« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

高尾山~景信山~高尾山・2

 高尾山~景信山ピストン・パート2は山野草編ですclover

これまたmikola撮りなので、ボケボケ写真多し!ですcrying

1houchakusounomi

ホウチャクソウの実

2otokoeshi

オトコエシ?

3marubanohoroshi

マルバノホロシの実と花

4miyamataniwatashi

ミヤマタニワタシ

5kurumabana

クルマバナ

6senninsou

センニンソウ

7akinotamurasou

アキノタムラソウ

8tsuruninjin

ツルニンジンは、惜しいsign03つぼみでしたbearing

9oogankubisou

緑色のひまわりのような、オオガンクビソウ。

夏らしいこの花に、ようやく会えましたhappy01note



2014年8月30日 (土)

高尾山~景信山~高尾山・1

 熱中症注意danger予報の中、高尾山~景信山を歩いてきました。

いえ、ホントは高尾山~陣馬山~高尾山

往復トレランのはずでしたが、

mikolaがデブって走れないので、

同じコースのFast hikeに変更。

しかし歩き始めると調子が上がらず、

次回までには痩せることを誓ってrock

高尾山~景信山ピストンで勘弁してもらうことにcoldsweats01

Mtfuji_from_mttakao

高尾山頂からの黒富士~happy01note

Tamurasoukoorogi

タムラソウの上でコオロギ?がお食事中。

Trail

shoumaは軽快に飛ばします。

mikolaはすっかりお花鑑賞catface

Tokagenobu

標識の下には野菊が咲き出し、秋の雰囲気。

Mtkagenobu_2

景信山山頂~

からの~

Mtkagenobu

パノラマ!空はアキアカネだらけでした。

何せ暑~~っ!!

往復4時間で、凍らしたプラティパス2L飲みきっちゃいましたaquarius

〆は、権現茶屋の冷やし天狗ラーメンnoodle

(食べちゃって写真なし!)

Lift

そして下りは快適リフト~note

ホントに痩せる気があるのかというツッコミは

受け付けませんsmilesweat02

お花特集はパート2へ続くsoon

2014年8月29日 (金)

アカボシゴマダラとアサギマダラ

道の真ん中で

Akaboshigomadara

アカボシゴマダラに会いました。

皆様ご存知の通り、外来種。

Akaboshigomadara2

何を吸水しているのかな。ちっとも、どいてくれませんでしたthinksweat02

同じ日に

Asagimadara

ガンクビソウの蜜を吸うアサギマダラにも会いました。

外来種とレッテルを貼られたアカボシゴマダラに罪はないけれど、

やっぱりアサギマダラのほうが透明感とか品とか、ダントツきれいshine

も少しマトモなアサギマダラの写真は、7月にUPしたこちら↓

http://hinatatekuteku.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-93d4.html

2014年8月28日 (木)

黄色いキノコ

Kiiroikinoko

ひゃ~!!

新色発表ですsign03

ボケボケですがsweat01

2014年8月27日 (水)

ニホントカゲ

Nihontokage

ニホントカゲ若い個体

Nihontokage2

上の個体よりちょっと年上。

twitterでニホントカゲとカナヘビの見分け方を習ってしまったnote

ので、早速実地研修。

トカゲを撮っていると山ガールが

「きゃ~!!」「え~!?」とかわい子ぶりっ子していくのが

玉に瑕coldsweats01

2014年8月26日 (火)

空を見上げて

 欧米系の方々が空を見上げていました。

つられて見上げると、猛禽が2羽、遥か上空を旋回していました。

ハイタカかなあ・・・?サシバかなあ・・・??

ナンチャッテ鳥屋のひなてく隊には、双眼鏡も図鑑もなければ、

尋ねられても歯が立ちませんsweat01(あっても怪しいけどっcoldsweats01

Sora

ナチュラリストは万国共通だなあ・・・

と暑さも忘れて皆で空を見つめたひととき。

『ワシタカハンドブック』買わなきゃっdash

(・・・と何年も歌に謳って買ってないsmile

2014年8月25日 (月)

ミズナラどんぐり

落ちてました。

Mizunaranomi

ミズナラのどんぐり。

実りの秋がやってきます。

それに備えて頑張りますrockshine←決意のこぶし

2014年8月24日 (日)

いのちのもと

 夏ばてで胃腸も不調、韻を踏んでバテバテdownなmikolaを

横目にshoumaは一言、「冷え」gawk

健康管理が出来ているヒトって、他人のことも分かるんですねえ・・・

そうそう、忘れていましたが、

冷え性なクセに、暑がり・汗っかきなワタクシでございます

(我慢という言葉が辞書にないだけwobblysweat01

快適クーラー生活を控え、汗をせっせとかく時の味方がコレ。

Inochinomoto

伊豆大島の塩屋さん、海の精株式会社が出している

『いのちのもと』。

甘いスポーツドリンクが苦手なあなたと私にぴったりnote

500ccのペットボトルに一包溶かします。

mikolaは冷え取りのため、お湯に溶かして飲みます。

ただ、高血圧の方や、塩分控えめの食生活を実践されている方

にとって良いかどうかは、よく分かりません・・・thinksweat02

そして、プレゼントするとそのネーミングでギョッとされるのが、

すこぶる難点catface

2014年8月23日 (土)

三頭山の花2013年8月

 去年忙しさに紛れUPできなかった花たち。

Fushigurosennou

フシグロセンノウ

Rengeshouma

レンゲショウマ

Taki

三頭大滝

Tamagawahototogisu

タマガワホトトギス

Sobana

ソバナ

Tamagawahototogisu_2

タマガワホトトギス

Tsurifunesou

ツリフネソウ

Kusabotan_2

クサボタン

Kitsunenoobtan

キツネノボタン

Fumei

ノブキ

Kouyou

紅葉が始まっていたんですね・・・

思えばこの山行の後、ひなてく隊最大の試練が始まったんだったcoldsweats01

一年経ってしみじみ。よく乗り越えたもんだ~catface

2014年8月22日 (金)

南アルプスの鳥たちボトル・2

 教えていただいた

Kumataka

クマタカGET~happy01note

南アルプスをバックに、地上の黄色い花は何だろう?

こんなロケーションで、クマタカに会ってみた~いsign03

2014年8月21日 (木)

赤いキノコ

 カテゴリーの『植物』に異議あり!という方が

いつか現れるかと存じますが・・・

(あ、すでに皆さん気づいてますか・・・そうですよねsweat02

 

 今更カテゴリーを増やすのは面倒なので、大目に見てくださいcatface

・・・というわけで

Akaikinoko

赤い、立派なキノコ!

見つけたときは小躍りして喜んでましたnote

2014年8月20日 (水)

暑い夏の一週間

 日本海から太平洋を、山岳地帯を結んで踏破する

『トランス・ジャパン・アルプス・レース』TJAR。

今年の8月9日~17日の一週間、開催されました。

TJAR HP アドレスhttp://www.tjar.jp/index.html

 ひなてく隊は毎日毎日、WEB上で追っかけ。

伝わってくるエピソードの数々に、一喜一憂+感動crying

Tjardaitsuiseki

山岳踏破技術がハイレベルな選手の方々を以ってしても

大変なチャレンジである行程。

それを支えるスタッフの方々の熱意もすごい。

 そしてリタイアされなかった選手の全員のマークが

太平洋に集結したトラッキング・マップを見た時、

夏が終わった・・・と感じました。

 選手の方々、スタッフの方々、応援の方々、

お疲れ様でした。

これでゆっくり眠られますねnightconfidentsleepy(あ、世間は仕事始めか)

 さて、感動ばかりしていないで、いい加減このたるんだお肉を

引き締めなきゃな~coldsweats01

2014年8月19日 (火)

御岳山~大岳山~鋸尾根~奥多摩駅・2

 さてパート2はお花です。

とはいえ、レンゲショウマ祭り真っ最中というのに、

レンゲショウマは撮るのを忘れました・・・coldsweats01

Yamajinohototogisu

ヤマジノホトトギス。写真がぼやぼやなのは、

撮影がmikolaだったのと、

山道が暗いためと、

運動不足で足がガクガクなためですthink

Ubayuri

ウバユリ。このあたりはいつもアオバトが鳴いています。

Kibanaakigiri

キバナアキギリ。

Toubana

トウバナ

Miyamamamakona


ミヤマママコナ?

Kanotsumesou

カノツメソウ?

Fuirisumirenoha

フイリスミレの葉っぱもかわいいnote

Kamikiri

赤いカミキリ。

このコースでデジイチを担ぎ上げるには

もちっとトレーニングせねば・・・

2014年8月18日 (月)

御岳山~大岳山~鋸尾根~奥多摩駅・1

 高温注意報のでる猛暑の8月上旬、

凍らせたナルゲン・プラティパスをザックへ詰め込んで、

御岳~大岳山~鋸尾根~奥多摩駅コースへ。

 御岳山は、そういえばレンゲショウマ祭りでした・・・sweat02

(写真一枚もなしっ!)

