« ヘイケボタル | トップページ | 早川 Field Adventure  PartⅡ »

2009年6月22日 (月)

ツルニチニチソウと月

Tsurunichinichisou_2

 ベランダのツルニチニチソウとお月さまが内緒話。

見ていると、金子みすヾさんの詩を思い出しました。

  晝(ひる)の月       金子みすヾ

 しやぼん玉みたいな

 お月さま、

 風吹きや、消えそな

 お月さま。

 いまごろ

 どっかのお国では、

 砂漠を渡る旅人が、

 暗い、暗いと

 いってましよ。

 白いおひるの

 お月さま、

 なぜなぜ

 行ってあげないの。

« ヘイケボタル | トップページ | 早川 Field Adventure  PartⅡ »

コメント

 こういうの好きです。詩画集って大好きでした。いつかこんな本作ってみたいな。でも、ひなてく隊みたいな文章のセンスないな。

P.S 業務連絡。今日は例のもの発送しました。遅くなって申し訳ありません。

かわむつさん
 ひ、ひなてく隊は文章のセンスは全くないですっsweat01
かわむつさんのようなプロからもったいないお言葉、恐縮至極、穴があったら入りたいですcoldsweats01
でも一つわかりました。だからかわむつ師匠のお写真からはすごい世界観が伝わってくるんだ♪
 詩って以前はよくわからなかったのですが、この頃詩や短歌や俳句がと~っても染みます。少しは深く読み取れるようになった…のかなあ??これって年のせいcoldsweats01かも?あ、いい意味ですが。やっぱりひとつの世界観に対峙するには、こちらのバックボーンがそれなりに必要なのでしょうかconfident


>P.S 業務連絡。
 お忙しいのに本当にお手数おかけして申し訳ありませんでしたm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m
 

いやあ・・ mikolaさん ホントにセンス
ありますよ~ 写真を見て文書を後付けされる
のでしょうけれど・・ ホント 素敵です。

まるで日本画のような素敵な一枚ですね!

静寂で、わずかな星あかりのなか、数百の
ホタルの乱舞をまのあたりにして思ったことは、
「ああなんて贅沢な時間を」でした。
すばらしい映像とというより、あれは心を打つ詩
ですね。
ゆくりなくも、宮本輝の「蛍川」のクライマックスで
蛍が乱舞するくだりを思い出していました。

ひなてく隊とあの至福の時間を共有でき感謝
しています。ありがとうございました。

今度は僕の家の周りでの自然観察会を楽しみま
しょう。ひなてく隊のインストラクターで。

trazyさん
 もったいないお言葉ありがとうございます。
金子みすゞさんのこの詩は不思議で大好きです。そんな風に月と世界を考えたことがなかったので…♪

saoriさん
 ありがとうございます。ちょっと前に撮った写真なのですがcoldsweats01

なかやまさん
 夏鳥ツアー同窓会でホタル見ナイト、貸切しちゃいましたねcoldsweats01

>「ああなんて贅沢な時間を」でした。
 なあんか、「人間の時間」ではなく、「ホタルの時間」「ホタルの気持ち」になれた時でした。
なんであんなにホタルの世界観に浸ることができたのかなあ???と振り返ると、
やっしーさんときくさんの説明のタイミングが、絶妙だったのですね。

 気心知れている(勝手にすみませんsweat01
なかやまさんたちと御一緒できたのがやっぱり最高でしたhappy01
こちらこそ、至福の時でした。ありがとうございます。

 なかやま家自然観察会♪魅惑的ですね~
野鳥公園でmasaさんたちが行かれる時ひなてく隊もご一緒させてください~とお願いしてきましたが…お忙しい皆様、果たして予定は合うのでしょうかcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘイケボタル | トップページ | 早川 Field Adventure  PartⅡ »