« 9月21日の台風 | トップページ | 武蔵五日市駅~今熊山~刈寄山~武蔵五日市駅 »

2011年10月 3日 (月)

ヒガンバナ

 お彼岸の里に、たくさん咲いていました。

Ichimen_2

Higanbana

ふと気付くと、秋の香り。秋の虫の声。

« 9月21日の台風 | トップページ | 武蔵五日市駅~今熊山~刈寄山~武蔵五日市駅 »

コメント

 以前、ご一緒した埼玉の河川も、今堤防が真っ赤に染まっています。花の時期は葉っぱがないので、鉢植えとか、花壇植えはあまり絵になる花ではありませんが、まとまって咲くと綺麗です。

 ただ、日本産の植物ではなく、中国からの帰化植物なので、積極的に殖やして観光客誘致みたいな動きはどうかと思います。でないと綺麗な外来種は持ち込んじゃったもの勝ちみたいな風潮がありますからね。

 今、河川にモーレツな勢いで入り込んできているハリエンジュ(ニセアカシア)も本来の河畔林を取り戻そうとする保護団体とアカシアを守ろうとする保護団体(蜂蜜に関する人たち)が切る、切らせないでにらみ合っているような状況です。同じ状況が生まれかねませんよね。

かわむつさん
 そちらも満開ですか♪あの川も秋の風情なのでしょうね。
 写真を撮った所は、山へのアプローチの途中、畑の土手に増えちゃった、という感じでした。
 私の小学校はハリエンジュの林のど真ん中にありました。今は宅地開発で残っていません。ヒガンバナもそうですが、思い出の植物が外来種、というのもなんだか複雑ながら切ない気もしますmaple

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月21日の台風 | トップページ | 武蔵五日市駅~今熊山~刈寄山~武蔵五日市駅 »