« ヤマセミ | トップページ | 静かな森 »

2009年2月25日 (水)

早川のサル

 早川で時々会うのがこの方々。

Nanka_2

 おサルさん。

いつもさあ~っと逃げて行ってしまうので、

なかなかじっくり見られません。

Tabeteru

なんか食べてる。

Mikaeribijin

見返り美人happy01heart01

Mikaeribidan

 こちらは見返り美男???

それとも去っていく群れの最後に一睨み??

国内で猿山以外でサルを見るのは、多分初めて。

最初目が合った時はたまげましたcoldsweats01

« ヤマセミ | トップページ | 静かな森 »

コメント

 野外でサルに遭うとちょっと緊張します。“おさるさん”なんて甘っちょろいこと言ってられない感じ。昔、小豆島ではサルに帽子を取られました。昨年の11月には米沢でサルの群れに思いっきり威嚇されました。最近では群馬県の碓氷峠で廃線後を歩いたときに、熊野平信号所ででかい群れに会いました。結構注意しているとあちこちに出没してます。最も有名なのは日光悪猿軍団ですが(笑)

かわむつさん
 そうそう、高尾山近辺の低い山でも群れはいるそうです。話は聞いたことがありますが、会ったことはありませんでした。
 人慣れしていなくて威嚇?警戒?の鳴き声を発しながらも去っていくサルたちはやっぱり自然な気がします。。
 物をとったり、コンビニ袋を漁ったり、人を見ても逃げていかないサルはやっぱり悲しいです(と言ってもテレビでみた知識ですが)。まあこれは、サルに限った事ではありませんがdespair
 人慣れさせてしまったのは、もちろんヒトですから…ヒト側のモラルの大切さを痛感しますthink
見るだけでなく、写真を撮る際のモラルも。
 南アジアに住んでいた頃、ジャングルで野生のゾウに会った知人が「ゾウさん、なんてものじゃない。殺されるかと思った。人に飼われている(向こうは貴重な労働力なので)ゾウと目の色が違っていた」
と言っていました。
 師匠と同じ言葉だなあ。本来野生動物(もちろん鳥も)とヒトは、緊張感のある関係であるのが自然なのでしょう。
 そんな自然の中で、ひなてく隊は撮っていければなあ。と思っておりますhappy01

mikolaさんのコメントを読んで、本当に
そう思います。 サルだって誰かが、
エサをやってしまったから、
その味を覚えて人間の物を奪うのでしょうし・・

都会でも、自分勝手な価値観でハトにエサ
をやって集め、糞公害を起こしたり・・
自然淘汰される以上のハトが生き残ったり
しているんですよねえ。

やはり人間は、自然をいじっては、いけないの
です。 もちろん、猿達の住める森も守って
あげたいですね。

実は、地元で野生の猿は見たことないので、面白く拝見しました。

昔はお猿さんも多かったのですが、乱獲によりこのあたりにはいなくなってしまったようです。近くの朝日連峰の裏、新潟側にはいるような話でした。

コメントを見ていると、会いたいような会いたくないような(^^;

trazyさん
最近、相方が色々な事を力説しているようですが自然に影響与えないのが一番ですよね~!

ざぶんさん
 東京も奥多摩まで行けばサル、シカ、カモシカ、クマ等の野生動物にお目にかかれるんですよ!
でも、最近サルを観ないな~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤマセミ | トップページ | 静かな森 »