« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

チョウトンボ

 相方が好きなトンボに会いに行きました。

Choutonbo_4

 チョウトンボ。お天気が今一つだったため、

色がきれいに出ていませんが、地球のように青いトンボです。

去年はこのトンボのおかげで、貴重な縁が生まれました♪

Hasutochoutonbo

ハスのつぼみにもとまってくれました。

Hasu

花にはとまってくれず…やはり『先っぽ』が好きなのでしょうか。

 ハスの花の色を見ていると、こんな光に包まれている

極楽浄土なら行ってみたいなあ~と思ったりもし。

地獄に落ちているmikolaを極楽から見かけた方が

おられましたら、蜘蛛の糸じゃなくてっ!

鉄鋼製のロープか何か、丈夫なものを投げてくださいまし~smile

Shoujoutonbo 

他に出会ったのはショウジョウトンボと

Shiokaratonbo_2

シオカラトンボ。

紅白でなんとなく、おめでたい感じ♪

2009年7月29日 (水)

昼のセミ・夜のセミ

 いろいろなセミの声が聞こえてくる暑さとなりましたsweat02bearingsweat01

1niiniizemi

shoumaがセミを見つけては撮っています。

これは桜の木に、ニイニイゼミかな?

2akinire

ぬけがらがたくさんある樹を見つけた!

3nukegara

何の樹?と聞かれて慌てて調べます。アキニレかなあ??

4detekitaana

木の根元には、こんな穴があちこちに。

何年間こもっていたのかな。

5kobanochousenenoki

こんな細い枝で羽化したのねsweat01

と思ったら

6aburazemi

後ろに控えるはアブラゼミ。もしかしてご本人様?

 そして夜。

どうやらshoumaはひなた山周辺のセミたちに

会いに行っていたらしい。

7youchuu

穴から出てきた幼虫。

8yukkuriyukkuri

ゆっくり、ゆっくり、樹を登っていくそうです。

9uka

羽化しています。きれいな色♪

10hanekansouchuu

羽化が終わって、羽を乾かしているセミも。

朝になったら元気に鳴きだしてねhappy01note

2009年7月28日 (火)

しっぽの長いやつ

 バッタ採りしていた子どもたちが、

「しっぽの長いやつがいるよ~」と教えてくれた。

Img_1905

 あれれ、ほんとだ。しっぽが長いね。

トカゲかな?なんだろうね??そんな話をしている横で、

相方はバッタを持った女の子に

「それ焼くとうまいんだぜsmile

「・・・」

絶句し、たじろいでいる少女をかばうように、

「それはイナゴだろ。ショウリョウバッタが食えるかよ」

と正義の味方、少年登場。shouma、あえなく撃沈thinksweat02

「お兄ちゃん詳しいね~」と感心すると、

妹らしい小さな女の子が、

「お兄ちゃんはね、虫に詳しんだよ」

とそっと誇らしげに教えてくれた。

頑張れ昆虫少年!悪いおじさんに負けるな~coldsweats01

2009年7月27日 (月)

大雪の森

 1年目に魅了されたのは、北海道の広大さと花の大地

2年目は、美瑛の畑の美しさと、旭岳登山

3年目は、畑を耕す人びとと、カムイミンタラの高山植物

そして今年は、

1tokachidake

大雪山系の山々と…

2tokachidakerenpou

そのふもとに広がる森に、はまりました。

4kirigeshiki_2 

奥にはどんな世界が広がっているのだろう。

3kiri_2

この森に、ヒグマやたくさんの生き物たちが棲んでいる。

ヒグマがいられるほどの豊かな森ってこと。

だんだんヒグマがいてよかった・・・なんて思えてくるから

不思議。もちろん会いたいかどうかは別問題っcoldsweats01

7shika

そんなことをぼんやり考えていると、エゾシカに会いました。

そうだね、これがカムイの答えなんだろうね。

6taki

雨が多かったので、滝の水量も増しています。

8nazonotori

謎の鳥も飛んでいきますが・・・

ワシかも!と大騒ぎした割にはやっぱりトビかもです。

皆様すみませんcoldsweats01(こんなレベルで鳥屋というかっsweat01

9kumagera

クマゲラも・・・って、あ、これは反射板でした♪

ひなた山にもつけてほしい~~heart01

10ooubayuri 12takusan

オオウバユリも咲いていました。

11up

近寄ると、いい香り。

広大な土地には、咲いている花もでかいですbleah

 さて、花を満喫した自分用のお土産に、

13omiyage

こんなの見つけました。六花亭のチョコレート。

14naka

中はこんな(大分食べた後ですsweat02

お上品におさまっているのは、

15hana

オオバナノエンレイソウとハマナシの花~happy01

大変美味でした。

いつかオオバナノエンレイソウを見にいきたいな~♪

 

 さて、まとまりのない道央探検記、これで終わりです。

 道中出会った皆さん、いろいろとお世話になりました。

ありがとうございました。

 お忙しい中お時間を割いて読んでくださった方々、

どうもありがとうございました。

 さて、次はどこに進むかひなてく隊~catface

2009年の夏はこれからが本番だあっnote

2009年7月26日 (日)

天上の花たち

 出会った花たちです~♪

Chinguruma

チングルマ。群落の主役です。

Chingurumanohane

綿毛も少~しできていました。

Ezoisotsutsuji

エゾイソツツジ

Ezokozakura

エゾコザクラ。雪解けが遅かったおかげで会えましたheart01

Ezooomaruhanabachi_shoujoubakama

ショウジョウバカマにとまるのは、エゾオオマルハナバチ。

Ezotsugazakura_2 Koezotsugazakura

エゾツガザクラと      コエゾツガザクラ

Gozentachibana

ゴゼンタチバナには一か所しか会えませんでした。

ちゃんと見ておけばよかったな~

Hosobanokisochidori

ホソバノキソチドリはまだつぼみ。

Iwabukuro

イワブクロ。

Kibanashakunage

キバナシャクナゲが残っていました。清楚な花です。

Koganeichigo Mitsubaouren

コガネイチゴと      ミツバオウレン。似すぎsweat02

Komakusa

コマクサ。つぼみですが、片方の茎が折られてますthink

花を持っていくのか、種を持っていくのか・・・

この厳しい気候の中、頑張って大きくなって、

花が咲くまでは5年くらいかかると言われています。

誰かさんが守るように岩で囲っていました。

Ukonutsugi

ウコンウツギ。

Marubashimotsuke マルバシモツケ。

だんだん、こめつぶクラブ向けになってきましたcoldsweats01

出会った中での the best of こめつぶ花は・・・

Minezuou

ミネズオウshine星形の小さな小さなお花です。

Miyamarindou

ミヤマリンドウ。少しずつ、小さい秋も見え隠れ。

Urajironanakamado

ウラジロナナカマドの葉が色づくころには、

また行ってみたいな~happy01

2009年7月25日 (土)

旭岳・神々の庭

 大雪山系を巨大な庭にたとえて、アイヌのヒトは

「カムイミンタラ(神々の庭)」と呼んだそうです。

1hananoyama

カムイミンタラ旭岳の高山植物、今年は最高でした♪

理由は、この…

2sugataminoike 雪。

姿見の池も例年より雪が多かったです。

3sekkei

花の向こうにも大きな雪渓。

4sekkei ここにも。

5funen 6yukidokemizu

盛んに噴煙が上がっているところから少し離れると雪。

不思議~confident でも雪のおかげで・・・

8

そこにも

7

かしこにも

9

一面っ!!の花畑。

狂喜しているmikolaの姿をご想像くださいcoldsweats01

10mizuumito

11mitsubaouren

12

13shot

14shot

も~、たまりませんっhappy02

お花の名前は、次回に続きます♪

そうそう、カムイミンタラの住民たちにも会いました。

17nogoma

夏鳥、ノゴマ。大好物を食べているので、苦手な方は

良く見ない方がよいかもですsweat01

カヤクグリにも会えました。

16ezoshimarisu

そしてエゾシマリス。

初めて会いました。かわいい~~~happy01heart01

2009年7月24日 (金)

lavender fields

1

ラベンダーがちょうど見ごろ。

2farm_tomita

ファーム富田では、空気が薫ってます。

3kanatahe_2

広大な花の大地。

4lavender_field

初めて刈り取る前のラベンダー畑に間に合いましたcoldsweats01

5

吹いてくる風がlavender wind。

7traditional_lavender_field

8

9kaorumichi

右と左ではラベンダーの種類が違うそう。

香りも少し違うのかも?もちろんワカラナイケドcoldsweats01

10summer_hill

こちらは別のラベンダー畑。う~ん、夏の丘。

11kujakuchou

会いたかったチョウが飛んでいてびっくり。

12kujakuchou

クジャクチョウ。

てっきり山でしか会えないと思い込んでいたのですが、

花畑で会えるなんて、嬉しい~happy01

2009年7月23日 (木)

旅の始まり

 4年目になる北海道、美瑛~富良野~旭岳の旅。

地元の人が言うには、今年は雨が多いそうです。

2009akaiyane

赤い屋根の家。今年はトウモロコシ♪

麦、甜菜、ジャガイモ…と見てきましたが、転作作物って

いったい、何種類あるのでしょう??

Jagabatake

近くのジャガイモ畑も満開。今年は花に恵まれた旅です。

Nobihime

ノビタキにもたくさん会えましたheart01こちら♀のノビヒメ。

Nobitarou

でもみ~んな、電線の上で絵になりませんsweat02

こちら♂のノビタロウ。

Mikazukinoyoru

 夕食時ヘリコプターに気付きました。5機も。

美瑛富士、トムラウシ方面から行ったり来たり。

Asayake

翌朝3時50分。明るくて目が覚めました。

旭岳、トムラウシ、十勝岳連峰を朝焼けが染めていました。

Chinkon

今思えば鎮魂の朝焼けでした。

事故を知ったのは、3時間後相方からのメールででした。

2009年7月13日 (月)

本のむし♪

 只今勉強中ですhappy01

Sakana

おさかな(無断ですみませんm(_ _)m)

Ki

 何度父に教わっても覚えられなかった木の名前。

この本が良いよ~と紹介していただいて、ようやく着手。

Mushi_sumire

 虫も「意外と子供図鑑がよい」と勧めていただいたのですが、

やっぱりめくれず、ソフトそうな本から・・・sweat01

虫愛づる姫への道は果てしないっshock

 ついでにスミレも本があったから手に入れましたが、

これは・・・ほんとに、まったく、歯が立たないかもcoldsweats01

(↑ふつ~プロジェクトと銘打つ前に調べるだろsweat02

はい、気長~にやりますcatface

 山渓から、『カエル』と『蛇とトカゲ』の本もあったのですが、

ちょっと、たじろぎまして…これもまたの機会にしますthinksweat02

Memomemo

実はメモ魔・・・というかメモしないと全く記憶に残らない

ので、一生懸命メモっとります。

字はめちゃくちゃ汚い…なんたって卒論が学部に残っても、

字が汚くて誰も読まなかったという伝説の持ち主ですsmilescissors

(その頃はそれほどワープロが普及してませんでした!?

昔から機械オンチだし…歳がばれるcoldsweats01

Ittekimasu_2

 勉強中と宣言しながら明後日からほ~ろ~の旅へ。

相方はお留守番sweat01行ってきま~す♪

2009年7月11日 (土)

スミレプロジェクト

 子どものころからスミレが大好き♪

いつかちゃあんと名前を覚えよう!と思いつつ、

なかなか立ち止まって、写真を撮るのが面倒でした。

 今年の春、とりあえず軽~い気持ちで

会ったスミレたちを撮ってみました。

…で、調べようと思ったら。

スミレってものすごく種類があるし!

名前を見分けるのに必要な、特徴のあるところは

写真に写っていないし!!で

結局手に負えないことだけがわかりましたcoldsweats01

0326shokubutsuen 3月26日植物園

0407satoyama_2 4月7日ひなた山周辺

0407shirosumire_2 4月7日ひなた山周辺

0415jiinn 4月15日寺院

0412hayakawa 0419hayakawa

大体、早川で撮ったこの2種が同じか違うのか??

0419hayakawa_2 0419hayakawa_3

これも・・・どうなんだろう。それすらわかりませんthinksweat02

0501tsubosumire 5月1日低山

0513yama 5月13日山

 来年もスミレプロジェクトはまだまだ続く…(予定)。

来年はも少し意識して写真を撮りたいと思いますsweat02

2009年7月 8日 (水)

池の世代交代??

早川では・・10nemunohana

大好きなネムノハナの季節を迎えていました。

さて、南アルプス邑野鳥公園オシドリ池。

朝の音はこちら↓鳴いているのはたぶん、アオゲラ?

カジカガエルも途中でちょぴっと鳴いてます。

1karugamo

カルガモたちは、の~んびり。

アオサギはというと…

2aosagi

あれ???珍しい。あおどんじゃなくて、あさどんだ。

3asadon

こ~んなにきれいなあさどんですが・・・

今朝は強いっ!遅れて来たあおどんを追っ払った後、

4miburui

激しく身ぶるい。武者震い?威嚇??

5hakusekirei ハクセキレイの若鳥??

6kisekirei こちらはキセキレイの若?

7hiyodori

今日はヒヨちゃんも、とまり木がお気に入り。

8kawasemi

帰ろうとすると、カワセミが来ました。

9kwatoki

見つめあうカワちゃんとキセキレイ・・・

若鳥かもしれないから、いじめないでね~カワちゃんcoldsweats01

 

2009年7月 7日 (火)

ヤマセミ行動調査Jul.2009

 7月4日、ヤマセミクラブによる山梨県早川町での

第2回ヤマセミ行動調査が行われました。

Kirinoyama

 朝4時に集合。お天気はあいにく~cloud 時々ぱらつく感じ。

 暗くて危ないから、8時までは二人一緒に行動するようにと

野鳥公園のトリハカセ 村田雅生さんに3度も言われたのに、

その20分後の5時には解散していたひなてく隊。

仲悪すぎ coldsweats01!!フィールドなめすぎ shocksweat02

Kinoko Kinoko_2

梅雨の山にはキノコがいっぱい~♪

そして・・・

Azumahikigaeru

カエルさんたちもいっぱ~い♪

 アズマヒキガエル。mikolaのこぶしの2個半くらいの大きさ!

最初は岩が動いたのかと思いました。進む方向が一緒で、

しばらくアズマさんにのっそりと先導してもらいましたhappy01

Akagaeru

タゴガエルも。

Kajikagaeru

そして遠くになんと!憧れのカジカガエルが~~heart01

Kajikagaeru_2

でもな~んか、想像していたのよりかわいくないかもthink

声はきれいなのにねえ・・・

Tanabata_2

鳴き合っていたお二人(ちと遠い…coldsweats01)。

天の川の岸で見つめあう、織り姫と彦星のようshine??

Haretekita 10komorebi

 そうこうしている間に、晴れてきましたsun

いつの間にmikolaは・・・なんと、寝てましたthinksweat02熟睡。

 ふと気づくと、村田さんが巡回にきたところ。

ぼけ~としながら、すみません、30分寝てました、

と言い訳しつつ、こっそり調べると50分寝てましたsweat01

(村田さん、すみません<(_ _)>)

山の中で熟睡とは、我ながらたまげたbearing

Chousachu

相方はまじめに調査していたらしい。

12kumokirisou

クモキリソウも

13iwatabako

イワタバコもちょうど花をつけていましたhappy01

14tokage

 残念ながらどのチームもヤマセミには会えず。

でもフィールド調査の大切さは分かってきた感じ。

だって、これ何年も続けたら大変なデーターになりますよね。

 次回は遊ばないでsweat01寝ないでsweat02がんばりますcoldsweats01

15hoozuki

野鳥公園に帰ると、ほおずきが実り始めてました。

そして、ほおずきみたいな

16chouchin

 提灯を持ってそう!ホタル見ナイトふたたび☆

だって今年はもう、見納めだも~~ん。

ひなてく隊だけでは・・・と躊躇していたのですが、

他のお客さんがいると伺い、混ぜていただきました♪

 ガイドは虫・鳥・植物を愛づる姫どんちゃんと、

前回もお世話になり、とてもみんなをホッとさせる

オーラのある、きくさん。

 モリアオガエルの声の中、ヨタカの声、ヘイケボタル。

どんちゃんときくさんの説明は楽しく、ホタルのサンプルを

捕まえることになったshoumaは童心に返ったようでした

(掴まないで、掬うんだってばthink)。

お話を聞いていて、はたと気づいたことflair

来年のホタルは、今年のホタルの子どもだsign03

(ですよねcoldsweats01?)

