« 炭水化物祭り | トップページ | デング・フィーバー »

2014年9月 5日 (金)

ありの~ままの~カワセミ

 H鋼の上にカワセミが。

Kawasemi

「絵にならんっ!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

♪ありの~ままの~すがた~みせるの~♪

ってやつです。

映画もDVDも見てないけどcatfacescissors

« 炭水化物祭り | トップページ | デング・フィーバー »

コメント

この写真、とてもいいと思います。出版物では間違っても使われないカットかもしれませんが、これが現実です。フィールドで見るとこんなことたくさんありますよね。本になる段階でフィルターがかけられていることを、本しか読まない人は意外と知らないのかもしれません。カワセミ=美しい清流のものみたいな・・・本だけ見て知ったフリする人は少し話すとこの辺でぼろが出るんですよね。でも本を作るとなるとこの壁を壊すのがとても難しいのです。たとえば子供向けの本を作ろうとすると、捕食シーンはだめ、お母さんが手に取るから蛇はだめとか・・・業界のルールかもしれないけど、正しい理解はされないですよね。一度、殻を破ったものが売れると、今度は右向け右なんですけどね。

かわむつ師匠
 うわあ~!!ひなてく隊の他愛のない写真に
奥深いコメントありがとうございます。
そうなんだあ、そうなんだあ、だからきれいな写真しか
目にしないわけですね。
 でもそんな『壁』は残念ながらヘナチョコ生き物係の
ひなてく隊にもあったりします・・・と気づいたりしました。
 目からウロコ!!
師匠からは学ぶことが多すぎます!
嬉しいです!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 炭水化物祭り | トップページ | デング・フィーバー »