« ワイルドライフツアー・ニホンジカに迫る③ | トップページ | コガモ到着 »

2010年10月23日 (土)

ワイルドライフツアー・ニホンジカに迫る・④最終回

 朝食後、昨晩、シカの声を堪能した半月山(勝手に命名)へ。

明るくなった山は、暗い時の印象と大違い。着くや否や響くはサルの声。

Darekatabeta_2 Kumatsume_3 

左・大きいキノコを誰かが食べた痕。サルもきのこを食べるそうです。

右・ クマが木を登った爪痕

シカだけでなく、いろいろな動物のサインを見ながら進みます。

Nutaba_2

そして、何世代ものシカが使ってきたヌタ場。去年よりヌタッてました。

ここに来ると聖地に来たような、敬虔な気持ちになります。のに!

大馬鹿ヤロウなmikolaは手を突っ込んでしまいましたshock

後から、シカさんたちが使わなくなってしまったらどうしよう!!と気づきましたが、

文字通り、後の祭りannoypunch

どうかシカの神様、またシカさんたちが使ってくれますように…crying

Imgp2266

遠くから、「フィ~ヨ~」と♂シカの縄張り宣言の声が響きます。

シカ道を辿っていると、この奥で♀シカ発見。

慌てた♀シカが山を下り、すぐさま「フ~ンッ!」と♂の威嚇?の声が響きます。

すごいっ!!今、まさに、昨夜聞いた声の主たちが真近にいるんだあ…coldsweats02

Kinoko

きれいなキノコも生えてました。今年は今頃きのこが豊作なのだそうです。

Shiraberuhitobito

みんなできのこの名前を探索中♪

Shikahakken_2

更にシカ道と声を辿ります。

すぐ近くで声がしても、こちらが近付くとあちらは気づいてそっと離れ、

違う所から声がする。

そんなことを繰り替えし、ついに!!♂シカが走り去る姿が!!happy02

Tsunotogi

シカの去った場所に行ってみると、かなり激しい角とぎ跡。

ただ今めちゃめちゃホットな、縄張り主張が繰り広げられてます、半月山karaoke

 ついに大西さんが奥の手を使います。

期待を持って前方を見つめいていると、一頭のシカが、静かに様子を見に来ました。

でもヒトだと気づいて、さっと身を翻し、山の奥に消えていく。

大きな、立派な角を持った♂シカ。

彼が去ってすぐ、大きな声が響きました。

フィ~~~ヨ~ フィヨ!

その独特な鳴き声は、間違いなく昨晩聞いたシカのものでした。

とうとう、会えたのですcrying

Kaerimichi_2 

 帰り道。

森を抜けると、シカワールドからヒトワールドに戻った気が、確かにしました。

 いつもいつも、ばったり会っていたシカ。

フィールドサインを見、分析してそのシカ個人(?)に会う、という体験は初めて。

そうしてみると、害獣シカ族ではなく、ヒトのようにシカもそれぞれなんだ。

 去年は井上さんから教わっても、どうしてもわからなかった、

この時季の♂シカの匂い。今年はめでたくわかりましたgood

 スタッフのみなさん、参加者の皆さん。

充実した楽しい二日間を、本当にありがとうございましたheart01

そして、長~い拙文を読んでくださった皆様、ありがとうございました。

おまけ・・・

Kumafun

半月山には、ほかほかのクマフンもありましたよ。

今年は里に近い、浅い森にもクマがいるそうですね。

軟弱・て~げ~なひなてく隊も、森はヒトワールドでなく、みんなワールドなんだと、

心して秋を楽しもうと思っておりますcatface

                                    おわり~heart

« ワイルドライフツアー・ニホンジカに迫る③ | トップページ | コガモ到着 »

コメント

mikolaさんの二の舞にならないように、

よいおばさんはおうちでクマのうんちをながめながら、

大自然にそっと抱かれた気分に浸ります(^^)

もう~シカのオスの声なんか聴いた日には、

若返るんだろうなぁと指くわえつつ。


mikolaさん、お元気ですか?

KAORUさん
 ぷぷぷ。好奇心が強すぎてちょっと失敗。
シカのおしっことか入ってますが、
ちょうどよい頃あいのペースト状でした。
パックで塗ったら良さそう!?
 シカの声、耳に残るんですよ。家に帰って来ても、
シカがあちらこちらで鳴いている気分。
 方々でご無沙汰しておりますが、おかげさまで元気にしております。
ただ太っちゃって体が重~ぃ。すぐ疲れるcoldsweats01
これから鳥見もよいシーズン、せっせと歩いております。

大変おそくなりましたが、
ご参加ありがとうございました。
私自身も、一緒にシカを探して
森を歩いてワクワクしました。
あの、近づき方が一番楽しいですね。
時間があればもっと奥に行ったのですがね。
もっと追い詰めていくと更に楽しいですよ。
今度の秋は是非!

いつか皆さんと調査地も行きたいなぁと思います。
個性豊かなシカをたちを紹介したいです。

しかし今は、現実に飲み込まれて
あっぷあっぷ溺れています(泣)

フィーヨーさん
 おかえりなさ~い。その節は大変お世話になりました。
すっかりシカモード全開で、クリスマスカードをもらっても「シカだ!」と叫び、
「トナカイだろ」とshoumaに突っ込まれておりますsweat02

>しかし今は、現実に飲み込まれて
>あっぷあっぷ溺れています(泣)

 溺れてもフィーヨーさんならきっと、
イヌカキならぬシカカキができるに違いないっsmilescissors

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワイルドライフツアー・ニホンジカに迫る③ | トップページ | コガモ到着 »