これは・・・来年も会いに来なきゃ♪

2009年7月 6日 (月)

風香る農園

 ある方の農園にお邪魔しました。

Garten

 写真が下手すぎてsweat02100万分の一も伝わりませんが、

ガーデニング雑誌から抜け出したような、

ハーブや野菜、果樹、そしてイングリッシュローズ

の世界が広がっていました。

Blackberry_2 

ブラックベリーの垣根なんて、初めて見ました♪

 ハーブが香る心地よい風と、ホオジロの声。

時間を忘れてテラスでいろいろなお話をしました。

例えば、トウモロコシを食べにくるハクビシンの話。

「でも彼らが住んでいる土地に人間がお邪魔している。

だから少しおすそわけしなきゃね」

・・・自然の中に生きる人って、どうしてみ~んな視点が

柔軟で、視野が広々しているんだろうconfident

Shuukaku_2

 そして 使われている道具もさりげなくおしゃれです。

Pikapika

 お土産たくさんいただいちゃいました。

野菜ってこんなにいい香りがあるんだあ…

一口食べると元気もりもりdelicious

これで梅雨空の日々を乗り切れそうですhappy01

2009年7月 3日 (金)

目指すは虫愛づる姫!?

 ベランダのアミアミの影の中にいた、きれいな色の甲虫さん。

Akaikouchu

 触覚はカミキリ虫チック???

虫愛づる姫(『堤中納言物語』)と対局に暮らしてきたmikolaには

誰なのかさ~っぱりわかりませんcoldsweats01

ご存知の方いらっしゃいましたら、ぜひ、教えてくださいm(_ _)m

・・・できれば毒なんてないといいなあsweat01

Hizashi

 ひなた山では6月28日からじ~っというセミが鳴きだしました。

夏の初めによく鳴く、ニイニイゼミでは?

と教えていただきましたが、

こんなに早くからセミが鳴くなんて、今年初めて気付きましたsweat02

 目、耳、鼻、五感すべて、第六感も!?

使わないで人生過ぎていくところだった!!危ない、危ない♪

2009年7月 2日 (木)

やまみちがたがた 2

 この頃shoumaは何かに目覚めてしまい・・・

また怪しげな道を行くという…shock

Kibananoyamaodamaki

キバナノヤマオダマキが見送ってくれました♪

とはいうものの、運転技術との折り合いが難しいようで、

「あ~そこに咲いている花を見たいっ。停めて~happy01

と頼んでも、

「ここで停めたら、進めなくなるっpout」と、即却下。

Matatabi

                           マタタビの花

そんなわけで楚々とした花々を、指をくわえて通り過ぎるbearing

そうやって、やっと峠に出たところ、

 通 行 止 め 』の赤い4文字。

ほお~~~~らっ、・・・ ・・・見たことかthink

Higasa

 日暈が出現。虹を通過しているのは飛行機とメマトイ?

 セミをバックにコルリ(かな?)が鳴いてました↓

 他にもホトトギスやシカに会えたので、良しとしますかwink

2009年7月 1日 (水)

それぞれの朝

 昨日はココログがトラブルだったため、一日中使えず・・・

心配してくださった方々、ありがとうございましたm(_ _)m

さて。1oshidoriike_june オシドリ池の朝です。

2sansha

皆さんお揃いですが・・・

3sanyou

マイペースで三者三様の朝を過ごしていますsweat02

4kisekireito

ヤマセミ姫の止まり木にはキセキレイまで来たりして

5ohanashichu

それでもお話しているかどうかは定かではありませんthinksweat02

6shoumen

オシドリ池のアイドルとはいえ、正面顔はちょっと笑えるhappy01

10go

姫は6回ダイブしましたが、ヤマメは全く取れず…think

11kiki

写真もなんとか写っているのだけcoldsweats01

12zabun

ざぶんっwave

13karaburi

こちらは目のなかに薄い膜?が張っているみたい。

14kime

おなかがすいていても最後は決め!ポーズで♪

ひなてく隊としては会えてうれしい朝でしたhappy01heart01

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »