる!」

12konoyama_2

次の瞬間、「ぱ~ん!!!impact」と空気を切り裂く空砲!

 え?写真がないのかって???

そこまでひなてく隊は身体を張れませんcoldsweats01

「さあ、固まって!急いで出ますよ!なるべく声を上げて!」

134ko_2 14kocchi 

レンジャーさんの指示で、四湖・五湖はまぼろしに。

16torituke 17keep_out

 ようやくみなが出口にたどり着くと、

直ちに立ち入り禁止となったのでした。

 無事を喜びあい、へたり込みそうなmikolaを尻目に、

隊長は買い物へ。

待っている間、下の掲示を見つけました。

お時間のある方、ご覧いただけたら、嬉しいです。

右が文章部分を拡大したものです↓。

18sausage_219mitemite_2

そして、戻ってきた相方が手にしていたのは・・・

20kinen

シャレにならないだろう・・・bearingpunch

« カラフトマスの遡上 | トップページ | 知床のエゾシカ・野鳥・オジロワシ »

コメント

いやぁ、緊張感に包まれたお話で、ぞくぞくしておりました。が、探知機の故障に思わず笑ってしまいました。(^^;

必死に鈴の音を鳴らす図を想像して、さらに・・・

失礼しました(--;

ほんと怖いですよね。昨日、山形でもツキノワグマに襲われたニュースが出ました。32歳の男性は、噛みつかれながらも背負い投げして撃退したそうです。でも、人を襲った熊は、猟友会に仕留められてしまいました。

ソーセージの話見ました。人間のエゴというか罪悪を感じました。合掌

えっと・・ こういうのもかわむつ先生が
おっしゃる「引きが強い!」ってことなの
でしょうかあ??

文章を読んでmikolaさんの緊張感と焦りは、
感じてきましたが・・「KUMA」隊長
さんは大丈夫だったのですか?

緊張感が伝わって、自分も森の中にいるような気持ちになってきました。
掲示板の文章はもっとドキドキして、クマサイドにたって読んでいました。
野生の動物に対して人間は心して、距離をもたなければね。

恐くても、ひなてく隊にくっついて歩きたくなりました。星野さんの文章も思い出してしみじみと深い森のことを思いました。

ざぶんさん
 いやあ、探知機故障を聞いたときは、ちょっと覚悟しましたねえ。
これが最期に見る風景か?と。
クマ被害、今年は多いですよね?
奥多摩でもありましたもの。
 もう頼りは熊鈴だけ!と思えたとき、
なんてあの小さな鈴の意味が始めてわかりました。
キーホルダーではなかったのですねcoldsweats01
↑当たり前。
 ソーセージの話、読んでくださってありがとうございます。
難しいけど、気をつけなければ・・・と肝に銘じました。

trazyさん
 もちょっとかわいいものに「引き」が欲しいのですが・・・エゾリスとか、クマゲラとか・・・エゾモモンガとか・・・
 ちなみにshoumaは私の後ろにいたので、わかりませんcoldsweats01
危険な時に、相方のことなんて構って入られません!?
ただ熊鈴は「リュックのレインカバーに入っちゃったから鳴らない」とかのたまわっておりましたが・・・
何のための熊鈴だあ~~bearingpunch

KAORUさん
 ありがとうございます。
結局、私達のいるところにクマが出たのではなく、
クマのいるところに私達が入っているのですものね。
 羅臼であった船長さんに言われました。
地元の人の言葉は重くて、正論です。
星野さんも、テレビクルーが残した食べ物の処理が悪かったとかで、襲われたそうですね。
彼らを狂わすのは、人間なんですね。

「かわむつさん」採取旅行に北海道に行っていたのでしょうか?
でも結局会えなかったのですね?
彼携帯持ってないしね・・・ん?coldsweats01

寅さん
かわむつさんにはお会いしたいですが
御親戚の方はちょっと…happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カラフトマスの遡上 | トップページ | 知床のエゾシカ・野鳥・オジロワシ »