« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月26日 (金)

縞枯山~茶臼山

 今回の目的は、『北横岳で、鳥と花を満喫しよう山行』だったのですが・・・

満喫したにもかかわらず、坪庭に降りてくると、

「さあ!!次は縞枯山と茶臼山だね~♪やっぱり」

と懲りないひなてく隊。そのまま坪庭を回って

Shimagaregoya_2

おお~♪なつかしの縞枯山荘♪

でも観光客の皆様がいっぱいで、楽しみにしていたお昼は寄れず。

そうかあ、北八つって、夏は観光客の皆様で混むところなのね。

・・・と、この辺りから、ついに!

活動温度に達したのか、アブだかブヨだかの猛攻撃が幕を開け。

何故か刺されるのはmikolaばかり。

「ぎゃ~!!」と湿気の多い場所は走る羽目に。

shoumaいわく、「それでもたくさん引き連れていたよ」

トレランシューズでよかったよお~(涙)

Shimagare_2

よって、乾いた土地の写真しかありません(汗)

縞枯山の山頂は展望がないので、展望台に向かいます。

枯れているのが、縞枯れ現象の一環なのだと思います。

Ruribitaki_youchou_2

再びヒタキ系の幼鳥に出会い。やっぱりルリビタキかな?

何せ風がなくて湿気た場所はもれなくアブだかブヨだかがちくちく

刺してくるので大変。

Minami_yatsu

展望台から、南八つの皆様♪南八つの神様、みんな元気~っ!?

(神様にタメ口ってどうなんだろsweat02

Chausu

目指すは茶臼山。ココで御年配のご夫婦と会いました。奥様はすっぽり

ネットをかぶっています。・・・まだまだアブだかブヨだか攻撃は続くそうです。

教わったとおりにそれは続き、またもや走る羽目に。

よって写真はありません(爆)

Iwahibari_youchou

茶臼山の頂上でイワヒバリの幼鳥にあいました(嬉)

Iwahibari_youchou2

幼鳥祭りだね~♪みんな元気で大きくなってね。

Koutei

歩いてきた行程を振り返ります。北横岳、縞枯山、茶臼山と結構歩いた

(走った)ものです。

下りは再びアブだかブヨだか攻撃(沈)。

Uso2

そんなmikolaを尻目にshoumaは水浴びをしているウソカップル

を見つけてしまい。

もちろん水浴びするくらいの水場だから、アブだかブヨだかが

喜んで総攻撃。

刺されないようにばたばたしているmikolaのことは、

shoumaどころか、ウソの目にすら入らないらしく。

Uso

二人で散々遊んでました(泣)

帰りのロープウェイは、中学生ご一行様と一緒の超満員。

がくん、と揺れる度に「うわあ!!」と悲鳴を上げる彼らの

素直な反応が可笑しくて、笑い転げて降りてきました。

みんな、元気で大きくなるんだよ♪

Tai_curry

お昼を食べそびれたひなてく隊。

麓のロープウェイ駅で、『タイカレー』発見!!

カレー大好き。食べないわけにはいきません。

ご褒美のコーラでかんぱ~~~い!!

Kawaii

紙ナプキンコレクターのmikola、このかわいさにはイチコロです。

ちなみにロープウェイ駅のお土産は、

コケモモ大福と、五一ワイン(これまた、だあ~~い好きな林農園のワイン)の

カップワインがお勧めです!!

さて、後日談。

あれほどちくちく痛くて、刺されまくったはずの、アブだかブヨだか攻撃。

皮膚にはひとっつも痕がありませんでした。

タイツを貫通できなかったのかもしれません???
 


2013年7月25日 (木)

北横岳

 坪庭から北横岳に向かいます。

Hanabata

イワカガミとオサバグサとミツバオウレンの米粒花畑。

米粒クラブ(おお~久しぶり!米粒のような小さなお花好き)のmikolaは

もう、失神しそうです(笑)

Maizurusougozentachibana

興奮しすぎて手振れし、自分が写した写真はすべてピンボケ。

まともな写真はshoumaによる物です(爆)。

これはマイヅルソウとゴゼンタチバナのコラボです!!

ボケているけど、自己満だけど、載せちゃうっっ(感涙)!!

Miyamamiminagusa

ミヤマミミナグサ?かな??

Kitayokodakehutte_2

北横岳ヒュッテ。ココの横道から七つ池へ。

Nanatsuike

と~~~ってもきれいな湖!

Hotori1_2Hotori2_2

クジャクチョウも飛んでいました。いつまでもみていた~い。記念撮影(笑)

Ruribitaki_youchou2_2

そして山頂近くで出会ったのがこの方、

Ruribitaki_youchou

ルリビタキの幼鳥~♪(だと思う。)

巣立ったばかりかな、大きくなるんだよお~。

そして山頂!!・・・素晴らしい展望でありましたが、

風が強くて吹き飛ばされそう。

あわてて降りてきたので、写真撮り忘れ(爆)。

新井和也さんの訃報

 北八ツ登山の話の途中ですが・・・

 山岳写真家・高山植物写真家である新井和也さんが剱岳で落石事故のため、

7月21日にお亡くなりになりました。

大ファンであったひなてく隊は、ショックの余りしばらく思考が停止していましたが、

ようやく言えるようになりました。

 ご冥福を心より、お祈りいたします。

高山植物の保護にも力を入れられていた新井さんのご遺志を受け継ぐために、

ちっぽけな二人でも何ができるか、考えながら自然に向き合いたいと存じます。

 山は大好きですが、大切な人たちが命を落としているところでもあります。

それを今回、改めて実感しました。

Mitsubaouren

 新井さん、どうぞ、安らかにお眠りください、というにはまだ抵抗があるのですが、

御本はずっと、傍らに置かせていただきます。

2013年7月20日 (土)

北八ヶ岳ロープウェイ&坪庭

 翌朝。仕事は丁寧かつ迅速に片付け(?)

Kitayatsu_rope_way_2

Let's、北八ヶ岳ロープウェイ~♪

目指すはここ、

Kitayoko

北横岳~~!!

※注・写真とテキストに整合性があるかどうかは不明です(汗)

到着した坪庭は花盛り。

Gozentachibana

だああい好きな、ゴゼンタチバナ

Iwakagami

イワカガミは・・・

Hanago_2

花後も好き。

Tsugazakura

ツガザクラに・・・

Urajiroyouraku

ウラジロヨウラク

Osabagusa

オサバグサとコケのコラボ~♪失神しそう・・・(笑)

不思議な名前の由来は、

Osabagusa_2

この葉っぱ、機織に使う筬(おさ)に似ているから、筬葉草。

見るたびに、小人が機織をしている図が思い浮かんで楽しい(笑)

Kibanashakunage

王道、キバナシャクナゲも2箇所だけ咲いていました。

しかし・・・

一緒にロープウェイで上がってきた見知らぬ方々と

花を見つけるたびに、みんなで大盛り上がり♪

歩みはちっとも、進まない(爆)

2013年7月19日 (金)

天女山でウォーミングアップ

 この日はひなた山から八ヶ岳エリアにのんびり入ったので、

明日に備え、天女山に登ってウォーミングアップ。

Ibukijakousou

イブキジャコウソウ

Kibananoyamaodamaki_2

キバナノヤマオダマキ

Shimotsuke

シモツケ

Shiroihana

???

Yagurumasou

ヤグルマソウ?アップ!この中に埋もれていたい~

Binzui

ビンズイがそこかしこで鳴いていました。他に見かけたのは、ホシガラス・カケス。

Kanpai

ウォーミングアップだから・・・とアルコールフリービールを持っていったのですが、

「早くしないとぬるくなる!!」とshoumaが急かす急かす!結局走って登る羽目に。

いつもながら、本末転倒なひなてく隊(汗)

おかげで、天の河原でもビールはまだ冷えていて、南アルプスを望みながら

かんぱ~~~い(笑)

この日は気温30度!じりじりと日に焼け・・・今年も美白とは無縁の夏が来た(爆)

飲み終わると気が済んだ二人、「三つ頭までは行かないからね!!」

「明日に備えて疲れないようにね!!」とお互いを

けん制しながらじりじりと高度を上げてしまいました・・・

Jiu

麓に下り、立ち寄ったところで、いい香り。辿るとこの木に当たりました。

名前は分からないのですが、たくさん花をつけていて、いい香りに誘われて

たくさん虫が来ていて、はらはらと花が散って、

夕日の中で、まるで慈雨が降っているようでした。

2013年7月18日 (木)

ユウスゲ?

 仕事の視察も含め、お山をうろうろしてきました。

上司にはこいつらに行かせると山登りが主になるからだめだ!!と

言われつつ・・・はい、全く以ってそのとおり(汗)

標高の低いところでは、アブとブヨが大発生中!!

珍しくデジイチ担いで行ったのですが、虫から逃げるため走る羽目に・・・

トレランシューズで行ってよかった。

Yuusuge

ユウスゲ?ですかね・・・ぼちぼち写真をUPします。

2013年7月 7日 (日)

暑中お見舞い申し上げます。

 Choutonbo

暑中お見舞い申し上げます。

梅雨明けましたね。ひなた山も、ニイニイゼミとヒグラシが鳴き始めました。

今日は七夕。

皆様の願いが天の川まで届きますように。

写真はチョウトンボとハスの花。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »