« スイセンの夢 | トップページ | 春の早川 »

2009年4月10日 (金)

桜のかげで

 はい、はい、あなた方も咲いてましたね。

ちゃあんと、見てましたよんhappy01heart04

Katakuri

カタクリ

Shunran

シュンラン

Kobushi

コブシ

Mokuren

モクレン?コブシとの区別が今一つつかないmikolaでしたcoldsweats01

« スイセンの夢 | トップページ | 春の早川 »

コメント

こぶしはかわいいですね。

子どもの手のひらみたい?
もくれんは大きくて、軍手ぐらいの大きさ?

もくれんさん、ごめんなさい(^^;
白もくれん、春の風景、光がまぶしいよね。

KAORUさん
 手のひらと軍手ですかあ、面白いhappy01
確かに木蓮のほうが大きいですよねえ。肉厚というか…
どんどん季節が変わってきちゃうので、
お花の追っかけが忙しいですねdash

 今回登場している花たちはみんな大好きです。特にカタクリがいいなぁ。
 最後の花も写真を見る限り、コブシでいいと思いますよ。
>モクレン?コブシとの区別が今一つつかない。
 はい,これが正直でよろしいです。日本在来のモクレンがコブシなのです。通常、モクレンといって庭先や公園に植えられているのは、中国原産です。皆様が言われるように花がとても大きいです。最初は紫色のモクレンが輸入されましたが,徐々に品種が増え,いろいろな色が見られます。最近ではコブシの多花な性質をモクレンに導入する交配をした品種も見られるため、公園など(人に植えられたもの)では???なものが見られます。自分が好きで買った薄黄色のコブシも実はモクレンとの交配種です。
 生物を見るときに分からないことを分からないといえることはとても大切です。何となくこれだろうと納得してしまいがちですが、分からないことを大切にしておくと、そこから新しい発見につながることも沢山あるのです。

ひなてく隊のお花達は等身大でとっても素敵。
カタクリもシュンランもコブシも、可憐な雰囲気が良く出ています。
さすがです!
私もコブシと白木蓮、いつもどっちかな?と思ってました。色んな種類があるのですね。
庭の「鳥のなる木」も、鳥が全部花を食べてしまうので、どっちなのか今だに分かりません(笑)

かわむつ先生の講義、ホント授業みたいで
勉強になります。意欲も湧きます。。
でも、たぶん来年になると忘れています。happy01

かわむつさん
 ありがとうございます。
>生物を見るときに分からないことを分からないといえることはとても大切です。
 わあい、師匠に褒められたhappy01
でもわからないっていって褒められた記憶はないので(褒めた記憶もないcoldsweats01)、かわむつ師匠はやっぱりすごい人なんだなあ、と思いました。

>日本在来のモクレンがコブシなのです。通常、モクレンといって庭先や公園に植えられているのは、中国原産です。
 両方とも在来種かと思っていました。コブシだけなんですか。
そういえば『北国の春』も♪コブシ咲く…♪というメロディーですものね。あれ、不思議だったんです。なんで木蓮のほうが目立つのに、コブシなんだろう、って。

>分からないことを大切にしておくと、そこから新しい発見につながることも沢山あるのです。
 はい、これからもよろしくお願いしますhappy01

 

JUN姫さん
 ありがとうございます。
鳥に全部食べられちゃうのですか!
いい香りで、さぞかし鳥の食欲をそそるのでしょうねえ。どんな鳥が食べにくるのか、ぜひぜひ今度教えてくださいhappy01heart01
春は撮るものがたくさんあって、忙しいですね。
JUN姫さんのお写真も楽しみで~す。
DANクンのご活躍も♪

trazyさん
 ぶぶぶhappy01。いつか伺ったカタバミとクローバーの区別がつかないお話を思い出してしまいました。
trazyさんは空と島の写真家だから、たぶんお忘れになっても仕方がない!?coldsweats01

 正確には日本産のモクレン科の植物には数種類があります。
 一見してモクレンと分かるものはコブシとシデコブシ(薄ピンクの花で、花弁12枚くらい。ヒメコブシの名で庭にも植えられる。元々は中部山地に分布し、所によっては絶滅、または絶滅危惧)でしょう。
 ちょっと雰囲気は異なりますがホオノキ、タムシバ、オオヤマレンゲなどもモクレンの仲間です。
 

かわむつさん
 ホオノキもモクレンの仲間ですか!
山でホオノハナに会うと嬉しくなります。おおらかでよい花ですね♪
タムシバ、オオヤマレンゲという花は知らないので、調べてみます。
楽しいですね~♪

タムシバの花はコブシと良く似ているのですが,花のない時期だと全く違う植物に見えるんですよね。葉の形が異なるので良く見比べてください。あとmikolaさんの写真で裏側から花をとらえた写真、あれでコブシということが分かります。なぜなら花の下に新しい葉が出ていますね。タムシバにはそれがありません。

かわむつさん
 タムシバの実は見たことがありました!花と実が一致していないので、実を見つけて花の季節に行ってみたいと思います。葉っぱもよく見てきます。
 オオヤマレンゲは素敵な花ですね。いつか見てみたいものです。

うぉっ!勉強になります!>モクレン科

咲く前の葉が落ちだ状態だとどれがどれだかわからないですねぇ。
こんな木々でも外来種に追いやられてるんですね。今度山に行ったら、もっとコブシを愛でてきたいと思います(涙)

ざぶんさん
 勉強になりますよね~
ざぶんさんのところもそろそろ新緑の季節になりましたか♪
ひなた山はあっという間に若葉の季節となりましたcoldsweats01はやっ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スイセンの夢 | トップページ | 春の早川 »