« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月27日 (火)

☆ひなてく隊よりお知らせ☆

 メインのパソコンが、2台ともリコール機種に該当してしまったため、

『ひなたてくてく』は、一週間ほどお休みさせていただくことになりましたm(_ _)mm(_ _)m

ご連絡は、G-mailおよび携帯のメールでお願いいたします。

パソコン修理後再開の折には、またお付き合いのほど、

どうぞよろしくお願いいたしますheart01                    shouma & mikola

2009年10月23日 (金)

みんな銀河系『内』生物

 第3ポイントに着いたのは、ちょうど小学校の下校時間。

01_3rd_point_2

「何しているんですか~」「何取っているんですか~」と同一口調で質問が降ってきます。

そこで軽率にもmikolaがある生き物を見せちゃったら、小学生たち絶叫thunder!!

「ころせっ!!!!」

…耳を疑いましたね。・・・殺せ????

「鳥に食べさせるか、殺せ!!!」「先生がそう言ったもん!」「殺せ!!」

結局かわむつ隊長の機転で、小学生集団は静まり、速やかにお帰りいただきました。

・・・びっくりしたなあ。もう。この生き物との関係ができてもいないのに、殺せとは。

「テレビのスーパーヒーローは、殺すのが正義だから」と、隊長。

…そういえば、地球に現れた宇宙怪獣の住む星の、環境アセスメントをして、

カウンセリングするウルトラマンっていないかもcoldsweats01

・・・とりに食べさせるって、何の鳥が食べるのか知っているのかな???

「なぜそれをあの子たちにちゃんと伝えなかった?そういうことはきちんと言わないと」

・・・それもそうだあ…ひなてく隊やっているんだ、それくらいは、伝えられたはずだ。

「わかりやすく教えるのと、簡単に教えるのとは違う。

学校で先生が『害があるから殺せ』と言えば、どうしてその生き物がここにいるのかを

考えずに、『殺すこと』が正義になる」

…『命を大切に』って教える傍ら、こんなことが起きている。

shoumaいわく、「でもこの生き物を、俺は子どもの時は見たこともなかった。

『害があるから殺す』という側面ではあるけれど、あの子たちはこの生き物に対し

情報を持っている。そういう意味では、無関心や無知よりましだよね」

・・・う~ん、確かにそういう面もある。

 きれいごとばっかり言ってないで、次の世代に、きちんと伝える。

その難しさを実感したデキゴト。

こんな変なことでもないと、やっぱり色々学べない。

かわむつ隊長にはお手数をおかけしたけれど、mikolaはすごく勉強になりました。

隊長、トラブルメーカーな隊員で、すみませんですm(_ _)m

 しっかし、次の瞬間、さらに小学生に嫌われそうな大物がタモに入り、

絶叫したmikolaでしたsweat01・・・隊長はその反応がとっても楽しかったそうなbearingsweat02

 そして、他の仲間たち。

02amagaeru

アマガエル~heart01かわいい♪これはmikolaの手ですよ~happy01

03juzudamato

かわむつ隊長に、ジュズダマの上にのっけてもらって、ポーズnote

04takahaya

タカハヤ。見分けるポイントを教わりました。じっとしているとわかるけど~sweat02

05aburahaya

アブラハヤ。ハゼが多かったので、お魚に会うと新鮮shine

06kawamutsu

オイカワ!って自信満々に答え。

Touyoshinobori

トウヨシノボリ。前回8月に会ったものより、凄味があるような…coldsweats01

08sujiebi

スジエビ。透明なところがやっぱりかわいい♪

09shimadojou

シマドジョウ。この方も大好きかも~heart01

 淡ぼ~隊活動第2弾。楽しみにしてくださった方々、ありがとうございました。

また長~いエントリーを時間を割いて読んでくださった皆様、ありがとうございます。

超多忙な中、ご指導くださったかわむつ隊長、本当にありがとうございました。

さて、生き物がかり ひなてく隊。

皆様のおかげで、世界がどんどん楽しくなっていきますhappy01

 今度は少し、生き物と寄り添う生活をしてみようかな~と画策中shine

2009年10月21日 (水)

汽水域の魚たち

  第2ポイントへ。01_2ndpoint02_naretekita

川ガキ?shoumaも懸命にかわむつ隊長を追います。

ここでは不思議な光景を目にしました。

川の流れが逆!?海から海水が上ってきているんだそうですwave

そんなすごいことが海の近くの川では見られるんだあshine

そんなわけで、汽水域にすむお魚さんたちに会えました。

03_chichibu

チチブ。下のお魚↓ヌマチチブとともに、ダボハゼと呼ばれたりするそうです。

04_numachichibu 05_numachichibu

ヌマチチブ。↑ひれにピン。      顔にピン↑(こわっsweat01

06_kawaanago

カワアナゴ。天女のようです♪(注:顔を抜かせばhappy02

07_gokurakuhaze 08_gokurakuhaze

ゴクラクハゼ。大きくなると、極楽のような色をしているからこの名前だそうです。

あ~、かわいいのにうまく撮れてないよ~crying こちらのほうが天女ちっくかも。

09_hinahaze

そして、海のお魚  ヒナハゼ。(すみません、汽水域のお魚でした。

詳細は下のかわむつ隊長のコメントをご覧頂けると助かりま~すhappy01note

たくさんいました。こんなに上るのは大変珍しいそう。

それだけ水温が高いってことで、今年はたくさんいても、来年の同じ時期にいるかどうか

はわからないそう。まさに一期一会。

かわむつ隊長、大好きなヒナハゼに会えて、すご~~く嬉しそうhappy01

12_kotohiki

そしてもう一匹、海のお魚コトヒキ。こ~んなかわいいのに、凶暴だそう。

手に乗せると…

10_ikarinokotohiki 11_morenakuikaru

怒ってます。も~れつに、もれなく、怒ってますcoldsweats01

この小さなお魚が、海から来るのです。果てしない、旅。

13_ayu

上流に行けば、アユもいます。アユはもちろん海水の混じった水には住めないし、

汽水域の魚たちは、アユが住む水には住めません(すみません、言葉足らずでした。

アユの成長と海の関係については、下のかわむつ隊長のコメントをご覧いただけると

助かりま~すhappy01note

それが同じ川の、ほんの数メートルの所で、起こっている出来事。

世の中に、つまらない景色なんてないんだなあ・・・・

みんな何かをはぐくんでいる。

14_unagi

ウナギもご対面。とはいっても、動きが早くて淡ぼ~隊員は写真に撮れずsweat02

これはかわむつ隊長が撮ってくださいました♪

15_minamitengaebi

ミナミテナガエビ。エビさんも色々います。

この手が長いのも、意味があるのでしょう。生きていくうえで。

 そしてかわむつ隊長の鮮やかなハンドルさばきで、第3ポイントへ。

2009年10月20日 (火)

淡水魚ぼさけり隊 Oct.2009

 10月16日。

01_asayake

 朝焼けの中、月齢27.3の月を眺めながら集ったのは、

けりてく隊  改名『淡水魚ぼさけり隊』、略して『たんぼ~隊』の面々。

(あまりに『けりてく隊』の語呂が悪く、誰も呼んでくれないので、改名しましたsweat02

02_toritsuki 隊長こと淡水魚ハカセ、かわむつ師匠。

なぜか鳥さんたちがトリツイテおります。

03_1st_point おいしいお昼を食べてから、第一ポイント到着。

今回は初めての土地なので、お土産買って、すっかり観光気分のひなてく隊♪

04_hiratetenagaebi

ヒラテテナガエビ。手が長~~~ぃ!

今回は前回とは違った面々が、ぼさに住んでいるようです。

05_bouzuhaze

ボウズハゼ。ハゼの仲間は流されないように、吸盤が強いそうです。

垂直でも、ご覧の通り。

06_mokuzugani 07_mokuzugani

モクズガニ。でかいっ!

