« 生きるのは『ふつう』のところ | トップページ | カワセミと月 »

2009年8月23日 (日)

そして水は流れる

 ボサケリ部けりてく隊の連載もいよいよ、最終回です。

男性陣がとってもおもしろがってくださいました。

みなさん、川ガキだった頃を思い出すのかなhappy01

01_9p_2 第9ポイント。

ここでもよく泥に足を取られました。メダカがたくさん!

02_9p_gengoroubuna

ゲンゴロウブナ。かわいいなあ♪

ついに力尽き、岸に上がれなくなり、隊長に引き上げて

いただきました・・・重いのにすみません bearingsweat02

やっと岸に上がると、オナガの鳴き声が響いていました。

03_10p_genryuu 04_10p_se

 あつ~~~い下界を一気に抜け出し、源流近くへ。

第10ポイントでは、なんと気温が10℃違い、25℃!

湧水を浴びまくり、生き返ったmikolaは山道を一気に

登りますが、源流はまだまだ先でした。

セミの声さえ清々しい~confident

 ここから水の旅が始まっているんだね。

ヒトも含めていろいろな生き物と関わりながら、海まで。

05_10p_hiyochan

アブラゼミをくわえているのは、ヒヨちゃん。

06_11p_hagurotonbo

そして最後、第11ポイント。

ハグロトンボが涼んでいます。

そういえばこの旅ではトンボにたくさん会いました。

10_11p_yago_hagurotonbokooniyanma

トンボのヤゴ、初めて見ました。

左がハグロトンボ、右がコオニヤンマだそう。

トンボの種類によって、まったく形が違うのですねcoldsweats02

07_11p_tokyodarumagaeru トウキョウダルマくん。

ちょっとモデルさん、動かないでよ~

08_11p_otama 09_11p_tsuchigaeru

こちらのオタマは、おそらく右のツチガエルさんだそう。

オタマじゃなくてギバチでしたcoldsweats01右はツチガエルさんでOKです♪

同定は難しいけど、やっぱり面白いかも~happy01

11_11p_taichou 12_11p_taichou

夕暮れの川とかわむつ隊長。う~ん、絵になる。

13_11p_gibachi

そして、会いたかったギバチheart01まだまだ小さいですが、

おひげが立派。

14_11p_gibachi

右の川虫と比べてもお分かりになるかと思いますが、

その小ささはなんと!!1.8cmだったそうで。

網の中に「ギバチがいた!」と隊長に言われても、

手のひらに載せてもらうまで、まったくわかりませんでしたsweat02

15_11p_kawanonaka

 今まで「水場」=「水鳥がいるところ」という認識しかなかった

のが、いろいろな流れがあり、環境があり、

それこそたくさんの虫や魚がいて、だからこそ水鳥がいる。

 全く当たり前のことなのに、これっぽっち~~~も

具体的にわかっていない、頭でっかちの自分に

気づく旅となりました。

これからのひなてく隊の標語。

『すべての水は、ただ流れているわけではないっ』

 無関心の代表!みたいなひなてく隊相手に、

かわむつ師匠はとっても根気良く教えてくださいました。

師匠の博識と偉大さに、人生観変りましたshine

本当にありがとうございましたm(_ _)mm(_ _)m

 時間を割いて独断的な拙い長文を読んでくださった皆さま、

感想をメールや直接伝えてくださった皆さま、

本当にありがとうございますm(_ _)mm(_ _)m

 ・・・気がつけば、ひなた山でも夜は秋の虫の声。

« 生きるのは『ふつう』のところ | トップページ | カワセミと月 »

コメント

 先ほど佐渡/群馬の遠征より戻りました。佐渡も魚類相が違っていてとっても楽しい場所でした。
群馬では深夜にカメラの周辺にサルが出てきて一大事でした。
 連載ありがとうございます。とっても楽しく読ませていただきました。また違った場所に行きましょうね。そうそうこの章のおたまじゃくし,ツチガエルではありませんよ。よ~く見てください。
お~たまじゃくしはカエルの仔。ナマズの孫ではありません~♪(オタマにはひげがありませんよ(笑))

かわむつさん
 わ~隊長、お帰りなさいhappy01
サルとカメラ争奪戦ですか。
どうしてかわむつさんの周りはそういうことが起きるんでしょうcoldsweats01
 あれれ。これ、オタマじゃなかったでしたっけ。
記憶が途切れてる~~ナマズだったんでしたっけ。まじめに記憶がありません、やばいっbearingsweat01

これギバチですよ。(ナマズの仲間のギギ科ですからね)3匹採れたうちの1匹です。良く見るとひげあります。体側の側線も見えています。、

かわむつさん
 あれ~!この方もギバチでしたっけ。
駄目だあ~見る方向がちょっと違うと、もう同定できませんsweat02

かわむつさん
 もう一枚、ボケていない同じ写真がありました!ばっちりひげもいろいろなのも(名前分からずcoldsweats01)写っていました。これだとギバチってわかりました♪どうしてその写真を使わなかったのか、自分でも謎~sweat02
 師匠激写CD近日中に送りま~す。ボケたのも何枚か入っていますがsweat01これからお山方面へ行ってきます(寝坊したっbearing

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生きるのは『ふつう』のところ | トップページ | カワセミと月 »