« ハヤブサと紅葉谷 | トップページ | ホシガラスの日 »

2010年11月25日 (木)

オシドリとヤマセミ

紅葉に夢中になっている方々を横目に湖を見ると、

そこにいたのは見たこともないくらい!!たくさんの、

Oshidori

ツタンカーメンのような派手♂のオシドリ(♀は茶色)。

50羽まで数えましたが、それ以上は分からなくなりやめましたsweat02

双眼鏡で見ていると、おば様方がひそひそ。「なあに?あの子・・・」

無理もありません。なんたって…

Hogoshoku

大群で飛びまわっても、全~く気づかれない、見事な保護色sweat01

Hishou

黄葉のなか、色鮮やかなオシドリが飛びまわり、

Hishou_2

まるで王朝絵巻のようです…と力説しても、ひとっつも伝わらないですねthinksweat02

Chakusui

おまけになあんと・・・

Yamasemi

ヤマセミ♂まで現れたcoldsweats02

豪華すぎる湖で、驚きの余りひっくり返るかと思いましたbearingsweat01

« ハヤブサと紅葉谷 | トップページ | ホシガラスの日 »

コメント

ツタンカーメンはけっさくでしたhappy01
これからオシドリを見るたび思い出し笑いしそうです。

生まれかわったら鳥になりたいと、

鳥になって自由に飛び回りたいなぁと、

それで国境もなく、弾からも逃れて山に溶け込みたい

なんて思えるような、山の色ですね。

なかなか、自然の中へ行けないけど、都会でも落ち葉のメルヘンに浸っています。

だけど、鹿の鳴き声はいつか聴きに行こうと思いますよ。

今年の秋は紅葉の色がぐっと濃く感じるんだけどいかがですか?

へいさん
 鳥見始めた頃は、ガビチョウだって『クレオパトラ』と呼んでいたものです。
今じゃあ『ガビ~』。格下げですcoldsweats01

KAORUさん
 国境も弾もヒト科ヒト属ヒトが作ったものだから、
元々ミンナには関係ないことなんでしょうね。

 トリさんも日々大変そうですけど。
楽~に生きられる命はないんでしょうね。

 捕って食われなくなった分、
ミンナより楽しているのならば、
ヒトもどこかで、それぞれのキャパいっぱいに、
生きるようになっていたりして!?

 今年の紅葉は濃いですかあ。
ひなた山もいつもよりきれいかな??
ちょっとは心を落ち着けて見ないと、
KAORUさんのようには、微妙な変化が
わからないのかもしれませんcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハヤブサと紅葉谷 | トップページ | ホシガラスの日 »