« エナガの子 | トップページ | ホタル見ナイト2010 »

2010年6月23日 (水)

トンボたちとトンボ屋さん

 サナエトンボに会って、トンボシーズン到来を思い出したひなてく隊。

トンボといえば、トンボの池です。

着いた時、カワウが空を横切って行きました。shoumaいわく

「なんだかここのカワウ大きくね?」…この理由があとあと、判明しますthink

Shoujoutonbo

ショウジョウトンボ↑。

大好きなアオイトトンボ↓(その割にはクロイトトンボと区別付かないsweat02)も

Double

睡蓮の花の横で、ダブルでハート型~note

Synchro

そのうち、まるで鏡に映したようにシンクロ~note

Itotonbo_sanran

そして、空を映した水面で産卵。

やっぱりアオイトトンボって、うつくしい~~~。

・・・と悦に浸っていると、トンボ屋さんの男性が声をかけてくれました。

このトンボ屋さんのテーマは、『飛んでいるトンボ』なんだそうです。

5種類くらいいたトンボたちの縄張り、それぞれの♂・♀の見分け方、

行動パターン、飛んでいるトンボの撮り方・・・など伝授され、さっそく挑戦です。

Choutonbo_3

ひらひら・・・ひらひら・・・せわしなく、でも優雅に飛んでいるチョウトンボ♂

mikolaはかろうじて、これ一枚だけsweat01

Choutonbo_2

チョウトンボ♀  この色合いにshoumaは魅了されたようです。

Mitai_2

こちらは♂と同じ色だけど♀。

そんな個体でも、トンボたちとトンボ屋さんは瞬時に♂♀見分けます。

波紋や争い方が、そのヒント。トンボの気持ちもわかってくると面白いっ!

「ちゃんと写れば、飛んでいるトンボの筋肉までわかるものが撮れるよ」

と、トンボ屋さん。すごすぎる・・・shock

Shiokaratonbo

30分もたたないうちに暑さでひなてく隊はダウン。

トンボ屋さんと別れを告げ、東屋で涼んでいると、シオカラトンボも月の形。

Ginyanma

相方はウィ~ンとまるでモーターがついているように滑らかに飛んでいる

ギンヤンマの姿にも魅了されていました。

そうそう、トンボの池といえば・・・

Kaitsuburi

この方、カイツブリ。今年も子育て真っ最中。親が水に潜ると

ヒナが「ここにいるよ~!」とばかり、ひゅるひゅるひゅる…と鳴き声をあげます。

去年のカイツブリとトンボたちの関係はこちら↓

『トンボの池再び1~3』

http://hinatatekuteku.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/1-af78.html

 トンボ屋さんによると、トンボがカイツブリに食べられ、カイツブリのヒナが

カワウに食べられたそうな。

何というか…生きる鎖は想いなんて軽~く越えて、脈々と。連綿と。

« エナガの子 | トップページ | ホタル見ナイト2010 »

コメント

おお、飛んでるトンボ凄いな〜。

流石・・・、お見事です。good

大工のハルさん
 お帰りなさ~い。
飛んでるトンボ、だんだんトンボとトンボ屋さんの気持ちがわかってきておもしろかったです。
鳥も難しいけど、トンボはもっと難しいかもcoldsweats01

寅さん
 もったいないお言葉ありがとうございます。
相方が喜びます~happy01

チョウトンボですか?
蝶かと思いましたcoldsweats01

まだまだ知らない生き物が沢山いるんだ?
と勉強になります。

こんなふうに写真撮れるようになりたいな~up

いつも写真のすばらしさに関心しています。
自分も、もっとうまくなりたいものです。

トンボ屋さんとは...
しかし自然観察の世界は広いですね。

かっしーさん
 チョウトンボ、全くチョウみたいな飛び方で、
色もふか~いブルーのきれいなトンボです。
 一昨年前初めて会った時、てっきりオオムラサキかと思っちゃいました。
http://hinatatekuteku.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/water_nymph.html
 それから相方はすっかり気に入ってしまい、
夏になるとトンボの池へ一度は会いに行きます。

 知らない生き物、ほんと数限りなくいますね~
この日本に!!
 かわむつ師匠によると『日本はガラパゴスに匹敵する豊かな自然の島なのに、
すんでいる人の多くが気づいていない。 』
全くその通りなんでしょうね。今さら気づきましたが。
お互い、自然観察にハマって良かったですよね~heart01

へいさん
 はじめまして。実は日記はちょくちょく伺わせていただいています。
もったいないお言葉、ありがとうございます。
相方が喜ぶと思います。

 トンボ屋さん。
トンボは停まっているものを観察するのかと思っていましたsweat02
いろいろな世界に対し、様々な切り込み角度があって、全くすごいものだと改めて思います。

いや~トンボのみなさんに涼風を運んでいただきました(^^)

水辺の風景ってほんとに飽きないですよね。
付いていきたい。。。。。(^^)

KAORUさん
 でも暑かったんですよ~!
水なんてあっという間に飲み干して。
トンボ屋さんは「皆さん持って30分ですね~」と
言っていましたが、その通りでしたcoldsweats01

 水辺は本当、楽しいですね~♪
色々な世界が展開されていて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エナガの子 | トップページ | ホタル見ナイト2010 »