« こびと目線で春探し! | トップページ | さくら山のつつじ谷 »

2010年4月23日 (金)

大哺乳類展-陸のなかまたち-

 友人から4月限定のタダ券をもらったので、行ってきました。

国立科学博物館『大哺乳類展-陸の仲間たち』

http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2010/mammal/riku/index.html

1 2

どうせ、何回か行かないと頭に入らないので、今回は音声ガイド機器を

レンタルしました。ペンでなぞると、説明が聞こえてきます↑

Minasama

ど~ん!!っとすごい世界です。

哺乳類の定義なんて知っていました??種の定義とか!

言われてみればなるほど~flairなことがいっぱい。

Tsunosama Atamasama

また剥製の迫力のすごいこと!!水牛↑って、こんなに頭大きかったっけ???

南アジアではいつも働く水牛さんと すれ違っていましたが…

Honesama_2

骨標本もすごい迫力。懐かしのあのお方にも会えますよ~happy01(注:骨で)catface

Kumasama

クマの大きさも改めて実感。ヒグマ…でかすぎshock

この大きさにも法則があるんですよ~♪オモシロ・不思議すぎ。

身近な動物の標本から、絶えてしまった動物の標本まで、いろいろあります。

これはニホンオオカミ。

Ookamisama

以前、タスマニアタイガーを探す映画を見たことがありますが…

見た時はつまらないと思ったけれど、あれは生き物屋さんの壮大なロマンですね♪

どこかでひっそり、生きていてほしい。いつか、一瞬でいいから会いたい。

追いやったのは、まぎれもなく自分が属する種ですから、勝手な想いですcoldsweats01

シートンの生声も聞け、星野道夫さんの直筆ノートも見ることができます。

Chikyuukan

地球館も、すごいことになっていましたよ~っ!

『Mr.ブレイン』ごっこができます(ちがうだろ~っsweat02)。

昔の科学博物館って、恐竜の骨のイメージだったけれど…今はすごいもんです。

雨でフィールドに出られずクサっている方、ぜひどうぞhappy01note

« こびと目線で春探し! | トップページ | さくら山のつつじ谷 »

コメント

高校3年の春いささか登校拒否気味だったオイラは1週間通い詰めました。happy02

リンゴ大の人間の頭のミイラなんかをず~っと眺めていた・・・。
ほろ苦い思いでの場所ですね。

寅さん
 すご~い♪寅さんの内緒の思い出聞いちゃったhappy01
科博に通うなんて、インテリだあ。
科博って骨と化石のイメージでしたが、びっくりするほど変りましたね。
今近かったら、mikolaも通い詰めます!

おおおお!いいなぁ
行きたいんですよね~私も

法則!懐かしい!!
熱放散は体長の2乗・・・・・
2乗3乗ですね
ベルグマン・アレン・グロージャーとかですね。
あれも最近ではおもしろい話もありますよ。

写真を見て、今度の仕事休んでいくことを決意いたしました!

フィーヨーさん
 そうそう、shoumaがフィーヨーさんにこの展覧会のことを教わったと言ってました。
ひょんなことからタダ券をもらい…4月のみ有効の券だったので、慌てて行きましたcoldsweats01
面白かったですよ~♪また行きたいっhappy01
 哺乳類について色々な定義とか法則があるんですね。
目からうろこのことばかり。
普段使わない頭の運動になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こびと目線で春探し! | トップページ | さくら山のつつじ谷 »