« よるのかお | トップページ | オオルリ坂、コルリ坂 »

2010年6月 5日 (土)

ちいさいでんでん。

 小さい、小さい、豆粒ほどのカタツムリと会いました。

Denden

カタツムリの殻って、身と共に大きくなっていくのでしょうか・・・

それともヤドカリみたいに探すのかな?

海のようにはいかないでしょうから、それってかなり大変そう。

« よるのかお | トップページ | オオルリ坂、コルリ坂 »

コメント

>カタツムリの殻って、身と共に大きくなっていくのでしょうか
 はい,そうです。ヤドカリみたいに外に出ている姿、想像したくないですよね(ナメクジ大嫌い)
 殻の口の部分が少しずつ広く形成されていくのです。結果的に殻は太く大きくなりますよね。
 カタツムリはこの殻があるから、想像もできないような面白いことがあるんですよ。台風などに巻き上げられて、空を飛ぶという話しです。寒いお空もこの殻が守ってくれる。不時着すれば、雌雄同体の特徴を生かして、1匹から繁殖ということも。なので隣り合う2つの島で種類が別なんていうこともあったりします。なんと言ってもお空から降ってくるのだから(笑)

かわむつさん
 そういえば、カタツムリから殻をなくしたら、ナメクジ様でしたcoldsweats01
 巻き上げられて空飛んじゃうんですか!
す、すごすぎますshine
カタツムリに対するイメージが180度変りました。
目からウロコ!!な新鮮なお話、ありがとうございましたm(_ _)m

 う~~ん、面白すぎる。だから生き物観察ってやめられませんね。
師匠が教えてくださらなかったら、こんな魅力気づきませんから、
本当にひなてく隊はラッキーです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よるのかお | トップページ | オオルリ坂、コルリ坂 »