« 2011年5月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年7月

2011年7月22日 (金)

シロフクロウの親子

 重さの訓練のため、カメラをザックに入れて多摩ず~まで歩き。

なんたって友人は都会のICIスポーツまでクロスバイクで行ったって言うからね。

暑さの中でも身体を鍛える。山屋はみんなちょっと壊れてます(←偏見)。

・・・ ・・・ ・・・しか~し。またもやシャリバテ。

この頃めっきり写欲が衰えたmikola。カメラってこんなに重かったっけ???

重さで動かないから、鳥屋はメタボが多いんだよっっっ(←偏見)。

Ani

シロフクロウの子どもが自立(?)してました。お兄ちゃんはなんだか強烈。

この人たち、寒いところ出身だから、暑いんだよね~、呼吸が荒い。

Sewa

弟はまだお母さんがウンチの世話をしていました。

Kaachan

お母さんは・・・

Mimamoru

常にこちらを警戒。でもね、お母さん、大丈夫。

Touchan

おとうさんが入口で、世間にもっとプレッシャーをかけているからsweat02

Ojirowashi

オジロワシも地面で涼んでいました。…っていいのかっ!

ワシがそれでっsweat01

Natsuge_2

すっかり夏毛です、じゃなかった、夏羽です。

Yukihyo

ユキヒョウのヴァルデマールも暑そうでした。そうかあ、そこが一番涼しいのね。

シンギンズのお子様が生まれたそうです。公開が楽しみ♪

初蝉

7月3日ニイニイゼミ初鳴き

7月…あれいつだっけアブラゼミ初鳴き

7月7日ヒグラシ初鳴き

でも姿を見たのはこの方が初。

Semi

昆虫少年は目が早い。さっと見つけていました。

ヤマセミ調査2011.07.10

 7月7日に鳴き始めたヒグラシが大合唱しているひなた山です。

先日は別の山を登っている時、前を歩いていた年配の男性が急に立ち止まり

途方に暮れた顔をして振り向いたので、何かと思ったらでっか~~~~いカエルが

登山道をふさいでいましたcoldsweats01

 さて、7月10日に山梨県早川町南アルプス邑野鳥公園で、ヤマセミクラブによる

ヤマセミ調査が行われました。

 夜勤明けでがっつりヒレステーキを食べ、そのままがっつり寝て、夜中に出発。

早川町に入るとフクロウの声やシカの警戒音に迎えられ、野鳥公園に着くと

満天の天の川~♪

夜明けとともにヨタカやアカショウビン、ヒグラシの声。

Chousachi

ひなてく隊の調査地はここ。涼しくて、下界に降りたくなくなったsweat01

Kajikagaeru

カジカガエルがそこかしこで鳴いていました。

この声もまた、涼を誘います。

他に会えたのは

姿:ヒヨ③、キセキレイ、ミヤマカワトンボ②、カワガラス、ミソサザイ①

カワガラスはひなてく隊に気づくと、その周辺だけ山に入り、すぐさま戻ってまた

何事もなかったように、川を辿ってました。

ミソサザイは岩とshoumaのほんのわずかな隙間を飛んで行き、

shoumaがギョッとしてました。どうやら岩に間違えられたらしい。

声:オオルリ、キビタキ、クロツグミ

散策路ではオオムラサキにも2頭会いましたよ♪

むらっちさんの被災地や鳥の旅のお話も聞け、

夜は名残のホタルに会いに行きました。

先月はモリアオガエルとのコラボだったけれど、

今月はカジカガエルとのコラボでした。

Asa22

野鳥公園は日中気温33℃!30℃を超える早川なんて初めて!!

と騒いでいたら、翌朝22℃。一日で気温差11℃…sweat02

2011年7月19日 (火)

トンボの季節

 熱中症だかシャリバテだかわからない状態で

今年も行きました、『トンボの池』

Neko

いつも出迎えてくれるネコがいないと思ったら、

ちゃあ~んと、涼しいところを知っているんだね。

Ginyanma

ギンヤンマは産卵中。

Kuroitotonbo

クロイトトンボはハート型。

Akatonbo

さあ!君たちの季節です。

出会ったのは

ギンヤンマ・ショウジョウトンボ・シオカラトンボ・コシアカトンボ・クロイトトンボ

ツバメ・カイツブリ・カルガモ・ネジバナなどなど。

追伸:熱中症でなくてシャリバテでした。豚汁食べたら、元気出たぞ!

早川の午後

ヤマセミ調査の後、はやかわ創造空間COCOROTOへ。

目的はこの↓『ニホンザルの被害対策の一年』。

Photo

偶然にも、twitterでフォローさせていただいているhipapacchiさんが

いらっしゃいました。

ひなてく隊が『獣害』というものに興味を持ったのも、偶然早川町で

hipapacchiさんにお会いしてから。

写真でしか会ったことのないモンキードッグのエゴマとクルミにも会えました♪

ニホンオオカミの話から、ニホンザルの習性から考え抜かれた対策の数々、

とっても丁寧に教えていただき、勉強になりました。

またひとつ、立体的にヒトと生き物のことが見えてきたかな?

 COCOROTOのおとなり、ギャラリーOgonさんで、hipapacchi家の真似して

箸と、ちょうど探していたまな板をget♪

黒柿のトレイに一目ぼれ。手は届かないけれど、

今も目に浮かぶってことは、かなり怪しい…sweat02smile

 ヘルシー美里の温泉へ行くと、フィーヨーさんに教わってコテングコウモリを

見に。ちょうどグランパさんが写真に撮っていて、UPを見せてもらいました。

う~~~ん、まさにちっちゃい天狗。

 夜はどんちゃんがモリアオガエルの産卵を撮っているところを見せてもらいました。

粘液と精子を時折後ろ右足でかき混ぜ、泡立てています。中に卵を入れてあるそうです。

モリアオガエルとカジカガエルの合唱をバックに、今年初!ホタルを見て、

なんだか盛りだくさんの一日が暮れて行きました。

ヤマセミ調査2011.06.12

早川町南アルプス邑野鳥公園ヤマセミクラブによるヤマセミ調査。

今回は早川町でヤマセミの目撃された場所を巡りました。

Kamoshika

カモシカ。口の赤いのはウィルス性の病気だそうです。子どもかと思ったのですが、

もしかしたら衰弱していたのかもしれません。

Moriaogaeru

モリアオガエルの交尾シーン。ライバルの♂が3個体、虎視眈々と狙っている

のがわかりますか?左の白い泡が卵塊です。

最後の最後で

Yamasemi_2

会えました、ヤマセミ。コンデジなので、ちっちゃっ・・・一応、真ん中にいます。

この日会えたのは

声:センダイムシクイ、アオバト②、キビタキ②、オオルリ①

姿:オオルリ①、オシドリ②、カワウ①、アオサギ③、カルガモ

ヒメウツギ?

Himeutsugi

6月は休みに天気さえ良ければ山ばかり行っていました。

ホク川では大分大きくなったカルガモのヒナ6羽に会ったり。

高尾山ではどこへ行ってもアサギマダラが舞っていました。

他にはモンキチョウ、オオルリ、キビタキ、ヤブサメなど。

高尾山、いろんなヒトがいろんな楽しみ方をしていていいですね。

いつもは誰もいない山にばかり行っているひなてく隊、それぞれの

楽しみ方を見て、面白かったです。

多摩ZOOでは、チンパンジーがヤマカガシを捕まえた所を発見。

皮ハギまでやってました。

ふつ~はヘビを怖がって逃げるそうで、珍しいとstaffの方々が動画撮ってました。

山が呼んでいる

山に登って

Fujisan_2

富士山を見たところで、大事な会議があることを思い出し、登頂は断念。

慌てて下る。でも途中~

Crash

シカのcrash(角突き)に見とれ、結局間に合わず。

お土産程度では上司の怒りが溶けなかったのは、いうまでもないcoldsweats01

一泊二日で会ったのは

姿:ビンズイ3、アカハラ2、ルリビタキ♂2、ウソ2、ヒメギフチョウ(?)5、テン、流れ星2

声:カッコー、ツツドリ2

ツバメの巣

毎年気になるツバメの巣

Tsubame

おしゃれな看板に作るのです。

でもmikolaが撮るには問題が…

なんたって男性トイレの入口!

shoumaに撮ってもらいましたとさ。

ひなてくプロジェクトアオゲ~編の結末。

0413

4月~5月にかけて、部屋の前でアオゲラのつがいが営巣しそうでした。

毎日カーテンの陰から観察していたのですが、すぐ近くでカラスが巣材の枝を

集めるようになってしまい、ダメでした。

つがいで交代して穴を掘っている様子は、そのうちshoumaが上げるかな?

shouma みーつ あいどる

 多摩Zoo年間パスポートを更新したshouma

クリアファイルをもらった。こんなの↓

Clear_file

受け取って一言。

「動物が写ってないっ!」

・・・ふつ~、おじさんは動物より若い女子で、喜ぶんじゃないのかね?

« 2011年5月 | トップページ | 2011年10月 »