« 八ヶ岳縦走1・編笠山 | トップページ | 八ヶ岳縦走3・権現岳・三つ頭 »

2011年10月22日 (土)

八ヶ岳縦走・2 西岳

あ~、早くしないとひと月経っちゃう!というわけで続きですsweat02

青年小屋方面に降りはじめると…

2

ゴゼンタチバナの赤い実がまだ残っていました。ラッキ~♪

3

樹林帯を抜けると青年小屋が見えてきました。立ちはだかるは、岩、岩!!

下りが得意なshoumaはさっさと下って行きますが、

なんたって巨大な岩の頭と頭をジャンプ+傾斜付き!

4

下から見上げたら、こ~~んな。

コンパスの短いmikolaは、でかい岩では必殺おしりずりずり、安全第一catfacescissors

でもこの谷は、勝手に名付けてホシガラスの谷。

青年小屋周辺まで、ホシガラスにたくさん会えました~heart01

5
青年小屋の裏側から西岳に向かいます。

7

5分くらいで水場乙女の水に到着。ここで歩荷中の小屋主さんたちに

ばったりお会いしご挨拶。す、すごい荷物を背負ってますsweat02

西岳の道は、編笠山とは植生と雰囲気がガラリと変わります。

途中誰かさんのフンみっけ。結構太い粘便。クマ?カモシカ?

ヌタ場も2か所見つけました。シカじゃない、イノシシ…かなあ…???

9_3

ゴゼンタチバナが紅葉しかけてましたhappy01

10

誰かさん作成の巨大エビフライ。岩の上にちょこん。リスかな?

12_5

油断しているとびっくりするような急登もあったりしつつ、西岳到着。

小さな祠に先ず拝みます。

13

鞍部に青年小屋が小さく見えます。こうして見ると結構歩いたんだな~

14

編笠山と富士山。

15

ギボシといった見晴らしもさることながら…

16_2

マツムシソウ

11_5

ヤマハハコなどなど高山植物がたくさん咲いていました。

17_9

帰りはルリビタキの♀に2羽会ったり、

8_2

乙女の水で冷た~~い!おいしい水を補充していると、

下流でホシガラスが水を飲んだり、水浴びをしていました。

そして青年小屋へ。

18_6

今日はここでお泊りです。

19

部屋からは富士山と編笠山が望めます。

20_3

ホシガラスの谷(勝手に命名)かぶりつきなので、ちらちら飛んでいるのが見えます。

暗くなるまで飛んでいました。

21

夕ご飯、アジフライ、豚汁、メロン、なんて贅沢!

メロンなんて、どうやって歩荷するんだ~~~!?

水だって、乙女の水まで行かないとないのに…

おまけに器が漆塗りだったり、陶器だったり(これ、どうやって運ぶんだ~!)。

おいしくて最高だね!!と小屋で出会った方々とお話しながら、

のんびりいただきました。

食後、外に出てみると寒い~~~っshock

天の川が編笠山から権現岳にかけて流れていました。

多分、人生で一番、天の川に近付いた夜でしたnight

« 八ヶ岳縦走1・編笠山 | トップページ | 八ヶ岳縦走3・権現岳・三つ頭 »

コメント

へいです。
ご無沙汰してます。

ホシガラスの谷?、ここの岩場の歩きはしんどいですね。
昨年の6月にここを歩きましたが膝がやばかったです。
権現岳も登って観音平に下りようと考えてたのですが気力がなくなり断念しました。
まだまだですね。

山小屋の食事って本当にありがたいですね。
何を食べてもおいしく感じます。
食材を運んだ人、料理を作ってくれた人の大変さが分かるからですね。

へいさん
 ご無沙汰しておりま~す!お元気ですか???
ホシガラスの谷(勝手に命名)は下る気にはなりますが、岩好きといえども、
登る気にはなりません…coldsweats01
でもここがバランスよく!さっさと降りられるようになるといいなあ♪
 山小屋の食事って本当に「ありがたい」「おいしい」。
ご飯につられて山小屋に行っちゃいます。
ほんっと、大変なお仕事だと思います。以前は人生に迷ったヒトには「インドへ行け!」と
言っていましたが、これからは「山小屋で水なし、電気なしの生活して来い!」
と言おうと思います!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八ヶ岳縦走1・編笠山 | トップページ | 八ヶ岳縦走3・権現岳・三つ頭 »