« ホタル見ナイト2010 | トップページ | 梅雨の日々・夏支度 »

2010年6月28日 (月)

モリアオガエルの孵化

 6月26日の山梨県早川町南アルプス邑野鳥公園のおしどり池。

Osidoriike

池のほとりのカワヤナギの枝に、泡のようなたくさんのモリアオガエルの卵が

生みつけられて、重そう。

Tamago

雨が今にも降りそうなお天気だったからでしょうか。

Umareru

良く見ると卵の下のほうにオタマジャクシが。

孵化の様子はこちら↓

 雨で泡の卵が流されて、一気に落ちるものだと思っていましたが、

こうして少しずつ孵化していくんだあ・・・

 しか~~~し。柳の下には・・・・

Yamame

ヤマメが待ち受けていて、オタマジャクシが着水するや否や、

全て!もれなく!食べてますsweat02

『ホタル見ナイト』で鳴いていた、モリアオガエルたちって、

すごい確率で生存したわけだ…

ところがこれで終わらず。

Shiradon

 池のほとりの松の上には、そのヤマメを狙う、アオサギが。

なんと凝縮された食物連鎖!

これを見て、今まで「食われてかわいそう」ちっくな感傷があったmikolaは、

あっさり理解しました。

生きている鎖がつながっているってことは、

いのちが豊かに存在しているってことなんだね。

 因みにこのアオサギ。

アオどんともアサどんとも顔が違うので、シラどんと名付けましたcatface


« ホタル見ナイト2010 | トップページ | 梅雨の日々・夏支度 »

コメント

モリアオガエルの孵化の様子初めて見せて
頂きました。
有難うございます!!happy01

食物連鎖もお勉強になります。

そしてシラどん?
な~~るほど顔が違う??

そうなんだよね、食物連鎖。

人間の私たちも、たっぷりお魚や豚さんや牛さん、

それから鳥たちまで食べて、命のうつしかえで、生きているんですよね。

7・8歳の頃、近所のおばさんがつわりがひどくてね、

でも、ご実家から送られてきた猟師さんが採ってきた、

森の鳥の焼き鳥、リアルな姿のを食べていました。

あなたも食べてみる?と差し出されて、お付き合いして、恐る恐る食べちゃいました。おばさん、孤食は辛そうだったから。

苦くて味が凝縮していて肉が少なくて。。。そんなわけで、昔は猟師さんがいて必要な分だけ獲っていたんですよ。

かっしーさん
 私も初めて見ました♪
シラどん。
アオどんより白くて、アサどんみたいに目が赤くないのでシラどんにしてみました。

前日にシラどんを見た時は、「違うアオサギがいるっ」と大騒ぎのひなてく隊でしたsweat02
アオどんに会いに行くのではなく、ヤマセミを見に行っているんじゃなかったっけ…think
当初の目的から、どんどん逸脱しておりますsweat02

KAORUさん
 そうそう、食物連鎖の頂点はヒトだし。
魚だって鶏だってさばいちゃうし、動物の解体作業も興味深いし、『人体の不思議展』のパンフレットをテーピング時には愛用しているmikolaですから(筋肉の場所が良くわかって便利なのです)、他の生き物のことは何一つ言えないのでありますが。

 ひなてく活動を始めてから、ぐるぐるぐるぐるしていた感情が、ようやくここで吹っ切れました。
 おばさんに元気な子ができたのなら、猟師さんも捕った甲斐があったんでしょう。

 スーパーで売っている肉は、肉の味がしません。
私らが食べているものは、一体何なんでしょう??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホタル見ナイト2010 | トップページ | 梅雨の日々・夏支度 »