08_ooyoshinobori

オオヨシノボリ。迫力のお顔でございますsweat02

09_ruri

ハゼ科のお魚が多かったです。海から上って進化しているからだそうで、地形が

お魚の種類に影響するんだなあ、としみじみ。

10_ruriyoshinobori

そして!会いたかったルリヨシノボリ~♪ほっぺのルリ色がきれいです。

11_ruri

ルリちゃんheart01観察ケースで大きさの目安になりますでしょうか。

12_shimayoshinobori

シマヨシノボリ。

13_sumiukigori

スミウキゴリ。

ハゼ科満載~♪

14_ebi

 最後にエビちゃんたち。見分け方を教わったのに、肝心の部位が写っておらず、

どれがどれだか…sweat02隊長、不肖な隊員たちで申し訳ありませんです・・・thinksweat02

かわむつ隊長とご飯を食べてよもやま話中に、ひなてく隊は鳥屋というより、

「生き物屋だね」との御啓示shine

そうかあ。生き物屋かあ。虫もヘビも苦手だけど、それもいいかなあ☆

生き物屋を名乗るには苦手なものが多すぎるbearingから、生き物がかり(歌手みたいsweat01

くらいにしようかなあsmile

生き物がかり、ひなてく隊。うん、うん。よいかもheart01

そして、淡ぼ~隊の旅は、まだまだつづく~っ♪

2009年10月13日 (火)

狙っているのは・・

Tanada_2

金色の景色の中

Suzume

スズメたちが狙っているのは

Hazagake

はざがけしたお米。

み~んな新米が待ち遠し~いhappy01heart01

2009年10月12日 (月)

食器だな

 今日は友達が出店しているクラフトフェアへ。

彼女が作る器は使い勝手がよく、料理がおいしそうに見え、かわいい♪

割ったら金継ぎするよ~と言ってくれるけど、おっちょこちょいのひなてく隊が

毎日こき使っても、無事。

そして我が家の食器だな。

Shokkidana

気がつくと、み~んな知っている顔が作った器ばかり。

あとは料理を頑張るだけ。頼むぜ、shouma!(ちと違う・・・coldsweats01

2009年10月 8日 (木)

きのこ山のぼり

 さて、これは一週間ほど前のお話…coldsweats01

山に登るぞ!と珍しく燃えていた相方。しかし当日は曇り&雨。

仕方なく予定より低い所で我慢することにし、てくてく出発。

01

現地のお天気は、こんな。ほんのり山は秋色に変わってきていました。

02 雨上がりなので、スパッツ着用。

03 04

マムシグサも実ってきてます。トリカブトがどこもかしこも満開~☆

どうやらこの山はきのこ山らしく、きのこ採りのおじい・おばあと会います。

「どこまで行くの?あ~晴れたらいい眺望なのにね~」・・・ですよねsweat02

上の崖をシカが走って行きました。shoumaいわく3頭いたそう。

05

カラマツが金色に染まるのも、あと少し。

0706

富士山も南アルプスも何とか見えましたcoldsweats01

さて、出会えた鳥たち。暗くてみ~んな、ボケボケですcrying

まあフィールドの記録ということで・・・

08_2 09

↑ルリビタキ♀                   ↑ ゴジュウカラ

10

↑コガラ

11

そして!初めて見たキバシリ~!!!いえ、mikolaは見てません。

shoumaが、見ました~coldsweats01

12 13

下っていくと、蔦紅葉。

15

雪が降って枯れても、香りの消えないナギナタコウジュ、今が満開。

14

誰かさんがつまんで落としたノブドウの実が引っかかっていました。

実りの秋。                 

2009年10月 7日 (水)

富士のカモシカ

 天気が悪いのに相方いわく「富士山へ行こう!」

なんでこの悪天候に富士山???と思いつつ、ついていく・・・

車で5合目に行くのもなんと、小学生以来です。

01_2goume

2合目(3合目だっけ?)の駐車場。ぼちぼち黄葉が始まっています。

02_5goumechikaku

五合目近く。おお~黄葉がきれい!霧に見えるところは雨でした。

03_5goume

雨の中5合目を歩いてみます。すっかり黄葉~♪

観光引き馬?の馬糞がぼろぼろ・・・雨でぐちゃぐちゃ。クサい~ちゃんと回収してよbearing

04_tenjoukai

コンデジでよくわかりませんが、雲海で一か所だけ日が射し込んでいました。

天使の梯子段の雲海バージョン…神秘的☆

05_yamanami

一瞬雨が上がった時に見えた、八ヶ岳。特徴あるのですぐわかります。

06_susomoyou

富士山の頭は依然雲の中。裾模様がきれい。

07_kouyou

裾模様のアップ。黄葉満喫。

08_kamoshika

今度は晴れた時に来て歩きまわりたいね~(注・登頂でなく)なんて話していると、

カモシカにばったり!!

