« これなあんだ? | トップページ | 雑木林のビンズイ »

2008年11月15日 (土)

晩秋のホンドリス

 Yatugatake

さて、こちらの紅葉はそろそろ終わりかけ。

やっぱり今年は早いです。

Fuji

空気が澄んできたためか、富士山もくっきり。

Kirinoaida

山々の重なりが美しくてうっとり。

Akadake_2

主峰もくっきり。

名前にちなんでカエデの赤を並べてみました ♪

Kinomi Mejiro

ふもとの森はすでに裸。木の実だけが残っていて、

メジロも何やらせっせと食べています。

Noboru

この方も2匹でせっせと食べていました。

Risu

ホンドリス。

おいしいものがたくさんあって、大忙し!の様子でした。

« これなあんだ? | トップページ | 雑木林のビンズイ »

コメント

うっすらと四重・五重に重なる山々・・
きれいですねえ。 空気が澄んでいるのが
伝わります。。

これが本土リスですかあ。
テレビCMの影響か・・シマリスが自分には
「リス」なので(笑)
あまり見たことがありませんでした。

皆、秋してる・・・
“晩秋?”気が付けば後1ヵ月半だよね・・・
「秋」楽しまなくちゃね。(^_^)v

秋・・・相変わらず素敵な目線ですね。

trazyさん
 ようやく富士山が見える季節になってきましたね♪
野生のシマリス、うらやましいです。
日本では見たことありません。
北海道で…エゾリスも見たいけど、シマリスも見たいです!
もちろんナキウサギも、エゾモモンガも・・・(←欲の塊sweat02

寅さん
 秋色に染まってきましたね。
皆さんのお宅も。
晩秋…ひなた山はようやく紅葉が始まってきましたが、
八ヶ岳はすっかり葉が落ちていました。
今年はやっぱり早いですね。
いつもはカラマツくらいには間に合うのですが。

 学校の寮があるのでよく八ヶ岳には行くのですが、生ホンドリスを見たことがありません。羨ましいです。北海道のシマリスは常呂川水系無加川の最上流部(北海道留辺蘂町)イトムカ川と国道39号線が交わるところでたくさん見ました。地図で見ると大雪湖から東に向かって走り、石北峠を越えると国道39号線がイトムカ側にあたります。このとき川は右にありますが、チェーンの脱着場が道と川の間に来ます。ここに車を止めていると野生のシマリスが出てきます。実はドライバーが棄てる弁当が目当てなんですが、夏だと確実に会えます。


1枚目、3枚目、綺麗に撮れてますね。

メジロ、最近よく見かけますか?
写真撮ってる人、多いですが。

最後のリス、かわいいですね。

なぜか、むささびのぬいぐるみ、を思い出しました。

かわむつさん
 赤松林の木の上や下でせっせと松ぼっくりを海老フライ状態に加工!?してますが、松ぼっくりって今の時期がおいしいのでしょうかね?
 シマリス・・弁当目当てっていうのが哀れですが、会ってみたいなあ。
南アジアや鎌倉や伊豆大島ではあったことがあるのですが…野生っていうより持ち込まれたのが増えたんでしょうね。

takehisaさん
 ありがとうございます。メジロ自体は年中いるような?葉っぱが少なくなって見やすくなっているためでしょうか?
本によると、冬季若干南に移動するものもいるみたいです。
 ムササビは相変わらず会えませんねえ。
フクロウには会えましたが、写真には撮れませんでした。

こんばんは~

富士山の写真、きれいですね~
山々のシルエット、夢の中にいるようです。
近いはずなのに、富士山周辺へドライブにも行っていないって???
ぜひ、空の澄んでいる季節に出かけたいけれど。。
いつも、きれいな写真をありがとう(^^)

KAORUさん
 空気が澄んでくるとどうしても富士山へ眼が行ってしまいます。
富士山が遠くにでも見えると
らっき~♪な気分になれるのも
ちょっとお得かも!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これなあんだ? | トップページ | 雑木林のビンズイ »