« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月28日 (金)

メタセコイヤの黄葉とカワセミ

 家の近くでは水辺にメタセコイヤがあるのはここだけなので、

Metahayashi

黄葉はとても楽しみです。

Mizukagami

気分はカナダか~♪

Mizukagami2

北欧か~♪(両方行ったことないけどcoldsweats01

 そして。

お目当ては黄葉なので、もちろん望遠レンズなんて

持っていませんとも。

ええ。もちろん。

そうしたら・・・

Kawasemi

カワセミが飛んできたcrying

・・・まあ、得てして世の中ってこんなものthink

 なんたってお目当ては黄葉だから、と

気を取り直してシャッターを押すと。

ブラックアウト。

カメラが壊れたcrying

・・・まあ、得てして世の中ってこんなものangry!?

結局カナダも北欧も青い鳥もろくに撮れませんでしたcryingng

2008年11月26日 (水)

金の月、銀の月

「金の月」

Kinnotuki

「銀の月」

Ginnotuki

満月の夜にキツネに会いました。

**********************

先月の満月の夜、知人宅に向かう途中でキツネにに会いました。本州でキツネに会うのははじめて!感激のあまり一緒に「お月見」をと誘ってみたのですが、さっさと逃げられてしまいガッカリsad キツネとの遭遇記念?に月を撮ってみました。

紅葉の記事が続いたのでと言うか、まだ続くかも知れないので掲載し忘れていた写真でチョト一息。

(ご注意)今晩は満月ではありません。あしからず…。

2008年11月25日 (火)

黄組・紅組

この寒さで、あちこちの山が装ってきました。

まずは黄組さんたちから。

Ki1

Ki2

Ki3

秋の日差しが気持ちよさそうです。

皆さん、いい一年をお過ごしになったようで、

見事な色ですね♪

Akinokirinsou

寒さの中、アキノキリンソウがまだ頑張って咲いていました。

続いて紅組さん。

Aika1

どんな花が咲いていたのか、季節を巻き戻して見てみたい♪

Aka2

虫食い跡も芸術的。

Gamazumi

真っ赤です~

Yomena

こちらもヨメナ?が頑張ってました。

さてさて、ひなた山も染まってきましたよん。

すぐ茶色くなってしまうので、いい色が出るかどうか。

毎日お山とにらめっこです。

2008年11月21日 (金)

紅葉林のゴジュウカラ

 この虫、うちのほうでは『雪んこ』とか『雪虫』って呼びます。

Yukinko

白い毛がぽわ~と飛んでいる様子が、雪のように見えるから?

確かに寒くなると現れます、『雪んこ』。

Irotoridori

追いかけていくと真っ赤な紅葉に出会いました。

Kayabuki

茅葺の上のススキも風情あります。

Nokishita

う~ん、こんなところで暮らしたい。

ものぐさなmikolaにはムリムリという声がsweat01

Aozorato

青空に鮮やか。

Hoshigaippai

足元にもいっぱい、星が落ちています。

こんな光景、見ると幸せ~♪

池澤夏樹さんが「王様だったらレッドカーペットでなく

落ち葉のカーペットを引きつめよう」みたいなこと

エッセイで書かれていましたが、同感happy02

Gojuugara

ゴジュウカラに会いました。

Kouyouto

こんなに近くで会えたのは初めて。

鳥ちゃんに会うには良い季節となってきましたhappy01

2008年11月20日 (木)

凍結注意!2℃

東京の西の果て。

Yama_2 

黄葉は終わりかけ。

Keikoku

渓谷もほとんど葉っぱがありません。

なんたって…

Ondo この温度ですからcoldsweats01Panorama

さむい~~~~shock!!!

さすがに空気は澄み渡り、はるか新宿の高層ビルまで望めました。

Kanzakura

そんな寒さの中、凛と咲く寒桜。

つよいっ♪

2008年11月19日 (水)

水上ランナー

富士山のふもとの湖。

Fujisan

たくさんの水鳥たちが渡ってきていました。

Magamo

マガモがつがいで仲良く飛んでいたり、

Hidorigamo

ヒドリガモ♂が突如飛び上がって

「なにやってんだか・・・」と奥さんに呆れられたり?

その中でもこの方、

Oobann

黄葉の湖を泳ぐオオバン。

何かに驚くと…

Josou1

走るっ!

Josou2

走る!走る!

Josou3

まだ走るかっ~!!!

Josou4

と、水面を助走してから飛びます(走って終わりの場合もあり)。

すごいランナーだcoldsweats01

2008年11月18日 (火)

秋の富士とジョウビタキ

 1kaedeto

富士山。空気が澄んで、ようやくお顔が見える機会が増えました。

3ichouto

イチョウと並んでも・・・

2susukito_2 4kakito

ススキと並んでも、カキと並んでも、

5kominnkato

う~ん、絵になるお山です。

6mizuumito

高い山がほとんどない国の子どもたちに

富士山の写真を見せた時の第一声は

「なぜ山が青いんだ!?」でした。

カルチャーショックはそこかあ。。。

7joubitaki

いろんな富士山を撮るひなてく隊に不審気なジョウビタキ。

こんな寒いところへ避寒だなんて、

よっぽど北から来たんだね~snow

8up

富士山頂上。なにか人工物が見えます。

厳しい冬の世界なんだろうなあ。。。

いつか、一度は登ってみたい(注:相方言)。

9kaedetokiku

眺めるほうが好きさっheart01(by mikola)

2008年11月16日 (日)

雑木林のビンズイ

 山のふもとから、標高をもう少し下がった雑木林。

Hayashinonaka

落葉が始っていましたが、黄葉がまだ残っていました。

Miageru

見上げると、こんな感じ。

Hayashinoshita

林の下では草紅葉。

Sugigoke

コケたちにも秋の陽が差し込んでいます。

Binzui

松葉のすだれ越しにはビンズイかなあ?

Satonofuukei

林から見える里の秋。

Momiji

里ではカエデが真っ赤でした。

Momiji2

しばらくは紅葉の追っかけが続きそうです♪

2008年11月15日 (土)

晩秋のホンドリス

 Yatugatake

さて、こちらの紅葉はそろそろ終わりかけ。

やっぱり今年は早いです。

Fuji

空気が澄んできたためか、富士山もくっきり。

Kirinoaida

山々の重なりが美しくてうっとり。

Akadake_2

主峰もくっきり。

名前にちなんでカエデの赤を並べてみました ♪

Kinomi Mejiro

ふもとの森はすでに裸。木の実だけが残っていて、

メジロも何やらせっせと食べています。

Noboru

この方も2匹でせっせと食べていました。

Risu

ホンドリス。

おいしいものがたくさんあって、大忙し!の様子でした。

2008年11月14日 (金)

これなあんだ?

 どんぐりとともに落ちてました。これなあんだ???

Tsuchiguri

 てっきりかわいい木の実!だと思いました。

そしたらツチグリというキノコだそうですsearch

乾くと閉じてころころ転がり、湿気を感じてまた開くらしい・・・。

晴れると移動するから『晴天の旅行者』sun(う~んあやかりたい)、

英語では『星形の湿度計』と呼ばれるそうですshine

さらに調べると宮崎県の一部の地域ではおみそ汁に入れたとか、

タイでは缶詰があるとかrestaurant

おもしろい旅行者に会えましたhappy01

2008年11月13日 (木)

コガモ換羽とジョウビタキ

先週、久しぶりにホク川散歩に行ってきた。

何故、久し振りになったかと言うと8月29日の記録的ゲリラ豪雨ですべてが押し流され誰もいなくなってしまったから。

悲しかったなぁ~weep

あれから数か月。なんとホク川は復活していたhappy01

夏にはまだ小さかったカルガモに出迎えられ

Karugamo

少し歩くとコガモの群れが来ていた。

Kogamo

あれ~?  もしかして・・・。

_edited1

生殖羽に換羽中?

そして、そして、今年もやってきましたsign03

Ita_2 Jou

ジョウビタキ ♂       ジョウビタキ♀(別の場所)

あれ~? 2羽の♂がずっと一緒に行動している。

Jyou2_2

それぞれ縄張をもって生活するのでこんな光景は珍しいかも~!

ゲリラ豪雨後に訪れた時は本当に涙が出るほどかなしっかったホク川だが、見事に復活していた。やはり「自然」てしぶといかも~confident

===おまけ===

Tori4

 

2008年11月10日 (月)

島での休日

AcerolaShikwasa_2

アセロラにシークヮーサー。暑くても実りの時。

Gajumaru Semi

どうしてそんなところから芽吹くのcoldsweats01石垣からガジュマロ。

そしてコロコロクマゼミのように鳴いていたオオシマゼミ。

山のほうではティン!ティン!ティン!って金属音で鳴く虫が。

あれもセミなのでしょうか???

Yamayuuna

ヤマユウナの花が咲いていました。

ハイビスカスよりこちらが好き、という方もいるそうで。

確かに薄紅色のやさしい風が吹きぬけます。

Ginemu

ギンネムは厄介者でも、原産国がなじみのある国なので

会うとついうれしくなってしまいます♪

Photo_2 Photo_3

島はゆっくりと暮れていきます。

Photo_4

一番星、み~つけた。

Photo_5 

ヤシの上には満天の星。

のんびりと夜が更けていきます。

トントンミーとシオマネキ

 新パソ到着するものの、いまだ使えず。

動きの悪い旧パソよりお届けしますsweat02

「鳥の見れるところありますか~???」と聞いて、

現地の人に教えてもらったのが、この川。

Gesashi

両側にマングローブ。行った時は引き潮でした。

Mangurobu Torinokosareta

マングローブに咲いていたの花。引き潮の時は海の魚が川に取り残される

こともあるそうです。この魚たちのお住まいはどちらかな?

Shiomaneki

目を凝らすと、小さなシオマネキがいっぱい!

Ookiikani

片やこんな大きいカニも。

Tontonmi

トントンミーことミナミトビハゼもたくさん。

2ton

かわいい~~~heart01

あまりのかわいさに、鳥は忘れていましたsweat01

2008年11月 3日 (月)

本島でサシバに会う

 パソコンが動かない~など諸事情で停滞しておりますcoldsweats01

ひなてく隊。

沖縄本島で、渡り途中のサシバに遭遇。

Img_9460

こちらではちっとも会えなかったのに・・・

しかも電信柱に停まっているなんてsweat02

Img_9441

またどこかで

Img_9443

会える日を楽しみに~♪

いってらっしゃ~~~~いhappy01paper 

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »