« 早川の風の色 | トップページ | カワセミ父ちゃん »

2009年8月29日 (土)

かわせみぼうや

Oshidoriike_aug

8月のオシドリ池。

Gamanoho Tsuyukusa

ガマの穂が茂ったり、ツユクサに囲まれていたり。

2か月前はここでホタルが飛んでいたなんて、夢のよう。

Bouya

そこへ現れたのはカワセミ。

色が悪いのは天気のせいではなく(それもあるけど)、

今年巣立った若鳥だそう。

Ginyanmato

ギンヤンマ?とツーショット。

ダイビングは水面に水浴び程度。

shoumaいわく、最初は親が一緒にいたそうです。

Ginyanmato_2

まだ親が餌を与えているのかな~

My_pace

まだまだあどけなくてかわいいheart01

Shiokaratonbo

警戒心も薄いのか!?近くでシオカラトンボとツーショット。

あれ??ようっく見ると、下のくちばしがちょっと赤いかも??

もしかして坊やじゃなくて、女の子だったりして・・・bearingsweat01

« 早川の風の色 | トップページ | カワセミ父ちゃん »

コメント

カワセミって 綺麗な色しているから人気なのですか?

前々の日記の『夏の背中』が、写真とともに脳裏から離れません。

明後日は、夏の背中を追いかけてみます(謎)

trazyさん
 色がきれいだからでしょうね?羽はすごくきれいでしたよ。なんたって青い鳥だし…
そういえば「朝の散歩でカワセミを見て」鳥屋さんになる人も多い、と聞きました。
 あ、ちなみに『夏の背中』と言いつつ、カワセミは夏鳥ではありませ~ん。一年中います。
 明後日の背中は何?誰?なんでしょう。楽しみです(あ、でも裏は辞めたから、見られないmikolaでしたcoldsweats01
 

陽水さんの特集する番組が4夜連続であったのですが、『少年時代』
の歌詞に登場する 風アザミ と言う花は、無いそうです。

なくても、あの名曲を聞いて違和感を感じるのは野暮です。


実際は一年中居る鳥でも、美しい背姿に去りゆく夏を籠めたのが詩的です。


生物を自然のまま忠実に撮ろうする姿勢と散りばめられる詩的な言葉やユーモアとのハーモニーが、ヒナテクブログの魅力の一つだと思うのです。


あ。明後日のことは、mixiにも一切書いてません。(^^;

うまくいったら書くかもですが。(笑)

trazyさん
 ありがとうございます。
おほめいただいて恐縮ですcoldsweats01

てんでバラバラなひなてくですが、
これからもご指導のほど、よろしくお願いしま~すhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早川の風の色 | トップページ | カワセミ父ちゃん »