« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月22日 (土)

イカルの前向き

 今冬はイカルによく会います。

1ikaru

イカルで好きなのは、

2ara

この顔↓

3nanika

前向き~っ!!正面顔heart01

4goyou

と~ってもユーモラス!!たまりませ~んhappy01sweat01

5kashira

『ネズミ~ランド』(ⓒまっちゃん先生)のことを、うっかり『張りぼてランド』と呼んで

オトメな後輩たちに顰蹙を買うmikolaですがcoldsweats01

イカルはいつか絶対、ネズミ~のキャラクターになるんじゃないかと思います♪

2011年1月20日 (木)

シカたち

去年の晩秋、あちらこちらで出会ったシカたち。

Photo

立派な角を研いである♂2頭と、♀2頭。メスは親子っぽい。

どういう関係性なんだろう??

♀がまだ発情しそうで、はぐれ♂たちが後をついて回っているのか・・・

Only

この方は、完全に一頭で移動していました。

この地ではまだ発情期が少し続いていたようで、なわばり宣言の声(それも4声!)

が谷に響き渡ったりしていました。

私らのことなんかには、目もくれない♂に会ったり…

Wakaimure

こちらは若~い♂の群れ。5頭しか写っていませんが、6頭いました。

後ろの藪には、よ~く見ると立派な角の方がいます。

Mure

山の中で会った♀の群れ。20頭近くいたでしょうか…

林をよ~く見透かすと、ずら~っとメスがいて、あちらも驚いたでしょうが、

ひなてく隊もギョッとしましたcoldsweats01

Natugeato

なんとなく夏毛の跡が残っています。

Oyako

こちらの親子に会うのは多分2度目。同じ山の同じ高度にいたので、多分

同一個体かなあ??

夏に会った時は、じ~っとして隠れていたのに、

冬の前に会った時は、母親が警戒音を上げ、2匹で軽やかに逃げて行く様子を見て、

子シカの成長を実感した次第。

 早川町南アルプス邑野鳥公園のワイルドライフツアーで

教わったことを、フィールドで当てはめて考えようとするのですが、

頭の中は「???」ばかり。

シカたちをプロファイリングするには、まだまだ修行が足りません…coldsweats01

2011年1月19日 (水)

コジュケイ

Kojukei_2

コジュケイ。

Photo

もう一羽やってきた。

Photo_2

こっち来るのも…

Photo_3

あっち行くのも…・

いつも一緒、すべてシンクロ~♪

2011年1月15日 (土)

ひなた山のルリビタキ

朝、ヒ・ヒ・ヒ…という声が聞こえてきたので、前々回会ったルリビタキの♀

かな~と窓に目をやると。

Ruribitaki_2

窓を開けるのも無理なくらい、すぐ目の樹にいましたshock

昇ったばかりの太陽 を見て、体を温めているような様子。

ボヤ~っとしているのは、朝もやではなく、我が家の窓が汚れているだけですsweat02

2011年1月14日 (金)

ひなた山のアオゲラ(×2)

朝、目覚めて窓を開けるとどこからか
コンコン、コンコン、コンコンコン・・・・・・・。
「もしかして」と思いコンデジ片手に外に出ると
いました、いました。
Img_3180af

しかも2羽。♂♀です。夫婦でしょうか?

♀はせっせと食材を探している様子。
Img_3167af

♂はお得意の大工仕事に励んでおりました。
Img_3174af

そんなアオゲラ夫婦を見て
「そろそろ、仕事に行かなくては!」と現実に戻るshoumaでした。

先日、mikolaのジャケットに鳥糞が着いてから鳥運上昇中らしい。
動画もあります。


2011年1月13日 (木)

ルリビタキと地面のアオゲラ

 ひなた山にルリビタキの♀現る~…というか、ずっといたみたい。

渡ってきてすぐの時にジョウビタキ♂がいたので、ヒ・ヒ・ヒ…と鳴いても

てっきりジョウビタキだと思い込んでいた。しばらく鳴き声だけだったのが、

久しぶりに姿を見せてくれたら、ルリビタキだったsweat02

灯台元暗すぎる~っsweat01

…で、こちらは違うところで会った

Ruribitaki

ルリビタキ♂。

Ruribitaki_2

きれいな♂に癒されていたのがshouma。そのころmikolaは

Aogera

地面にアオゲラ♀発見。

アオゲラ=木の上、と無意識に思い込んでいるもので、最初はハトかと

思っちゃいましたsweat01

Aogera_2

ちょっと歩いては、葉っぱをひっくり返していました。地面の虫を食べているのかな?

しばらく地面にいましたが、どわ~っとこちらに向かって飛びっ!

Aogera_3

後ろの樹にとまりました。う~ん、やっぱり樹上にいてくれたほうが、見ている方も

安心かもcoldsweats01

2011年1月12日 (水)

シロハラの恩返し??

センダンの樹にヒヨドリが来たな~と思ったら、

Shirohara_on_sendan

シロハラが混ざっていました。

ヒヨちゃんたちは止まる時ひーっ!!と鳴くのですが、無言でとまるのがこの方。

皆さん、センダンの白い実を丸飲みsweat02

その後地面で落ち葉をひっくり返しているシロハラを見ていると、

「何見てんですか?」と御年配の男性に大声で尋ねられる。シロハラです、と答えると

「へえ?シロハラ??そんなの見て、面白い?」と鼻で笑われる。

その上、「枝の上にいるの?地面にいるの?」

…地面です、と答えると一言。「そんなの撮ったって仕方ないな」

ここでぶちっと、mikolaのクモの糸より細~ぃ堪忍袋の緒が切れる。

シロハラ見て悪いですかっ!トリに貴賤はないでしょっ!自分の物差しを

ヒトに押しつけるのは年配者といえども、失礼ですっ!!と怒ったかどうかは

皆様のご想像にお任せするとして・・・think

shoumaが現れると年配男性、そそくさと退散。

けんかっ早いmikolaと違い温厚だけど、なんたって見た目が怖いからねsweat01

でshoumaに事情を説明していると、ポトリと音が。

シジュウカラのフンが肩に落ちてきたcrying

「ほらね、年寄りに優しくしないからバチが当たったんだ」

とshoumaに笑われ、拭いてもらっているうちにタッタッタッと軽快な音。

目を上げるとなんと、

Shiroharaaruku

シロハラ。真っすぐこちらへ歩いてくる!

あっけにとられていると、

Ara

目の前でとまる。

Yonda

呼んだ?とばかりにしばし見つめ合うこと3分ほど。ようやく飛んでいった。

・・・何だったんだろ、今のシロハラ。

mikolaの声が聞こえたんだろうか。

 トリフンがついたから(消毒しました、もちろん)その服を着ると

トリ運がついている気がするちゃっかり者のmikolaでしたscissorshappy01

でも今度から、迷惑なカメラジジイ(あ、言っちゃった)がいても

「お年を召してからも趣味があるなんて、素晴らしいですねっ♪」と

思うことにしましょうとシロハラに誓った、寒い日のデキゴト。

レッサーパンダのクリスマス

 年明けてまだクリスマスネタか~と言われそうですが、

予告して忘れていましたので、今さら登場…sweat01

Lesser_panda

じゃんっ!レッサーパンダ。

生息地ネパールでは、ササを食べる動物を「ポンガ」といい、それが語源だそうです。

白黒のパンダと区別するため、Giant(大きい)、Lesser(小さい)という

名前になったとのこと。

以前、「多摩にはパンダはいないよね?」という意図不明な質問に対し、

「レッサーパンダはいます」と、するりとかわした方がいて、

座布団一枚っ~!と内心拍手喝さいした覚えがあります。

Tree

レッサーパンダには、リンゴとイチゴのかわいいtreeのプレゼント。

本当にかわいいtreeだったので、全体も写したのですが、

ドジなmikolaがカード一枚、dataをオシャカにしたので、写真がなくthink

飼育職員の方のセンスをお見せできないのが、残念。

Choudai

皆さん、イチゴは食べ慣れていないそうで、手つかず。

リンゴに至っては、職員さんが説明している間にも、「ちょうだいよ~っ!」と

ねだりに来るほど、大好物らしい。

動物ファンの皆様には、かわいいレッサーパンダが肩に載ってくる図なんて、

夢なんだろうなあ~happy01

Kenchin_udon

偶然にも、12月の食堂の箸袋がレッサーパンダ。

mikolaの夢は、箸袋全種類集めることさっ♪←(ちっちゃ・・・sweat01

2011年1月11日 (火)

初春の鳥たち

もう鏡開きも終わっちゃったので、初春ともいえないのですがsweat01

フィールドへ着くとぱらり、ぱらり、と音もなくケヤキの樹に、

順々に降ってくるのはイカル。

Ikaru_on_keyaki

20羽くらいの群れで、ポユポユポユポユ・・・とささやくような声で

内緒話。お目当てはすぐそばのコブシかな?

またまた咲く前に全部食べられちゃいそうです。

Sazanka

サザンカが綺麗に咲いています。

森の下の、あちらこちらに羽がたくさん落ちています。

う~ん、誰かさんのお食事場所なのかも知れません。

Ruribitaki

シラカバの樹にとまっている、きれいなルリビタキに会えました~♪

お帰り~、良く戻ってきたね!という挨拶は、ちょっと遅すぎcoldsweats01

Mejiro

メジロがムラサキシキブの実をついばんでいました。

ほとんど食べられちゃっているけれど、よ~く見ると、まだまだ残ってるhappy01

Ikaru_on_kaede_2

カエデの樹に、10羽くらいのイカルがいました。こんな実も食べるんだあ~?

と眺めていると、突如ぶわっ!!と

見たこともないような瞬発力全開で、一斉に飛び立ちます。

いつも重そうに飛ぶのに、あまりに異様。なんで???とびっくりしていると、

shoumaが「猛禽・・・オオタカだっ!!」

イカルたち、さすがよく見ています。

先刻森の下に落ちていた羽も、オオタカの捕食の跡かもね。

Hitorinokoru

…と、一羽だけ飛び立たずに残っていました。

どこの世界にもこういうヒト、いるんですねsweat02catface

2011年1月 9日 (日)

初春のオナガ

twitterにはつぶやき(愚痴りとも言うsweat02)ましたが、職場でパンデミックが起き、

元日から20時間近く働いたmikola。

はいはい、日頃の行いです。言われなくてもわかってますsweat02think

今年は予防接種していても年代を問わず感染するみたいです。

ただ、接種していないとやはり重度化するようです。

皆様も十分お気を付け下さいませcatface

 さて、油断は禁物ですが、感染が下火になってきたので、

早速フィールドへ(←早速遊ぶ)。

行く途中、住宅街で会ったのは、

Onaga_2

オナガ。

Muchu_2

一軒のお宅のトウネズミモチ?の実がお目当て。

カラスウリもなっていて、素敵な木です。

Irekawari_2

入れ替わり立ち替わり。10羽くらいの群れでした。

頭の上を飛んでいくので、お腹までばっちり見えます。

Arayotto

あらよっと。細い所へうまく留まります。

Akaimi

この方は赤い実をくわえていました。

庭木も冬は、みんなのごはん~♪

2011年1月 3日 (月)

新年のご挨拶

 おめでとうございます。

Sora_2

2011年が皆様にとって、心楽しく、健康で過ごせる年でありますようにnote

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »