« しっぽの長いやつ | トップページ | チョウトンボ »

2009年7月29日 (水)

昼のセミ・夜のセミ

 いろいろなセミの声が聞こえてくる暑さとなりましたsweat02bearingsweat01

1niiniizemi

shoumaがセミを見つけては撮っています。

これは桜の木に、ニイニイゼミかな?

2akinire

ぬけがらがたくさんある樹を見つけた!

3nukegara

何の樹?と聞かれて慌てて調べます。アキニレかなあ??

4detekitaana

木の根元には、こんな穴があちこちに。

何年間こもっていたのかな。

5kobanochousenenoki

こんな細い枝で羽化したのねsweat01

と思ったら

6aburazemi

後ろに控えるはアブラゼミ。もしかしてご本人様?

 そして夜。

どうやらshoumaはひなた山周辺のセミたちに

会いに行っていたらしい。

7youchuu

穴から出てきた幼虫。

8yukkuriyukkuri

ゆっくり、ゆっくり、樹を登っていくそうです。

9uka

羽化しています。きれいな色♪

10hanekansouchuu

羽化が終わって、羽を乾かしているセミも。

朝になったら元気に鳴きだしてねhappy01note

« しっぽの長いやつ | トップページ | チョウトンボ »

コメント

 セミの素晴らしい生態写真ですね。ここにある2種って世界的に有名ってご存知ですか?(ちょっと大げさですが)実は世界的に見て,羽に色が入るセミって少ないのです。ですから世界の人から見ると珍しいセミなんだそうですよ。それが成田空港のバス町のところで見れたりするので、ぶったまげるそうです。
 今年はニイニイゼミ多いですね。もうヒグラシも出ています。もう少しすると夏の終わりを告げるツクツクボウシが鳴き出しますね。

かわむつさん
 そういえばこの2種は翅に色が入っていますね!
師匠に言われて初めて気がつきましたcoldsweats01
ニイニイゼミは今年初めて存在を知って、見ることができました♪うれしい~~!!ちっちゃなセミで、目立たないですね。
ひなた山ではヒグラシは7月8日位から鳴いているのですが、ミンミンゼミはようやく今週くらいからです。ふもとではも少し早くから鳴いていたのですが。
 もうセミの死がいも転がり始めて、目にすると夏の初めから頑張って鳴いていたんだね~とちょっと切ないです。

 今年,ニイニイゼミは個体数が多いのですが、出現時期が遅いです。普通の年だとニイニイゼミが最初に出現するのですが、今年はアブラゼミと同時期でした。

かわむつさん
 そうなんですか。年によって違うのですね。来年のひなた山がどうなるのか、ちょっと楽しみ。今現在ではヒグラシとアブラゼミはた~っくさん鳴いているのでわかるのですが、ニイニイゼミとミンミンゼミは音にまぎれているのか?鳴いているのかどうか分かりませんcoldsweats01
それにハクセキレイやガビチョウの声が混ざって、たいへんにぎやかなひなた山ですcoldsweats01ear

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しっぽの長いやつ | トップページ | チョウトンボ »