« 晩秋のホンドリス | トップページ | 秋の富士とジョウビタキ »

2008年11月16日 (日)

雑木林のビンズイ

 山のふもとから、標高をもう少し下がった雑木林。

Hayashinonaka

落葉が始っていましたが、黄葉がまだ残っていました。

Miageru

見上げると、こんな感じ。

Hayashinoshita

林の下では草紅葉。

Sugigoke

コケたちにも秋の陽が差し込んでいます。

Binzui

松葉のすだれ越しにはビンズイかなあ?

Satonofuukei

林から見える里の秋。

Momiji

里ではカエデが真っ赤でした。

Momiji2

しばらくは紅葉の追っかけが続きそうです♪

« 晩秋のホンドリス | トップページ | 秋の富士とジョウビタキ »

コメント

コケたちに差し込む秋の日差し・・・美しいな!
たくさん“美しい日本!”見せて下さいね。

山の秋、里の秋。
ホント、日本って美しいです。
ひなてく隊は、日本の美しい自然発見隊ですねwink
いつも楽しみ。

いい感じですね。小春日和な感じが出ております。

赤と黄と緑のバランスがいいときれいですよね。紅葉もいいけど、黄葉もいいですなぁ。

こちらでは、あの雑木林の雰囲気が出ないんですよ。あの感じが好き。

寅さん
 落葉が始ると、林が明るくなるんだなあと実感しています。
ひなた山も黄葉と同時に葉っぱが少なくなってきました。
東京も今週末あたりからピークですかね♪
毎年見ているはずなのに、毎年はっとできるというのは四季があってのことでしょうね。
 寅さんのコメントを拝見させていただいて、大変なことはいろいろありますが、戦で命も美しい自然も壊されない日本を『当たり前』にせず、いとおしむ必要がある気がしました。

JUN姫さん
 ありがとうございます。
こんなに歩き回っているのにメタボ解消にならないのはなぜっsweat02
食欲が減らないからですよね~
新米がおいしくておいしくてcoldsweats01

ざぶんさん
 そうなんですかあ。雑木林の黄葉も場所によって色が違うんだあ。
私は赤い紅葉デビューは相方と一緒になってからです。それまで山や雑木林の黄葉しか知らなかったので、お寺や里の紅葉は最初見た時、たまげました。
勢い余って京都に行ったら人酔いして現地で2日ばかり発熱して寝込みましたっけsweat02

すっごくきれいですね。
林の下では、草紅葉。
いろいろな色が微妙に点在していて、自然美って
すごいですねえ。人間には、こういう配色はでき
ないのでは、ないでしょうか?

trazyさん
 草紅葉、きれいですよね♪
自然の絶妙な色合い、
ほんと不思議ですよね。
一枚一枚、その葉っぱが受けた
一年間の自然の影響、
風だったり、雨だったり、日差しだったり…
その集大成が現れるのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 晩秋のホンドリス | トップページ | 秋の富士とジョウビタキ »