« 初心者のためのバードウォッチングツアーⅠ | トップページ | 冬のバードウォッチングプラン »

2010年12月21日 (火)

初心者のためのバードウォッチングツアーⅡ

Yoake

夜明けは紅七面山となりました。ヘルシー美里の校庭はまっ白に一面の霜!

First_field Yamagara

 出発してすぐに飛んでいくトリ。「ヤマセミ!!」どんちゃんが教えてくれます。

わ~ぃ、2日連続でヤマセミに会っちゃった♪ラッキ~!!

最初のフィールドでは、ジョウビタキ、カラ類の混群、そしてサル2頭に会いました。

Benimashiko

次のフィールドで会ったのはホオジロ、カシラダカ、カヤクグリ、そしてベニマシコ。

↑これは赤~い♂(ちと遠いcoldsweats01)。

Benimashiko_2

こちらはメス。みんなが食べているのは…

Seitakaawadachisou

ススキやセイタカアワダチソウの種。 しまやんさんも言っていたけど、

本当にこんな小さな種で、よくお腹がいっぱいになるな~という感じ。

外来種で悪名高いセイタカアワダチソウも、こんなところで役立ってたりします。

名前の由来はもしかして、種が泡立っているような、ふかふかな様子からかな?

Tonbo

凍えそうな気温なのに、トンボもいました。成虫の姿で越冬する種類もいるそうです。

Ocha

どんちゃんとしまやんさんがお茶を入れてくれます。

外でみんなで飲むお茶は、美味しい~~heart01

3つ目のフィールドでは、ジョウビタキ♀、モズ、コジュケイなどに会いました。

フィールドの自然環境によって、生息しているトリの違いをよ~く観察できました。

ヘルシー美里の食堂で、お昼の後ツアーの感想を書いている間、

やけにカラスの鳴き声がします。

すると、「クマタカ!!」とどんちゃん。

またまたあ~なんて思って顔を上げると。

食堂の天井近くの窓から、つりさげた模型のようにクマタカが見えます。

「!!!!」

ど肝を抜いて駆け寄ると、ヤマダさんが貸してくれたサンダルで外へ飛び出ます。

裏山の、山の端から、まるで満月が昇るように、でっかいクマタカが現れては

旋回して消えます。

いつもはるか上空を飛ぶクマタカの模様が、至近距離でくっきり。

下の写真は、もう上空高く上がってから撮ったもの。

Kumataka

Kumataka_2

最後の最後まで、どんちゃんの超能力炸裂~な、幸運なツアーでした。

スタッフのみなさん、参加者のみなさん、充実した時間をありがとうございました。

これからも早川から、目が離せませんね♪

« 初心者のためのバードウォッチングツアーⅠ | トップページ | 冬のバードウォッチングプラン »

コメント

野生動物、野鳥と盛りだくさんのツアーだったみたいですね。
参加できなかったこと残念です。この日は伊豆でイノシシを食べてましたsmile

最後のクマタカ、どんちゃんの鳥能力おそるべし!ですねshock

本日はご参加いただきありがとうございました。
渋滞につかまらず、ご自宅にお着きになられたでしょうか?

ツアーの時のクマタカですが、私の能力というよりも、カラスのおかげですね。
(私も興奮してしまって、お恥ずかしいところをお見せしましたsweat01
野生動物の気配にはやはり野生動物のほうが敏感ですから。

あの子は何やってるのかな?という疑問をもって観察するのが次の出会いにも
つながるような気がします。
後は、自分自身が野生に戻るとか(笑)
私の場合は、感の冴えてる日というのがありますが、ひなてく隊のお二人は
どうでしょうか?

また、オオコノハズク、リベンジおよび早川哺乳類コンプリートに来てください。
お持ちしていますsign03

へいさん
 お返事遅くなりましたm(_ _)m
そうそう、みんなで「へいさん来ないのかな~」
って言っていたんですよ♪
牡丹鍋ですかあ。それは来れないですね~coldsweats01
クマタカ、びっくりしましたよ!!
どんちゃんの野生のカンのパワーを
目の当たりにした2日間でしたhappy01

どんちゃん
 またまたお邪魔してすみませんでした♪
でもの~んびりとでき、むらっちさんやどんちゃんの
ガイドにも癒され♪
これで忙し~~~ぃ年末年始を乗り切るパワーを
戴きましたhappy01
(ひなてく隊は盆暮れ正月は仕事することにしているのです。
平日休みが欲しいからbleah
これからは、ミンナの行動をじっくり見て、
ジェダイマスターどんちゃんのように、フォースが
強くなるといいなあと思います。
May the Force be with you!(←star wars世代だったりするcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初心者のためのバードウォッチングツアーⅠ | トップページ | 冬のバードウォッチングプラン »