« エグザイルなキリンと灯火採集 | トップページ | シカの親子 »

2010年8月17日 (火)

お山でけが人保護

 冷房でなまった体を慣らしに低山散策。荷物は軽~く、

でも自己流救急セットは詰めて…と歩いてすぐに崖から落ちた

子どもに遭遇。保護対応となりました。

身内は茫然自失、管理事務所も主体となる故に混乱、

第3者で場数を踏んでるひなてく隊は落ち着いていますが、

野外・お山で、知らないヒトたちとの救急対応。

色々と勉強になりました。

 荷物は軽くしたい!けど、例え整備された低山へ行くにしても、

大事なものは省かず持っていかなきゃなあ~・・・

自分で使わなくても誰かの助けになるかもしれない・・・

ほんっと、こういう時、お山の中は何にもないからね~←当たり前coldsweats01

Battanoonbu

オンブバッタ~♪と喜んでいたら、世の中には『オンブバッタ』という名のバッタが

いるのですね!?

これは…トノサマバッタ??がおんぶしている状態、というのでしょうか・・・

因みにおんぶは交尾中、らしい??あ、常識~???知らんかった・・・coldsweats01

Botandzuru

ボタンヅルとセンニンソウの区別が今一つつきませんが、

秋にはふわふわになるんですねhappy01

マタタビもいっぱい実っていました。

Yamayuri

まだヤマユリが咲いているところが涼しいお山らしい。後ろは

シカさん好物アカソです(たぶん)。

Suminagashi

スミナガシにばったり、ラッキ~♪と思ったら、この方あまり元気がなく。

Kawagaki

帰りには川ガキさんたち発見。涼しそうでいいな~heart01

« エグザイルなキリンと灯火採集 | トップページ | シカの親子 »

コメント

おぉ~。いざという時、即席救急隊やれる人になりたいと思います。
さすがひなてく隊♪
低山でもけっこうそういうことってあるんですね。
近くにひなてく隊がいてこの子はラッキーでしたね。

つぐみさん
 つぐみさんなら傍にいらっしゃるだけで、
そのオーラでケガを治しちゃいそうです。

 まず何よりも大事なのは、ケガした本人や
周りを落ち着かせることですものね。
mikolaにはそういったオーラがカケラもなしっsweat01
こればかりは技術でカバーしきれるものではありませんcoldsweats01

 しっかしほんっと、何が起こるか分からないものです。
それはどこにいても、もちろんそうなのでしょうが。
救助される側に回らないよう、準備できるものはしておこうと思いました。

素晴らしいですね。さすがです。救急セットを持ち歩くとは。フィールドワーカーの鏡です!私も何度も大きな怪我してますが、その時は次は持っていこうと思うんですけどねぇ。
 途中の写真、ボタンヅルだと思います。花はよく似ていますが、葉っぱの形が違います。
 オンブバッタは頭が三角形のショウリョウバッタを3cmくらいに小さくした感じのバッタ。田圃の縁なんかによくいますよ。写真のはフキバッタの仲間ですね。

あれっ!名前書く前に飛んじゃった。(最近PC代えたので不慣れ)↑

かわむつさん
 おお~!師匠、パソコン変わったのですね、ついに!!(失礼coldsweats01
う~ん、救急セットは職業病の一環かと…sweat02
かわむつさんのケガに対応できるかどうかは、
大いなるギモンでございます。
すごそうですもんね、師匠のけがってsweat02
 ボタンヅルでしたか。センニンソウかな~と思いつつ、
葉っぱ今度から注意して見てみます。
フキバッタ、というのもいるのですね。
子どもの頃捕まえていたのはショウリョウバッタだったと
去年知ったmikolaにはレベルが高すぎます…

私は絆創膏くらいしかもっていってないです。
低山でも危ないところはありますからもう
少し考えたほうがいいですね。でも使いこな
せないかもweep

最近、蜂に刺されたので教訓としてポイズン
リムーバーはザックに入れてます。

へいさん
 絆創膏だけで、いろいろなところを歩けてしまう
へいさんってすごい!!
捻挫までもが心配なので、テーピングまで持って歩いてます、mikola。
だっから荷物が重いんですよねえ…sweat02

 山荷物だけでなく、通勤用デイパックにまで
シップやらホカロンやら、一通り入ってます。
いつでも職場放棄してどこへでも行けます!?coldsweats01

 ポイズンリムーバーは持ち歩いていない時
(都会へ御出掛の時)に限ってハチに刺されます。
なぜだあ~~~crying

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エグザイルなキリンと灯火採集 | トップページ | シカの親子 »