09_morihe 10_matane

あわあわしているうちに、森に入ってしまいました…驚かせてごめんね。

 富士山、自然がすごいぞ~♪♪また行きたいっ!

でも馬糞を何とかするとか(立派な環境汚染!?)、

他国の旅行者に、トイレの使い方を各旅行会社が責任を持って教えるとかしないと、

(日本のマナー=世界のマナーでは、ないのだし。

そもそもは、『トイレ』に対する意識が国によって違うのだから・・・)

自然遺産にはならないだろうなあ~、というのが正直な感想。

もったいないぞ~thinkrock

2009年10月 6日 (火)

秋は楽しき

『小倉百人一首』の「奥山に紅葉踏み分けなく鹿の声聞くときぞ秋は悲しき」という歌が有名ですがshouma的には「秋は楽しき!」です。
秋の虫と牡鹿が鳴いています♪聞いてくださ~い。

2009年10月 5日 (月)

旅するすがた

 山梨県早川町 南アルプス邑野鳥公園の横に流れる黒桂河内川。

その河原で一頭だけ、アサギマダラに会いました。

Asagimadara

 アサギマダラって『旅をするチョウ 』と言いますが、

南アルプスの山々を越えたりするのかな??

 花はチョウが好きな花として有名なブッドレア。

外来種だと思うのですが、早川の河原にはびっくりするほどこの花がいっぱい。

ひなた山周辺の河原にはないので、最初見た時は目を疑いましたcoldsweats01

どうやって流れついたのかなあ…

Hebinonukegara

野鳥公園内で相方が見つけたヘビの脱皮あと。

石などにひっかけて脱皮するのだそうです。手も足もないからねcoldsweats01

これもある意味、旅立ちかも。

2009年10月 4日 (日)

ヤマセミ行動調査Sep.2009

 9月27日、南アルプス邑野鳥公園ヤマセミクラブによる、

山梨県早川町でのヤマセミ行動調査が行われました。3回目~♪

1kouyouhajime_2

山の上のほうでは、もう黄葉が始まってる!早~い!!

2point

今回の調査ポイント。

ここなら万が一(sweat02)昼寝しても大丈夫??・・・と不遜なことを考えていたら、

野鳥公園の鳥ハカセ 村田雅生さんはあっさり、イノシシのラッセル痕を発見。

う~ん、恐るべし早川町sweat01寝られません(当たり前coldsweats01

4hinode

日の出と共に、アオゲラ・セキレイ・コジュケイ・エナガ・キセキレイ

カワガラス・イカル・トビ・カケス・アオサギ・カワセミ・ガビー(ガビチョウ)

ウグイス・・・と鳥さんラッシュ。アオバトらしき?鳥さんも飛んでいく~♪

5kaki 6hekusokazura 7aotuzurafuji

木の実も草の実もたくさん実っているものね。

向かいのカキの木には、鳥さんたちがひっきりなしに訪れていました。

8時になると鳥さんはさ~っぱり、今度は虫さんの時間。

8shijimichou

シジミチョウ、最近よく見る気がする。夏より秋が好きなのかな?

9batta 10batta

バッタさんたち。地味です。石の上にいる保護色なのか?こういう種なのか?

11susuki

 今回もヤマセミには会えなかったのですが、今年たまたまこの辺りに

いないだけで、来年はいるかもしれない。

そう思うと3年間くらい、今までの所で調査してみたいなあ~と思ったり。

加えて!ちょっとばかり鳥の声が聞き分けられるようになってきた~scissors

フィールドで経験を積むと、ひなてく隊といえども、ちっとは進歩するみたい~happy01

鳥語習得まで、頑張るぞ~happy02heart01

2009年10月 3日 (土)

あきのきゅうじつ

Akebi

立派なアケビに仰天したり…

Kusaasobi_2 Oikakekko_2

素敵なご家族に会ったり、

Akinoichimai

 名作が出来上がっていく様子をじっくり見せていただいたり、

してきました。

身も心もポッカポカになった、秋の休日。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »