« ちいさいでんでん。 | トップページ | オニヤンマとネジバナ »

2010年6月 5日 (土)

オオルリ坂、コルリ坂

オオルリが気持ちよさそうに鳴いている1,000m

Ooruri

頑張って登っていくと、1,500m地点では

Yukizasa

まだユキザサが咲いていて・・・

Mitsubatsutsuji

ミツバツツジも満開。季節が1カ月半くらい、逆戻りしているみたい。

…で、この界隈、コルリがすぐそばで鳴きどおし♪

でも見えない

飛んでいく姿は2回ほど確認しましたが…

一羽の縄張りゾーンを抜けると、すぐ次の一羽の縄張りゾーンへ突入といった感じ。

まさにコルリ坂でありました。下りでもたじろぐくらい、恐ろしく急でしたがね

« ちいさいでんでん。 | トップページ | オニヤンマとネジバナ »

コメント

一番上の写真いいですね。

山に鳴声が木霊して森の優しい感触が伝わってきそうです。

山のつつじも大好きです♪

オオルリ、コルリのハーモニーで、mikolaさん元気になりましたか?

KAORUさん
 いつもあたたかい御言葉ありがとうございます。
山はいいですね~♪
できればも少し標高のある山の中に住みたいっ
そうしたらさわやかでいいけど、冬は寒いかあ。。。

 元気になった♪と遊びまわっていたら、
今度は急性疾患にかかってしまいました
喘息で抵抗力がなくなっていたためだろう、とのことです。
個人的には初めての病気でやばいっ!!とビビっています

 年かなあ?仕事も家事も、趣味も、も少しペースダウンして
自分の体の声を聞かなきゃ駄目みたいです。

あらら、急性疾患ってなんだろう?
でも、身体の中の悪いものがでているというのは自然のことで身体が何かを訴えているんですよね。

夫がこの春、帯状疱疹になりましたが、抵抗力なくなっているときは要注意です。
私も今日のワークショップ(ハコミセラピーを土台にしたもの?)を受けていて、自分の身体の正直な言葉は「苦しい」でした。
苦味を超えた小粋な女性の境地には程遠いですが、何事も両面がありますね。
悪いことばかりじゃないと、なぜか明るい気持ちになりました。

KAORUさん
 たいて~の自分の体の不具合は対処法が身に付いているので、
何が起こってもそれをこなすだけなのですが、
(そうは見えませんが、体が弱いもんで
新しいびょ~きはやっぱりビビりますね。

 でも確かに、KAORUさんのおっしゃる通り、
悪いものが出ている!体の危機だよ!!と
訴えているんですもんね。

 酷使を反省するいい機会かも?
まだまだ80まで!?お付き合いする体だから、
もう少し時間を割いてメンテナンスしてみますね。

いつも元気はつらつそう~に見えてるmikolaさん
初めて聞いた病名です。
ホントに無理なさらず養生なさってくださいね~

と言う私は今 喘息+風邪でダウン中

かっしーさん
 あらら、かっしーさんもダウン中でしたかっ
お大事になさってくださいね。
あ、病名はちょっと伏せてありまする~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちいさいでんでん。 | トップページ | オニヤンマとネジバナ »