« 早川 Field Adventure  PartⅠ*1 | トップページ | 早川 Field Adventure  PartⅠ*3 »

2009年1月31日 (土)

早川 Field Adventure  PartⅠ*2

Yamabukai_2

高い山には雪が残る林道を進みます。

Mahiwamure

途中からマヒワの群れと抜きつ抜かれつ。

Kumataka

クマタカも現れた~happy01heart01なあんて喜んでいると。

「こっち、こっち!」

と、シカハカセ・大西 信正さん。

 ・・・へ????訳がわからずいると、

ザザーと山の上から何か音が・・・

・・・って、降ってくる音~~~!?!?!

「え、え、ええ~~~!!!!shock

混乱しながらもカメラバックを放って走りだし

「大丈夫」と言われて振り向くと、

今まさにいたところにバラバラ~っと

石の雨がふりそそぐではありませんか!

「動物が上を通ったんでしょうね~」

と、大西さん。あくまでも穏やか。

卒倒しそうなmikolaの代わりに

バッグを拾いに行ったshoumaによると、

落としてきたカメラバッグの上に

どん、とこぶし大の石が乗っていたそうです。

ひ、ひなてく隊二人だったら死んでましたshock

 ・・・って。

「なんで石が落ちてくるってわかったんですか!?」

「パンって大きな音がして、そのあと足音がしたので」

shoumaは、あ、そういえば何か聞こえた気がするとのことでしたが、

mikolaにはな~んにも聞こえませんでしたshock

シカハカセは、やっぱりタダモノじゃあ、ありませんwobbly

「山は危険なところ、と思ったほうが良いですよ」

よく聞いて、見て・・・

そういえば知床のハンターさんも

「自然に入ったら臭いを嗅いで、五感を使え!」

って言っていたな。

 ・・・反省。

 しかし、次の瞬間にはヤマドリ2羽が飛び出してきて

再び度肝を抜かれたmikolaでしたsweat02

 その後牝シカ2頭と遭遇。

早川の鹿は、灰色っぽかったです。

大西さん曰く、「あんまりかわいくなかった」

って、シカ相までひなてく隊はわかりませんcoldsweats01

Shokuji

山の上でお昼ごはん。ルリビタキとマヒワと一緒♪

イノシシも石を降らせながら頭上を通り過ぎて行きましたsweat02

崩さなきゃ通れないほどの、細いけもの道なら通るな~っbearingrock

Kumadana

 胡桃の樹の上に、クマ棚↑がありましたshock

クマが枝を折って餌を食べ、その枝を傍らに置くことで

できるそうです。

この後猿の群れと遭遇、その猿たちの向こうの峰に

これまた卒倒しそうなほどの数のクマ棚を

大西さんが発見。

クマ棚のそばだから冬眠しているとは限らないそうですが、

知床以来クマ恐怖症のmikolaには、

悪夢にうなされそうな光景でしたbearingsweat02

Sarufun

 ↑サルのふん。

けもの道をたどる体験もしました。

カモシカの角研ぎ痕、シカの食痕、イノシシの寝床、

狸の貯めふん、そして猿のふん。

ただの土くれのようなものの秘密をハカセに教えてもらうと、

そこで暮らしている動物たちの生活が、ありありと目に浮かびます。

急斜面を枝につかまりながら歩いていると、

さながら自分がカモシカやシカになった気分capricornus

 そして夜も河原や集落に連れて行ってもらいました。

川のせせらぎが響く中、

対岸にはカモシカがじっとしていて(食べた物を反芻しているそうです)、

空にはくっきり流れる天の川。

本土でこんなにすごい星空!!初めて見ました。

しんとした集落のはずれの林に、若い牡シカ2頭。

早川の大自然と、生き物たちと、一緒に呼吸をした、

素晴らしい時空間でしたnight

« 早川 Field Adventure  PartⅠ*1 | トップページ | 早川 Field Adventure  PartⅠ*3 »

コメント

おぉすごい体験だ。そして、すごい人ですね。
自然に接してる人は、感覚鋭いですよね。ボクネンさんやかわむつさんにも同じような感覚の鋭さを感じますが、私もといで見たいものです。きっとカメラ目線が変わるような気がしますので。

でも、ほんと熊が怖いんだよなぁ。
mikolaさんの気持ちがよくわかりますよん。

ざぶんさん
 すごい体験でしたhappy01
そしてすごい人です、大西さん!
ひなてく隊の幼稚な質問に丁寧にお答えくださるし、いつお会いしても大事な何かをいただいてくるような気がします。
 こんなに長くなりましたが、も~~~っとすごいお話、役に立つお話が書ききれないほどたくさんありました!
 睦稔さんや、かわむつさん、大西さん…自然を読み解く方々は、同じ世界にいても、何か違う次元を見ていらっしゃるような気がします。
 ざぶんさんもすごいですよ~!じゃなきゃあんな素敵な写真撮れません。
 う・・・クマっ!なるべくなら会いたくないなあ~遠くでも。でも相方はおそらく会ってみたいに違いない…隠しているけど、絶対そう思っている!wobbly←これはオンナのカンcoldsweats01
 

mikolaさん フットワークが軽いですね。。

田舎育ちのおいらでもここまで5感を使う山に近づいていましぇ~ん

そう言えばウチの田舎でも熊が出たとか・・・

山の恵も減ってきているのですしょうかね?

unoさん
 ありがとうございます。以前だったら寒い時は冬眠状態でしたから、それに比べるとひなてく隊始めてから軽くなったかもしれません…coldsweats01
 unoさんの田舎でもクマですか。この秋はクマが多い、とJR中央線沿線に住む先輩が言っていましたが…ドングリ目当てだそうです。
 クマの数はそんなに変わるとは思えないので、やはり里に下りるクマが多いということなのでしょうね。
 クマとヒトの、住み分けがうまくいかない。
最終的には人間側のモラルが問われているような気がします・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早川 Field Adventure  PartⅠ*1 | トップページ | 早川 Field Adventure  PartⅠ*3 »