« モリアオガエルの池 | トップページ | やまみちがたがた »

2009年6月10日 (水)

フィールドノート

 買っちゃいました~happy01note

雑誌BE-PALとコクヨのコラボ、デザインは

絵本作家の村上康成さん。

Field_note

『フィールドノート』です。表紙の絵はオレンジがツグミ、

白がヤマメ、ブルーがモモンガ。中身はマス目。

 Nakami

 自然観察にはメモを取る!というのが基本中の基本。

それでも実行したことは、これまでありませんでしたsweat02

しかも、3歩歩けばすべてを忘れる自信がある!ひなてく隊coldsweats01(胸を張るな~sweat01

 夏鳥ツアーで伺ったお話を忘れるのがあまりにもったいなくて

メモッてみたところ、これが学生に戻ったみたいで、

と~っても面白いhappy01

 すっかりはまったところで見つけたのが、このノート。

表紙が硬く、野外でも下敷き代わりに使えるのがポイントみたいです。

 夏鳥ツアーの時に、さらさら~っと絵を描かれている方がいて、

と~っても素敵でしたhappy01shinemikolaもがんばるぞっ!

 ・・・ちなみに。BE-PAL4月号特別付録は、同じ作り?で

シェラカップにとまるカワセミがデザインされた

『バックパッカーズ ノート』だったそう。

買い忘れた時に限ってcrying

バックパッカーは遥か昔に卒業したから致仕方ないかあbearingsweat02

« モリアオガエルの池 | トップページ | やまみちがたがた »

コメント

 お買い上げありがとうございます。実はBE-PALの関係者だったりします。毎月、気づかないくらい小さな囲み記事書いています。
 生物の観察の際、記録はとても大切ですし、自分にとって宝物になります。鳥や、昆虫の場合、年月日はもちろん時刻も大切ですね。いつ鳴くとかデータがたまると見えてくることがあります。私も魚で23年分のノートを持ってます.これをなくしたらただの人です。
 あと、目的のものが見られなかったときもきちんと記録しましょう。目的のものが見られない場所の記録になるからです。生息地とその違いから、初めての土地に行った時に生息場所を推測することができるようになります。
 あと鳥の場合でも周りで目立った植物(特に樹木)を書いておきましょう.餌との関係で意外なつながりが見えてきますよ。
自分が興味がないことでも書き留めておくと、異分野に興味がある人と話すきっかけにもなります。

かわむつさん
 そうそう、命の森の展覧会で師匠にそう教わってから、BE-PALを読むようになりました。
買って一番先に読むのはかわむつさんの記事です♪
でも3~5月の嵐のような忙しさ!にうっかりしていたら、逃しましたbearing
 時刻もですか。勉強になります( ..)φメモメモ
23年分のノートっ!すごい…coldsweats02
フィールドノートの書き方の貴重なコツを教えていただき、ありがとうございました。
早速師匠のコメントをコピーして、ノートに張り付けさせていただきましたm(_ _)m
 お陰様で楽しみがまた増えます~happy01note

かわむつさんスゴイね。
ここでも授業しているわ。

ためになります。
でもワタクシには無理です。
字が書けません(^^ゞ。

でもワタクシは、かわむつさんと連絡が取れます。
これがイチバンかな。

ぶはは。

>『バックパッカーズ ノート』だったそう。買い忘れた時に限って…
 1冊確保しておきました。何かの時にお渡しします。

 編集部に確認したら、BE-PALは過去3号分までバックナンバーを販売ということになっているそうです。
 今年の4月号(カワセミのフィールドノートが付録の号)は、まだ在庫があり、書店で注文できるそうです。mikolaさんの1冊は確保しましたが、もし、ご注文される方がいれば、お早めにお願いしますとのことでした。
     by BE-PAL販売員 かわむつ(笑)

ひでおさん
 ええ、貴重な講義が伺えて、生徒は嬉しいshineです。

>でもワタクシは、かわむつさんと連絡が取れます。
>これがイチバンかな。
 確かにhappy01note

かわむつさん
 師匠、お忙しい中お手を煩わせてしまい、
申し訳ありませんでした。
ありがとうございますcrying
すご~~~~~く嬉しいです!!
本当にありがとうございましたm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m
今度から欠かさず購入するよう、頑張りますっcrying

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モリアオガエルの池 | トップページ | やまみちがたがた »