« 藤と桐の季節 | トップページ | コナラの芽定点観測 »

2009年5月 5日 (火)

ホウチャクソウ

 GWは毎年、子供のころから登っている山に来ます。

とっても穴場ですhappy01

9yama

去年は一瞬オオルリに会えたのですが、

今年は二日間通ってもさえずりのみ~note

10oyashiro

お社を横目に参道ではなく、林道に入ります。

11rindouiriguchi

林道入口には『イノシシのわなに注意!』

6rindou

いい道が続いています。

1houchakusou

ホウチャクソウが満開でした。漢字で書くと宝鐸草。

宝鐸って・・・

2houchaku

たぶんこれのこと。確かによく似てますhappy01

3kazenifukarete

風に吹かれると音が響いてきそう。

しばらく進むとこんな穴が。誰のしわざ???

4darenoshiwaza

たぶんこの方…

5aoge

アオゲラ。飛ばれてしまいましたが、

しきりに鳴きあっていました。繁殖期かな?

7marutabashi

丸太橋発見。心惹かれたのですが、

お天気が心配なので引き返します。

8yamanokami

 帰り道、往路では気付かなかった小さな祠が。

『山之神』って書いてあります。

 父と山へ行く時、月に幾度かある山の神の日には

お酒を持って祠があると、捧げていました。

何日だったか…今度聞いておかなきゃなあconfident

« 藤と桐の季節 | トップページ | コナラの芽定点観測 »

コメント

探検隊ですな。その山の神の日が気になります。今度聞いたら教えてください(^^)

ざぶんさん
 早速聞いてみました。
月に何日かあるのではなく、一年に3回でしたcoldsweats01
すみません、子供のころの遠い記憶だったもので…sweat01
 正月(1月)、5月、9月の15日は山祭りといって
山の神様にお酒を捧げていたそうです。
 ただネットで調べてみたら、地方やお山の神様によってだいぶ違うみたいですね。
自然を敬う心が表れる素敵な習わしだなあと思いますhappy01
ざぶんさんのおかげで再確認できましたnote

なるほど!
基本的に15日なんですね。

Wikipediaで山神を調べたら、12日は山に入らない(または木を切らない)日もあるそうです。
さらに、うちの親父にも聞いてみたら、製材所や林業を営む人たちは、「山の神」と呼ばれる日には、酒を飲んで神様を奉っているとのこと。今度、山林業の知り合いに会ったらさらに追跡調査してみます(^^;

ざぶんさん
 おお~!
その追跡調査、ぜひお願いします。
とりあえず今度から15日に山に登る時は、
小さいお酒を持って登ってみます♪
沖縄のお土産店にある、
いろいろな銘柄の小さな瓶の泡盛良いですよねえ。
内地でもあの大きさがあればいいのに!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤と桐の季節 | トップページ | コナラの芽定点観測 »