« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

あしあと

池のほとりで大量の足跡見つけました。

Ashiato

爪の痕もくっきりの5本指。

だれのかな~♪

2010年4月26日 (月)

フクロウ?

Yoru 先日、仕事が忙しく終電で帰宅した時のこと。

自宅目指してトボトボと山道を登っているとこんな声が聞こえてきた↓↓↓。

上手に録れていませんが、もしかしてフクロウ?。たぶんフクロウ!。絶対・・・!

ひなた山にフクロウがいたんだーhappy01

でも待てよ、この鳴き声毎年聞いているよな~think

おまけにフクロウに会いたくて遠征までしているよな~think

そこまでしたのにすぐ近くにいたなんて。ショックshock

よく考えてみれば自宅周辺の山や川にもいろいろな生き物がいるのに、その一部しか観ていないし、勉強不足。反省、反省。

よ~し今年度は自宅周辺の自然観察に力を入れるぞーsign03

2010年4月24日 (土)

さくら山のつつじ谷

 Sakurayama_2

さくら山のふもと

Tsutsujinotani

ミツバツツジの谷が広がります。

Oyashiro

そんな中にひっそりとお社が建っています。

Komainu

いつもはヒトに会わない境内も、この時季はにぎやかです。

もち米にウナギを挟んで笹の葉でくるんだ『うな笹』や草餅の屋台♪

まさに花より団子のmikolaですsweat02

Hanaranman

見渡す限りの花々にしあわせいっぱ~いhappy01

Hoshinokakera

降る花は、星のかけら。

Hinatabokko

こころゆくまで、ひなたぼっこ。

2010年4月23日 (金)

大哺乳類展-陸のなかまたち-

 友人から4月限定のタダ券をもらったので、行ってきました。

国立科学博物館『大哺乳類展-陸の仲間たち』

http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2010/mammal/riku/index.html

1 2

どうせ、何回か行かないと頭に入らないので、今回は音声ガイド機器を

レンタルしました。ペンでなぞると、説明が聞こえてきます↑

Minasama

ど~ん!!っとすごい世界です。

哺乳類の定義なんて知っていました??種の定義とか!

言われてみればなるほど~flairなことがいっぱい。

Tsunosama Atamasama

また剥製の迫力のすごいこと!!水牛↑って、こんなに頭大きかったっけ???

南アジアではいつも働く水牛さんと すれ違っていましたが…

Honesama_2

骨標本もすごい迫力。懐かしのあのお方にも会えますよ~happy01(注:骨で)catface

Kumasama

クマの大きさも改めて実感。ヒグマ…でかすぎshock

この大きさにも法則があるんですよ~♪オモシロ・不思議すぎ。

身近な動物の標本から、絶えてしまった動物の標本まで、いろいろあります。

これはニホンオオカミ。

Ookamisama

以前、タスマニアタイガーを探す映画を見たことがありますが…

見た時はつまらないと思ったけれど、あれは生き物屋さんの壮大なロマンですね♪

どこかでひっそり、生きていてほしい。いつか、一瞬でいいから会いたい。

追いやったのは、まぎれもなく自分が属する種ですから、勝手な想いですcoldsweats01

シートンの生声も聞け、星野道夫さんの直筆ノートも見ることができます。

Chikyuukan

地球館も、すごいことになっていましたよ~っ!

『Mr.ブレイン』ごっこができます(ちがうだろ~っsweat02)。

昔の科学博物館って、恐竜の骨のイメージだったけれど…今はすごいもんです。

雨でフィールドに出られずクサっている方、ぜひどうぞhappy01note

2010年4月21日 (水)

こびと目線で春探し!

(前記事、奥多摩へ・・・のつづき)

冬景色を楽しんだ後は春探しです。

やまふるVCのガイドさんに連れられ「こびと目線で春探し~!」

参加者はひなてく隊とJr.レンジャー(小学生)2名と常連のお方。

行動開始前にこびと目線になるための機材が配られます。

Photo ジャ~ンsign01 こびとメガネ~sign03(虫眼鏡です)。私たちには小さなものでもこびとさん達には巨大に見えるはず。各自、虫眼鏡を持ち散策開始。

Af 早速発見。「オ~イ!花が咲いているぞ~!」

Af_3  こっちにも咲いているよ~!おまけに葉っぱのハンモックは気持ちいいな~。

Af_4 羽毛布団も気持ちいいよ~。鳥さん達の活動も活発になってきたみたい。

次々と春を発見するひなてく隊「凄いぞー!」なんて思っていたら、そんな私たちや真面目に春を探す常連さんを横目にJr.レンジャーは春以外にもシカのフンや足跡、サルの出没跡等を次々と発見して行く。

凄いぞsign01Jr.レンジャーsign03

将来は有名インタープリターだ~(勝手き決めるな)

2010年4月20日 (火)

奥多摩へ

Af 先日の季節外れの雪のため、お山は雪景色。Img_3100雪の重さに耐えかねて、咲いたばかりのお花も落ちてしまっていす。

Af_4日中で気温6℃と春といってもまだまだ寒い奥多摩でした。 

2010年4月17日 (土)

おしどり池の春

 今回も早川町では、南アルプス邑野鳥公園のコテージに泊ったのですが、

1_madokara

桜に囲まれて、窓からの景色はこんなに素敵でした。

翌朝は冷え込んで、

2_hebi

ヘビさんも暖かい所を求めて、おろおろされていましたsweat02

え~っと、何ヘビさんか教わったはずなんですが…忘れましたbearing

4_oshidoriike

shoumaがおしどり池へ行ってみると、柳の若葉と桜がちらほら。

春ですcatface

前日から張り込んでいらっしゃった、ヤマセミクラブのご夫妻が

オシドリが来ていると教えてくださったそう。

3_kamotachi

朝ごはんをたっぷり食べたあと?みんなで寝てますsleepy

5_yaburegasa

池に行く小道のヤブレガサ。もう傘が半開き。

6_dekkaitenntou

帰り道、ヤマセミ橋の上で、でっかいテントウムシに会いました。

普通のテントウムシサイズの、6~7倍は余裕でありそう!!!

よく見ると、ホシがみ~んなハートheart01

名前も教わっていたのですが・・・すみません、忘れました…bearing

7_fujisan

車窓からは富士山も見え、

8_tougenkyou

一宮付近は桃の花も満開~♪

桜と桃で、まさに桃源郷のような眺めでした。

ふと外を見たら…

20100416yuki2えっsign02 雪が・・・。どっひゃ~sign03しかも、結構な降り方です。

今、4月中旬、桜も散ってしまっているというこの時期に雪だなんて・・・

テレビの天気予報で「明日は雪が降るかもしれません」なんて言っていましたが

まさか本当に降るとは。しかも、積もり始めてます。20100416yuki1 

明日の朝はどんな風景になってるのか、ちょっと楽しみカモhappy01

2010年4月16日 (金)

早川のさくら

 『早川なび』で、カモシカのお勉強をした時はちょうど桜が満開!!
1_mejiro
メジロも
2_chou
チョウも桜にうもれて幸せそう♪
そんなわけで、南アルプス邑早川町野鳥公園のスタッフむらっちさんに
3_gakkoumae
早川の隠れた桜の名所へも連れて行ってもらいましたhappy01
4_shuraku
桜の谷の集落や…
5_jinja
神社にも
6_kane
鐘つき堂にも
7_shidare
普段はひっそりしたお社も、この時期は目立つhappy02
かと思えば…
8_ipponzakura
山にポツンとある、一本桜
9_sorato
大空に翼を広げている枝垂れ桜の老木もあります。
10_annai_ken
集落に行った時、どこからともなく現れ、道案内してくれたワンちゃんheart01
11_hissori
ひっそりとしたお社にお参りに伺うと、ちゃんとヘビがお守りしていましたよ。
早川は自然も民俗文化も興味深いですが、生き物たちとヒトとの距離が近いのも魅力だなあnote

夜桜と星の様子はこちら↓


2010年4月15日 (木)

早川なび、カモシカ編

 これまでひなてく隊は、

Shirochan Kurochan

シロちゃんや、クロちゃん親子

Touchan_2

二人の近くであったからお父さんかな?と勝手に名付けたトウちゃん

Hayasan

早川で会った ハヤさん

Fujisan_2

富士山で会ったフジさん

…などなど、数々のカモシカさんたちに会ってきましたが・・・

後輩に「カモシカ?川にいるんですか??」とまじめな顔でボケられても

「それはカモでしょ!」と突っ込んだ先は、後が続きません。

「彼らはねえ、特別天然記念物に指定されているって自分たちで知っているから、

逃げないのよ」

なあんて、いい加減な説明でお茶を濁すのみ。

 これではひなてく隊の名がすたる!(もともと高くないけどsweat02)とばかり、

山梨県早川町、南アルプス邑野鳥公園の『早川なび』へSOS!

『フィールドでカモシカについて教えてくださ~い』

Takaitokoro

 ガイドしてくださったのは、野鳥公園スタッフむらっちさん(左)。

因みに二人が立っているのは、足がすくむような崖っぷちsweat01

カモシカとシカの違い、分布や特徴を教わります。

カモシカは、シカの仲間ではなくウシ科。

あ~んなずんぐりむっくりで、10mくらいは飛び降りることができるんですってcoldsweats02

因みにカモシカが逃げないのは、敵が襲うのに難しい険しい山肌に生息するためと、

好奇心が強いから、だそう。

特別天然記念物と知っているからでは、ないんですよっっっcoldsweats01(←おまえだ)。

Mizutamaotama

山の中の水たまりになあんとっ!!オタマさん御一行sweat02

母さん、なんてところに産むんだ!干上がったら死んじゃうよ~~~sad

その前に誰かさんの餌になったりするそう…

Ohiru 

 おりしも早川町の桜は満開!!

ついつい、カモシカをすっかり忘れて、桜に見とれているmikolaでしたcoldsweats01

お昼はお花見しながら、優雅にcherryblossom

Yamahada

 山肌を読むのは少し上達したかな?

自分がカモシカになった気分で双眼鏡で山肌を見ていると、

『あそこを通ってこう進んで、あの木の根元に座り込んでeye

『それとも尾根からこっちに下って、あそこを進んで…あ、ここなら

居心地よさそうcatface

と、推理小説さながらの面白さhappy02good

Nannohanashi

 これですっかり!?カモシカの謎がとけたひなてく隊。

『トウちゃん』と名付けていたカモシカは、独り立ちした『シロちゃん』だったのかな?

今度会えたら、しっかりプロファイリングしましょうwinknote

 運動不足で、すぐに横道にそれるひなてく隊にお付き合いいただき、

むらっちさん、大変お世話になりました。ありがとうございましたm(_ _)m

次回は早川の桜たちをUPしま~すhappy01(←やっぱりそれているらしい・・・sweat02

2010年4月14日 (水)

ま~だだよ

渡りの月に入ったのに、ホク川を覗くと

Kogamo

コガモ♂

Kogamo_2

コガモ♀

Joubitaki

ジョウビタキ♂

…といった冬鳥さんたちもまだ残っていました。

確かに寒い日もあったりして、渡り時を迷っちゃうよねthinksweat02

2010年4月13日 (火)

春のカケラ

そうそう、ヒマと晴れ間がなくても(←まだ言ってる)、

春のカケラはせっせと拾ってたりします。

Sumire

今年はスミレプロジェクト・木の芽プロジェクトは準備不足で挫折sweat02

Kibushi

見上げればキブシやサクラ

鳴くはイカルや・・・ひょっとしてソウシチョウ!?!?!?!

Yamarurisou

足元にはヤマルリソウやカタクリ、ヤマエンゴサク

Chinohana

天と地の花のコラボ~♪

Mimigatatennanshou

ミミガタテンナンショウのナイショ話も聞こえてきそう。

コトシハ ナカナカ ハルガ コナイネ。

でも池にはちゃ~~~んとオタマジャクシ御一行様。

Kuchiakeotama

…運が良ければ、オタマの口内も覗けますsweat02

嬉しや、春。

2010年4月12日 (月)

さくら寺

ヒマと晴れ間がな~いっ・・・と韻を踏みながら愚痴っているmikolacoldsweats01

少し前に、お寺へ桜さんぽ。

神社仏閣と学校には桜が多い…気がするcatface

Shidare

枝垂れ桜大好き~♪

Kawara_2

お寺の

Shu

朱色と桜って素敵かも。

Gojuunotou

五重の塔と。

With_shunran

シュンランと~♪大好きな花が揃って見られて嬉しいhappy01

Nirinsou

小さな沢にはニリンソウ。山野草も元気shine素敵なお寺でした。

2010年4月 3日 (土)

巣材集め

枝かぶりの写真ですが・・・。

Enaga1 不審な動きをしているエナガちゃん発見eye

Enaga2 はがして。

Enaga3 取って。

Enaga4はい!ポ~ズ!scissors

エナガちゃんの巣材集めの様子でした~happy01

近頃、他の皆さんも巣材集めに忙しいらしい。

Mukudoriムクドリさんも誰かさんの羽毛を運んでいます。

頑張ってね~sign01

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »