« 多摩クラフトフェア | トップページ | ワイルドライフツアー・ニホンジカに迫る② »

2010年10月20日 (水)

ワイルドライフツアー・ニホンジカに迫る①

10月16~17日、山梨県早川町南アルプス邑野鳥公園の

『ワイルドライフツアー・ニホンジカに迫る』へ参加してきました。

Fujisan

中部横断自動車道、富士山と波打つ雲が綺麗。

早川町に入ると、シカの声が富士川の対岸より「フィ~ヨ~~」と響いてきます。

う~ん、秋mapleconfident

Hoojiro

shoumaはホオジロと、なんと!ジョウビタキに会ったそうです。

もう渡ってきているんだ~♪冬鳥。

Text_2

ツアーのテキスト。左が去年のもの。

毎年集めると金華山のシカさんシリーズになるとか♪

ガイドは大西さん、井上さん、インターンのIさん 。

先ずは講義。去年聞いて忘れていたことや、一年間抱えていた疑問、

そして新たな知識で、脳細胞がプチプチ活性!!

フィールドでは、シカの生活している場所を辿ります。

Tsunotogi_2

角とぎってこんな感じ…早川のシカが選ぶ木の特徴や、

角を研ぐ前に周辺の環境を整えた様子(シカなりに♪)などなど聞いて。

シカがどんな顔してこれらの行動をしているのか想像すると、

面白くってたまりませ~~んhappy01

Dry_wallowing

ドライワローイング(dry wallowing)。乾燥しているぬたうち場。

どちらの方向からシカがやってきて、首をこすりつけて、と痕跡の見方を

習います。

 大西さんに付いて、枝やツルに引っ掛かりながら、シカ道を辿る一同。

抜けて振り返って見ると…

Shikamichi

こんな藪の隙間でしたsweat02

早川のシカの皆様。

来年のツアー前は、もうちょっと通りやすい場所で、縄張り主張をお願いしますcoldsweats01

                       ②へつづく~capricornus(シカのつもり)

« 多摩クラフトフェア | トップページ | ワイルドライフツアー・ニホンジカに迫る② »

コメント

ツアー中はありがとうございました。
おかげで楽しい2日間になりました。

山を歩いていると、ぬたうち場などをよく
見るのですが正直そんなに関心がなかった
です。でも今回のツアーのおかげで動物が
どんな行動をしたのか想像できるように
なり山での楽しみが増えました。

藪こぎ結構楽しかったです。
でもクモの巣にかかるのはちょっとhappy02

へいさん
 こちらこそ大変お世話になりました。
楽しかったですね♪
 山でフィールドサインを見て、
どちらに行ったとか、
何していたかとか、
さっとシカさんたちをプロファイリングできるように
なりたいなあ。
去年よりはすこ~し前進しましたが、まだまだ
道のりは遠そう…
 今回の藪こぎは起伏がなかったので
ましなほうですかね!?coldsweats01 

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多摩クラフトフェア | トップページ | ワイルドライフツアー・ニホンジカに迫る② »