Iwakarahaeruki

御岳山から大岳山方面に行く人は誰もいず。

静かな(danger猛暑の!!)山を二人占め~

岩から生える木~♪

Kirikabu

でっかい切り株。

コンデジなので雰囲気がいまひとつですが・・・

こ~~んな大きな樹が残されているのは、信仰の証。

今回行かなかったのですが、奥の院も良いですgood

このコースは、神様の空気が濃い~

湿度の高い中、アオバトが近くで鳴き、アカゲラが目の前に♪

Ootakejinnjanokomainu

大岳神社の狛犬。不思議なお顔の、大好きな狛犬様。

でもいつも暗すぎて写真がぼやぼや~

今回初めて!撮れましたnote(ナナメめっているが・・・sweat01

 大岳山頂で一休み。

鋸山&鋸尾根への道は大分整備が進んだとはいえ、

悪路です~って、これはそうでもないところですが・・・

Akuro

そしてやっぱり

Iwakarahaeruki2

岩から生える木。鋸尾根は岩が面白い~happy01

そしてはずせないのが

Kusariba

鎖場~!

岩登り(下り)なのか木登り(下り)なのかいつも悩みま~~すcoldsweats01

この先の天狗岩はキャンプ場遠足の子供たちに占領されて写真なし。

ココの天狗様も好きなのね~note

締めはなんと言っても、

Atagojinjanokaidan

愛宕神社の階段。無事下り終わって振り返ったところ。

消失点のある階段って、一体・・・sweat02

最後のココが最大の滑落注意場所ではないだろうか・・・

と、いつも突っ込みたくなる。

Okutamaeki

休憩込みで5時間45分。

鋸尾根はやっぱり、名前通りのUP・DOWNだらけ!タフな道のりです。

汗が凄くてシャワーシートも意味を成さず。

水着持ってきて、川に飛び込めばよかったなあ・・・wave

パート2は山野草編。

写真は・・・期待しないでくださいthinkjapanesetea

2014年8月17日 (日)

秋のタマゴ

ちっちゃな栗に

Kuri

ちっちゃな紅葉

Kouyou

暑い暑いとワメイテいる間に

誰かさんはもうすぐそこ。

2014年8月16日 (土)

鳥の羽

Kakesu

カケスの羽。

子供の頃、山で拾って宝物にしていたら、

絵本『野ばらの村の物語』でノネズミが同じ羽を持っている

シーンがあったっけ。

Torinohane

さて、こちらもよく山で会うのですが、誰の羽?ホオジロかな?

2014年8月15日 (金)

煙草の話

 両親の家の片づけることになり、

ほったらかしになっていた亡き祖父母の着物を

整理しようと箪笥から出した。

祖父の着物を広げた時に「煙草のにおいがする!」

と母親と二人で騒然となったそう。

調べると袂から、少量の煙草の葉っぱが出てきたそう。

「ああじいちゃんって、本当に生きていた人なんだ、と思ったよ」

 

 祖父は戦争で、今の私たちより若い時に亡くなったという。

幼かった母親は、祖父の顔を覚えていないそうだ。

 ろうそくを見ながら酔った頭でぼんやりと、

みんなで彼女の話を聞いていた。

ふと、一人が顔を上げた。

「今、煙草のにおいがした気がしたんだけど・・・」

皆うん、うん、とうなづいた。

Candle

2014年8月14日 (木)

ヤモリ

朝、窓を開けると

Yamori

ヤモリが「おはよう」

おはよう。今日も暑くなるね。

飛んできた、けたたましいアオゲ~(アオゲラ)の声にびくっ!

エサ(虫)もたくさんだけど、敵(鳥)もたくさんだから、

ひなた山に住むのは、案外と大変かもね。

2014年8月13日 (水)

アブラゼミの交尾

セミ2匹が死んでいるのかと思ったら

Aburazeminokoubi

交尾中。近づくと

Aburazeminokoubi2

表に返ってジ・ジ・ジ・・・と移動。

アブラゼミ・ハート。初めて見ました!!

最期に出会えて、良かったね♪

2014年8月12日 (火)

空へ

 頂上へ向かう相方をふと見上げると

To_summit

空へ向かっているように見えることが多いshine

2014年8月11日 (月)

ノスリ

忘れた頃に

Nosuri

ひなたやま上空に現れることがある、ノスリ。

どんな景色が見えるのか、報告してもらいたい~note

2014年8月10日 (日)

ルリビタキ

今頃君は

Ruribitaki

どこを旅しているのかな。

2014年8月 9日 (土)

フクロウの着地

 そうだよね~飛んだら

Owl

着地しなきゃ。

それもなるべく軟着陸。

それは誰もが苦心するところ。

2014年8月 8日 (金)

ケープタウンペンギン

Penguin

涼しそう!泳ぎたい!!と思っているときに限って、

ジムのプールが工事中だったりする・・・wave

2014年8月 7日 (木)

河川敷てくてく

 出先で河川敷に出来た、新しい歩行者専用道路を見つけ、

「これって家の近くまでつながっていないかな~」

と思ったのが運のつき。

真夏の炎天下の真昼間sun歩き出しちゃいましたfoot

地図もないので、

Hyoushiki

こ~んな標識があっても深く考えず

Kasenjiki

わ~い、良い景色noteなんて調子よく進んでいると、

30分もたった写真奥の木が茂っているところで、

見事行き止まりdanger

Aosagi_2

川を渡ろうかな~とも思ったのですが、両岸の藪は

越えられそうもないので、あきらめて延々引返します・・・think

澄ました顔のアオどん(アオサギ)が恨めしい・・・(八つ当たり)

Daisagiaosagi

引き返して小さな橋を渡り、対岸で先ほどのアオドンのところに辿りつくと、

ダイちゃん(ダイサギ)が増えていました。

Murasakinokobana

先に進むと紫色の藪がところどころに。

土手に咲いている花を見つけました。

Arechihanagasa

かわいい~お花。スターチスみたいにアレンジに使えそうflair

アレチハナガサという外来種でした。

Chinjunomori

涼しそ~うな鎮守の森を横目にてくてく。

Aosagi2

まるっきり保護色なアオどん。

どん詰まりの土手を引返した&諸々のロスが響いて

結局家まで4時間!かかり・・・

『ひなたてくてく』ならぬ、『炎天下てくてく』sweat01

幸い風があったのと、自販機がうまい具合に川沿いにあったので、

熱中症にならずに済みましたhappy01

が、黒こげですthinksweat02

今年も美白とは無縁の夏が来たsmile

2014年8月 6日 (水)

ミニチュアな世界

ちっちゃなサボテンとツル?コウノトリ?

Sabotentsuru

民家の玄関先にたくさん並んでいました。

不思議な取り合わせがユーモラス。

ちょうど庭先にいらっしゃったご主人に許可を戴いてぱちり。

平和って、こういうこと。

2014年8月 5日 (火)

入道雲

 けたたましい声のアオゲラを見送って、

見上げる空にでっかい入道雲。

Nyuudougumo

ラピュタだ!!

・・・とばかり手放しで喜べない最近の空。

この日は湿気が少なかったので

これ以上発達せず、40分くらいで散っていきました。

2014年8月 4日 (月)

お山の花火

雷鳴かと思ったら、あちらこちらの花火大会の

音花火でした。

そのうちちっちゃな花火大会が山向こうで

始まり、慌ててカメラを。

Hanabi

手持ちなのでブレブレ。

ちっちゃなお祭りの、ちっちゃな花火。

気がつくとコウモリと一緒に観ていました。

いよいよ、夏本番。

2014年8月 3日 (日)

ホク川のカワセミ

Kawasemi

視線を感じて見下ろすと、

カワセミの若鳥が2羽で睨んでいましたshock

兄弟かな?

ビックリ!したので(そもそもコンデジしかなかったし)

超ブレブレcoldsweats01

2014年8月 2日 (土)

セミの脱皮中

 こちらは木が鬱蒼と生い茂り

昼なお暗い小道。

Seminodappi

まだ日が暮れていないうちから、

土から出たばかりの個体が、脱皮体制に入っていました。

薮蚊の攻撃に負けて、そっと応援して退散。

もうすぐ、空だよ。

2014年8月 1日 (金)

セミの抜け殻 あちこち編

 7月下旬真夏日の夕方、ぶらぶらお散歩foot

Seminoana

地上にセミが出た穴が、あちこちぽこぽこ。

Seminonukegara1

木の幹にも

Seminonukegara2

杭にも

Seminonukegara3

葉っぱの裏にも

Seminonukegara4

なんと!草の葉の裏にもセミの抜け殻がheart

この日、10個以上は見つけました。

山がにぎやかなわけです。

暑さを、命を、謳歌中note

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »