« 2013年7月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年8月

2013年8月22日 (木)

多摩ず~こぼれ写真

Hansuuchuu

ヤクシカご一行様、みんなそろって反芻中~♪ コンデジなので写り悪し(汗)

Parasol

パラソルの下、インコリゾート中~♪

Emu_2

始祖鳥じゃないよ、エミューの子。ドバトたちとご飯中~♪

Ookonohazuku

ハートの樹のうろで、オオコノハズク、まどろみ中~♪

かまきり、いろいろ

食べるカマさん

Taberu_kamakiri

クズの葉食堂で、朝食のクモを召し上がっています。

乙女なカマさん

Otomenakamakiri

ヒヨドリバナの上で、いたいけな瞳。まさに乙女!!

・・・ま、勝手なイメージですが。

よるのどうぶつえん4・ふくろう

 旧盆も過ぎて、もうすっかりヒグラシからアオマツムシの声に

入れ替わっているひなた山です。昼間は相変わらずの猛暑ですが・・・

ぐずぐずしている間に、サマーナイト@Tama Zooも終わっちゃうじゃん!

2

ええと・・・ヤマイモの花

3

ヤブガラシの花

・・・などと遊んでいるうちにどんどん日が暮れ、

4

道端にカブトムシまで現れました。山だからね、多摩ず~って。

5

シロフクロウには4羽のひなが育っていました。

フクロウのおやつタイム。おやつはもちろんネズミです。

6

子育て中のお母さんは警戒心MAX。ネズミを入れる飼育スタッフさんにも、

ものすごい勢いで飛び掛ります。

星野道夫さんが撮影時、抱卵中のシロフクロウに攻撃された話を思い出しました。

7

カラスウリの花が咲き始めた頃

8

千鳥足のひなてく隊もそろそろ引き上げます。

入園締め切りは19時なので、ご注意を。

この日も入れずに、困っているカップルがいました。

9

ちょっとおばけチックなメンフクロウも、お待ちしてま~す(怖)

2013年8月 9日 (金)

よるのどうぶつえん3 カンガルー・ポケット

 さて、カンガルー・ファイターズの後ろにいるのは

1

お母さんと子どものカンガルー。

2

結構大きくて、赤ちゃん??

ではないかんじ。

3

でも移動する時は、お母さんのポケットへ。

4

お母さんが草を食べていると、

ポケットから顔を出し

ちょっと草も食べてみたりして。

5

兄弟?が寄ってきても、お母さんを独占中。

6

頭からポケットに飛び込んで、

中でぐるりと回って頭と前足が出る。

伸縮自在のドラえもんのポケットみたい。

7

こちらは授乳中の別の親子。

ほんっと、見所満載。カンガルーは、夜見るべしっ!

2013年8月 7日 (水)

よるのどうぶつえん2 カンガルー・トラブル

 昼間は寝てばかりのカンガルーも、夜は張り切っています。

突如始まった

1kangaroo_fight

若いオスたちのケンカ。

4_shippotachi

シッポで立って・・・

5tobikeri

飛び蹴り。

♂のカンガルーのシッポって、足代わりになるから、筋肉隆々なのね。

6hatakikomi

叩きこみ!

大型哺乳類の殴り合いとか、蹴り合い・・・とか、

日常生活では、滅多にお目にかかる機会がないわけで。

殴る度ボコボコ音がし、隆々とした胸筋が、真っ赤になっていく。

ギャラリーのヒトビトは、あまりの迫力に唖然。

「ねえねえ、原因は何?」と知らないおば様に尋ねられても、mikolaは答えようも

ありません(汗)。順位争い、なんでしょうか・・・

7chuusai

15分もたった頃でしょうか。見かねたリーダーらしきカンガルーが奥から

軽やかに跳ねてきて、仲裁に入ります。

真ん中「いい加減にしろよっ!」

左「へいっ・・・」

右「何をっ!!」

8battle_start_2

・・・で血気盛んな右のカンガルーと、仲裁カンガルーの間で新たなバトルが。

9_arara

左(あ~らら、俺知らねえっと・・・)

仲裁カンガルーは、ケンカの合間にわきの下を掻いてみせたり、

とぼけて余裕の態度。

こうしてカンガルー・トラブルが収束していったのでした。

夜の多摩ず~は、熱いっ!!

よるのどうぶつえん1 キリンとごはん

  残暑お見舞い申し上げます。さて、あっつ~~~~い8月。

今年も始まりました。

2_summer_nighttama_zoo

サマーナイト@Tama Zoo 2013~♪

1_kusagi

クサギの花も満開の、夏の夕暮れ時。

3kanban4_batoukin_live

不思議な楽器の音色に誘われて歩くと、馬頭琴のLIVEがありました。

初めて見ましたが、なるほど馬の頭の形みたい。

最後の『万里の轟』というモンゴルの曲は、草原をいっぱい走る馬が

目の前に現れたような、壮大な曲でした。

6srilankanbeer

そしてその横のアフリカレストランでは、アジアゾウが送られた記念?で、

スリランカ・ビールが飲めま~す♪

なんてインターナショナルな多摩ず~!

ただしアルコールは高くて8~9%。日本のビールのつもりで飲むと酔います。

5yamucha

それにラーメンセットもつけちゃいます。日ごろのご褒美ご褒美~♪

カロリーなんて気にしない♪(といいつつ、9月の健康診断が怖い今日この頃)

汗をかきつつ、どうして外で食べるのかというと・・・

その真下で

9_kirinnogohan

キリンたちが、優雅にお食事中。

もはや酔っ払った目には、アミメ模様で何頭いるのか分かりません。

7_kirin_junyuu

キリンの子も授乳中。でもお母さんが時折振り払います。もう乳離れなんだね。

1

因みにハチもイモムシのお食事?運搬?中でした。

イモムシは、葉っぱから離されまいと必死。

自然豊かな多摩ず~では、目を凝らせばいろいろなドラマ展開中。

まだまだつづきま~す。

2013年8月 4日 (日)

カブトムシのレスキュー隊

 出かけようとするとご近所さんが「玄関にカブトムシが入り込んじゃって・・・」

と難儀していた。カブトムシの♀。人差し指に乗っけて、山に放した。

帰宅途中、今度は別のご近所さんが、家の周りに撒いた殺虫剤近くに

(こんな山ん中でも、虫の嫌いな方はいる訳で。双方にとって不幸)

カブトムシ♂がひっくり返っていた。

死んじゃったかな~と触ると、まだ生きていたので手に乗っけて

Kabutomushi

写真撮ってから山に放した。

聞くとshoumaも今朝、カブトムシの♂♀別の個体を山に戻したとのこと。

二人してカブトムシのレスキュー隊。

2013年8月 2日 (金)

天の河原の猛禽

 数年前、天の河原で出会った猛禽さん

Dare

どなたなのか、いまだにわからず。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年12月 »