« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

Wild Life tour~アニマルウォッチングに挑戦~・1

 2月24~26日、山梨県早川町南アルプス生態邑野鳥公園で行われた、

『ワイルドライフツアー・アニマルウォッチングに挑戦』に参加しました♪

 

 24日、ひなた山で今年初のウグイスのぐぜりが聞こえたほどの暖かさ。

自己紹介の後、早速第一フィールドへ。

1_5

歩き始めた途端、血の付いた羽が散らばっており、早速事件です!?

名探偵どんちゃんによるとカケスの羽根。

では、犯人はクマタカってことにしましょうっgood

2_14

テンの糞…この時は、カヤの実だったかな??目の前にカヤの大木がありました。

鳥が来た~っと思ったらアトリ2羽。シカの警戒音が響き、フィーヨーさんに

シカの言動(?)を教わりながら歩いていると、誰かが『ガツッ』と

石を蹴飛ばしたっsign02

あいにく見たのがmikolaだけ。フィーヨーさんに「どんなでした?」と尋ねられても、

「う~ん、足しか見えなかった」「あそこの平らな所に行った」

「シカよりイノシシっぽかった」・・・と、なんともて~げ~coldsweats01

見間違いかとあきらめかけた時、隠れていた主がヒョイッと顔を出しました。

カモシカっsign03若く、おしりが丸っこい。

あの丸さと色が、イノシシっぽかったのよ~(←言い訳sweat01)。

カモシカは、ヒョイッ、ヒョイッと見たこともない身軽さで、岩壁を登って行きました。

3_8

 お茶をしながら、向かいの岩壁を双眼鏡で眺めていると、アトリの群れが

飛び回ります。サルの声もかすかに下の植林地から聞こえてきたり。

 そのうちどんちゃんがサルの群れを見つけました。

4

と言ってもこ~んなに遠くにいるサルの群れが、どうして見つかるんだcoldsweats01

フィーヨーさんにサルの群れの進み方の話を聞きながら、じっくり観察。

5

サルの皮剥ぎ跡。冬は食料が少ないので、木の皮の形成層を食べる

のだそうです。このぴらぴら感が、サルの器用さを表している感じ♪

他にもカケスやハイタカ、カモシカっぽい音を聞きながらフィールドを堪能!!

最高だなあ~heart01

 

 夕方はムササビの観察へ。

6

トラツグミの声がヒ~・・・ヒ~・・・と響き、そのうちフクロウがホホウ、ホウホウと

縄張り宣言。夜の森にじ~っとしているのは、寒くても最高に楽しいnote

待ち始めて45分後、ムササビが一度顔を出し、こちらを見て引っ込みました。

その後は35分だんまり。モニターを覗きに行くと、も一度顔を出し、また引っ込む。

7

巣の中でまんまる。寝ている?子育て中?

子育て中だったらいいな~なんてヒソヒソ話をしてから、

フクロウの声をみんなでそう~・・・っと

追いかけます。ホホウ、ホウ、ホウ ホホウ、ホウ、ホウnight

いました~っ!!音もなく、大きい羽根をきれいに広げて、飛んでいきましたっhappy02

 

 夜はナイトツアーへ。

ひなてく隊が見えたのはシカ♂2頭、♀7頭。

あと、なんとタヌキ2頭。ただ今ペアリングの季節だそうです。

興奮冷めやらぬまま、盛り沢山な一日が更けていきました。

                                      clover2へつづく~clover

うるうびの雪

ひなた山9時ごろ

1_4


2_12


3_4


Imgp45362_2

なんと、20cmオーバーでございます!!

15センチ定規のホッキョクグマくんも困り顔。

2012年2月23日 (木)

スイギュウとカラス

アジアではよく見た光景。

Suigyu_to_karasu

多摩ず~で見かけて、懐かしかった~heart01

スイギュウも気持ちよさそう。カラスも気のせいか、やさしい表情です。

アオどん、空をゆく

たまには凛々しく。

Aodon
会えるとなんとなくウレシイ、アオどん(アオサギ)です。

朝焼け

春が近づいて、明ける時間もすこ~し早くなってきました。

Asayake

寝ぼけ眼で撮影~♪

2012年2月19日 (日)

たまにはのんびり

 たまにはのんびり温泉へ。

Photo

花粉症の皆さん、もうお山はまっかっかでございますcoldsweats01

平日で天気も悪かったためか、女湯は2~3人の利用。

露天なんて、一時間独り占め!

ヒヨドリがヌルデの実を食べているなあ~とのんびり向かいの杉山を

眺めていると。

出ました!クマタカ~っ!!

折しも常時流れているオルゴール音楽は、Mr.Children『終わりなき旅』。

そうそう、人生は思いがけないことが連続する、終わりなき旅でございま~すnote

Photo_2

なあんて、お雛様の飾られている春爛漫の休憩室でのんびり足を延ばしていると…

Photo_3

窓の外にタヌキ現る~~っ!!

欧米系の一人旅のお客さんもshoumaとmikolaの騒ぎに気づき、見に来る。

…って、タヌキって英語で何だっけ???coldsweats01

結局彼に尋ねると

「I think・・・may be Racoon」

ああ、そうか、ラクーンだ!と二人で盛り上がったけれど、

帰ってから調べるとRacoonはアライグマ。

タヌキはRacoon dogだそうで・・・coldsweats01

帰り道、車の前をオナガの群れが通りかかったり、

Photo_4

ホク川にダイサギが珍しくいたり、

なんだか色々出会いのある温泉日和でした。

スノーシューで雪山へ

 twitterを通じてお知り合いになった『中さん』こと『Naka Outdoors』さんに

スノーシューツアーに連れて行ってもらいました♪

Naka Outdoors公式ホームページ http://naka-soto.jp/index.html

1

ロープウェーで一気に高度を稼ぎます。クリスマスツリーの連続に、気分はup

2 3_2 4_2

↑スノーシューのスペシャリスト、中さん(左)。

風が強かったのでバラクラバかぶってみました(真ん中↑)。

こんな格好で歩きました(右↑)。

降ったばかりの新雪で、雲の上を歩くようにふっかふか~cloud

スノーシューがなければ胸までラッセルのはず!夢のようです、スノーシュー。

登山道はなくなっているので、中さんがいないと全く道がわかりませんthinksweat02

5_4 6_2

左↑エビのしっぽ(雪などが強風によって木や岩などにぶつかり、凍結、付着した氷層

氷河のような色の、八ヶ岳のブルースノー右↑本物はもっと透き通ってきれいshine

7 8 9_2

中さんは雪の中の植物の不思議や…

10_2 11_2 12

動物の足跡もすばやく見つけて、教えてくれます。

13_2 14
縞枯山荘、残念ながら閉まっていました。お地蔵さんと神様の後ろは森。

ホワイトアウト、見えませ~んcoldsweats01

15 16

全く視界が効かず、風の中を歩きます。リフトの山頂駅で、-8度に風速8M、

だったから体感温度-16度くらい??

でもバラクラバ優秀です。全く寒くありませ~んhappy01scissors

途中アイゼンで歩くご夫婦に会いましたが、疲れ切っておられ、

「スノーシューいいなあ。よし、それを買おうっ!」と決意されていました。

17_5

風を読む中さんは、風避けて雪のテーブルでお昼を用意してくれました。

ご飯の支度の間、アニマルトラッキングを始めたひなてく隊。

動物が通るところって、安全なところなんだな~なんて感心しているうちに、

結構離れてしまい、帰り道がわからなくなり、二人で青くなりましたが、

中さんも心配させてしまいました・・・ゴメンナサイm(_ _)m

無事中さんに会えて、戴いたあったかいおうどん、なんておいしかったことかnote

18 19

帰りはロープウェーを使わず地道に歩きます。スノーシューの下りは

ちょっと難しい。北八つ特有の縞枯れ現象や、シカの森の食害を見ながら下ります。

数年後には森が全滅してしまう勢いの食害に、言葉もなくなります。

右は前日中さんがお客さんと作った雪だるま。センスいい~♪

20

下りもふっかふかの、雲のような新雪をスノーシューで堪能しました。

天候が悪くて景色は望めませんでしたが、THE雪山という体験ができて

すご~~く楽しかったです。

特にお昼を食べた場所は、モミの木に囲まれて、「も~私、ここに住みます!」と

言っちゃうくらい、素敵でした。

また行きたいなあ~~happy01

2012年2月14日 (火)

天女山~天の河原

雪の便りにうずうずして、登ってきました~♪

1

この日は雪が降ったばかりで、新雪ふみふみ。

2

神様の祠もすっぽり綿帽子。

3

天気はやや、あやしい~

4

天女山山頂到着。

5_2

まだまだ行きます。手前が三つ頭、奥が権現かな?

6

駐車場すっぽり♪

7_3

新雪ふみふみ。

8

富士山ど~ん!!

9

天の河原到着で~す。

10_2

でも天気が悪くなってきたので、すぐに降りてきて、ふもとでお湯を沸かして

ご飯とお茶にしました。

寒いけど、やっぱり雪のフィールドはテンションが上がりま~すhappy01







雪原のシカたち

Photo

雪がたくさん降った後、シカたちよく見ると埋もれてます。

北八ヶ岳で、シカの食害被害のため大木の森が枯死に向かう様子に

茫然としてきたばかりだけど、やっぱりシカに会えるとうれしい。

直接被害を受けていないからだ、と言われればそれまで。

個人的にはヒト以外で、大きな生き物に会う機会がないからな~。

Photo_2

シカとトンビ。

Photo_3

こちらもシカシカシカ・・・

Photo_4

み~んなヒトの都合だけで生きているわけじゃないからムズカシイ。

もの食う鳥たち

Chougenbou

チョウゲンボウ♂

Fukurou

フクロウ

Ojirowashi

オジロワシ。めりめり…と肉をむしる音が、迫力でした。

Oowashi

オオワシ。

Shirofukurou

シロフクロウ。

多摩ず~のフィーディングタイムはお勧めですhappy01note

88か所めぐり

お賽銭を用意して…

Osaisen

プチプチ霊場88か所めぐりをしました。

88kashomeguri

こ~んな里山を歩きます。

お散歩のように回れるので、若いカップルやお年寄りまで結構歩いていました。

キジバトやシジュウカラ、メジロに会い、サザンカやセンリョウを愛でつつ小一時間。

いつか四国でお遍路さんしたいなあ。

マガモのバレンタイン

 ブログの更新をサボっておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

寒さ・乾燥・インフルエンザ・花粉症・・・とまだまだ続きますので、

どうぞご自愛くださいませ。

 首を上げ下げし、♀に近づくマガモの♂プロポーズのスタイルだ♪

♀がやはり首を上げ下げして応えます。「OK!」

Kamonopropose

祝カップリング♪

Happy Valentain~heart01

といっても、この撮影は12月だったような・・・coldsweats01

このまま渡りに入り、卵を産むのは北に帰ってからだそうです。

バイタリティーあります、カモさんたち。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »