« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月28日 (土)

夏の学び舎~♪~めだかのがっこう~

 『めだかの学校』が昨夜、東京・京橋のIsland Gallery で開催されました。

この夏、Island Gallery 写真展「水」とThink the Earthプロジェクト「みずのがっこう」が

コラボされて色々な企画が行われています。(詳細はこちら→http://islandgallery.jp/

『めだかのがっこう』は、その中の一つ。

Kyoushitsu

素敵な教室でしょう~heart01

Teacher_4 先生はこの方、かわむつ先生。

先生が調査された川が日本地図に反映されると、教室から一斉にどよめきの声が

上がります。文字通り、日本全国coldsweats02

 写真と映像、そして楽しい仕掛けの授業。

メダカの形、鰭の形の意味、生息地、生息条件、生活。

よく知っているはずの身近な魚、という常識が見事に崩れます。

 メダカの何気ない生活から出る、細かい細かいシーンの数々のスーパーショット。

こんなの、絶対他では見られません。だって普通見分けられないし、一瞬で撮れません。

 小さな小さな卵の中で育っていく、これまた小さな小さな…命の写真。

写真を撮るのもすごいけれど、この小さな卵の中で幼体?を判別するのもすごすぎる…shock

 世界各国のメダカや、突然変異のメダカ(観賞用でいるそうですcoldsweats02)のことも。

 そして、遺伝子を乱してしまうため、絶対にやっていはいけない放流。

「一度ヒトが飼ったものは、『ペット』です。絶対に放流しないでください」

その地の、その川の遺伝子ではない、ペットメダカ・ペット魚が何も考えずに、

あるいは「数を減らしているから…」という『保護』や『教育』という名目で放流されているそうです。

それって、『自然』の『たくましさ』とか、『懐の大きさ』に甘えていること。でも、『はかない』面もある。

mikolaはその面には敏感で入れるよう、努めようと思いました。できるかな~~~coldsweats01

 「環境があれば、メダカは復活する。保護すべきなのは、環境」

shoumaはこの言葉が一番心に残ったそうです。

 Wind_from_hawaii

 Island Gallery では今、池澤夏樹さんの『カイマナヒラの家』の写真家、

芝田満之さんの写真展が行われています→詳細はhttp://islandgallery.jp/536

池澤夏樹さんファン、必見ですよ!!!

小説の中に吹いているのと同じ風が、ギャラリーに吹いていますよ~happy01

   

2010年8月25日 (水)

めだかのがっこう

 08_medaka

『ひなたてくてく』でも人気の、かわむつ師匠の授業が、

なんと!!京橋のIsland Galleryにやってきま~す♪

題して、「めだかのがっこう」。

詳細はこちら→http://islandgallery.jp/564

幼いころ、川で採ったり、学校で飼ったり。

み~んなの記憶の中で泳いでいるメダカ。

でも意外と知らないメダカのくらし。

ギャラリーに水槽が設置され、師匠の素敵な写真も見られるというウワサです。

この夏最後の冒険に、出かけてみませんかhappy01

因みにひなてく隊はshouma隊長の発案で、一目でわかる格好をしていきますthinksweat01

どうぞ避けないで下さいませ…coldsweats01

                        たまにはおしゃれがしたいmikola拝sweat02

2010年8月19日 (木)

7月のミヤマホオジロもといっ!!アオジ

なぜ今さら7月のお話かと言うと、写真整理をさぼっておりましてsweat01

7月にお山で会ったのは…

Miyamahoojiro

ミヤマホオジロ!?!?!?もといっsweat01 アオジだそうですcoldsweats01

なんで冬鳥が7月になってまだいるんだ~っ!?

訂正の詳細と言い訳はコメント欄をご覧くださいませ♪

どんさんお忙しい中、ご教授ありがとうございました~happy01

2010年8月18日 (水)

シカの親子

 ちょっと前、お山で会ったシカの親子。

Oyako

山道はこの方々をぐる~っと周りこむように作られていて、

ひなてく隊はハハシカを、ず~っと緊張させる羽目に。

ごめんよ~sweat01別にイジワルしているわけじゃないんだってばsweat02

コジカは隠れているのに飽きてしまい、ちょっぴり覗いてみましたとさ。

2010年8月17日 (火)

お山でけが人保護

 冷房でなまった体を慣らしに低山散策。荷物は軽~く、

でも自己流救急セットは詰めて…と歩いてすぐに崖から落ちた

子どもに遭遇。保護対応となりました。

身内は茫然自失、管理事務所も主体となる故に混乱、

第3者で場数を踏んでるひなてく隊は落ち着いていますが、

野外・お山で、知らないヒトたちとの救急対応。

色々と勉強になりました。

 荷物は軽くしたい!けど、例え整備された低山へ行くにしても、

大事なものは省かず持っていかなきゃなあ~・・・

自分で使わなくても誰かの助けになるかもしれない・・・

ほんっと、こういう時、お山の中は何にもないからね~←当たり前coldsweats01

Battanoonbu

オンブバッタ~♪と喜んでいたら、世の中には『オンブバッタ』という名のバッタが

いるのですね!?

これは…トノサマバッタ??がおんぶしている状態、というのでしょうか・・・

因みにおんぶは交尾中、らしい??あ、常識~???知らんかった・・・coldsweats01

Botandzuru

ボタンヅルとセンニンソウの区別が今一つつきませんが、

秋にはふわふわになるんですねhappy01

マタタビもいっぱい実っていました。

Yamayuri

まだヤマユリが咲いているところが涼しいお山らしい。後ろは

シカさん好物アカソです(たぶん)。

Suminagashi

スミナガシにばったり、ラッキ~♪と思ったら、この方あまり元気がなく。

Kawagaki

帰りには川ガキさんたち発見。涼しそうでいいな~heart01

2010年8月16日 (月)

エグザイルなキリンと灯火採集

 残暑お見舞い申し上げま~す♪

暑さ・寒さに弱いひなてく隊、うろうろしていますが写真整理ができず、

またまた夜の動物園のお話。

Shokuji

 この日はキリンのお食事風景を見ながら、のんびり生ビールbeer

テーブルにはランタン、頭上の桜の木からはヒグラシ、アブラゼミと

ツクツクボウシの声が降ってくるという、最高のロケーションですhappy01

飼育場の樹上では、アオどん(アオサギ)たちがバサバサとねぐら入り。

それを見て「あ!フラミンゴ!!」と叫ぶ女性。

さすがのTAMA ZOOでも、それは放し飼いにはしていないでしょうcoldsweats01

Exile

こんな、エグザイルなキリンも見られたりします!?

Mikazuki

月齢5.0の月が傾きかけた頃、

Annai

こんなことが始まりました。

Toukasaishu

灯火採集観察。蛍光灯やブラックライトをシーツにあてて、飛んでくる虫を

調べます。この時はカナブン一匹、カメムシ一匹、羽アリなど。

20時位が多くなるそうで、調査の時は一晩中のんびりお茶などしながら、

お目当ての虫が来るのを待つそうです。

う~ん、ひなてく隊詰所の玄関は毎晩灯火採集しているのとおんなじだわね…

良くも悪くも。

今晩もコクワガタがきているし。

虫たちを狙って、コウモリやクモ、フーナ(ヤモリ)も来ます。

2010年8月12日 (木)

夜の動物園

sign03Photo 夜の動物園に行ってきました。

昨年はサタデーナイト@Tama Zooでしたが

今年はサマーナイト@Tama Zooにパワーアップ!

土、日曜日開園に加えエリアも拡大していました。

そして、、イベントやガイドもあちらこちらで行われていたのですが、ひなてく隊の目的は「動物の夕ごはん」です。

 

Ookami_3 Tanuki_3

今回はオオカミとタヌキの 夕ごはんをガイドさんの解説付きで観察しました。

他にキリン、カワウソなども行われいるのですがほぼ同時刻に行われるため断念!カワウソのお食事風景を見たかったな~!

そして日没近くになるとこんなのぼりが・・・

Koumori1 「こうもりを観察しよう」なるイベントの始まりです。

ライオン園上空を飛ぶ野生のアブラコウモリの様子を飼育職員と一緒に観察するのですが、これがすごい人気でのぼりがたち始めるとあっという間に黒山の人だかりです。コウモリの扮した飼育職員の方々が詳しい解説に加えコウモリの声?を聞かせてくれます。

コウモリの乱舞を楽しんでいるといつの間にか日が暮れて・・・

次の目的はと申しますと

Beer やはり、これでしょうbeer

子供から大人まで楽しめる、夜の動物園でした~。

また行くゾ~(象)

2010年8月 6日 (金)

HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-

Photo_2

ふと立ち寄ったところでこんなもの発見。
プラネタリウムのプログラム告知ポスターです。
今更?と思いになる方もいらっしゃるでしょうが
行ってきました。開場10分ほど前に現地に到着。1番に入場口に立つと
次から次へと人が集まり開場時には100名程の列が!しかも大人ばかり。すごいです~。
そう言えば、どこかに「大人気のため延長投影決定!」って書いてありました。
いつも閑散としている(ごめんなさい)このプラネタリウムがほぼ満席!

開演です。

はじめは定番の今夜の星空。(←ちゃんと聞いておくと帰ってから楽しめるのだ)
そして始まりました~。こんな感じです。(予告編)

いや~!感動しました!
感動のあまり、ひなてく隊全員(2名ですが)涙がとまらず席も立てず・・・。
他のお客様も結構、ウルウルで皆さんハンカチで涙をぬぐっていました。
また、全天周映像なるものもすごいです。
自分もハヤブサと一緒に宇宙空間を漂っているような錯覚に陥りました。
Photo_3
今まで幾度も見ている模型なのですが番組を見終わってから見ると何故か違うものに見えてきます。(ハヤブサ1/5、ターゲットマーカー1/1、イトカワ縮尺不明)

この夏、感動したい方はプラネタリウムへGOです。

*現在、全国各地のプラネタリウムで地球帰還後の関係者のインタビューを加えた番組が公開されているようです。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »