« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月15日 (金)

三国山~陣馬山2 山野草編

7 4月下旬、三国山・生藤山・茅丸・大蔵里山・醍醐丸・陣馬山

を歩いてきました。行程の詳細はパート1で。パート2は

山野草編です。mikolaのボケボケ写真で失礼します・・・

1ikarisou

イカリソウ。

2chigoyuri

チゴユリ。

3sumire

アケボノスミレ

4hitorishizuka

ヒトリシズカ

12sumire2shu

ナガバノスミレサイシンとタチツボスミレ~♪

2015年5月14日 (木)

三国山・生藤山・茅丸・大蔵里山・醍醐丸・陣馬山 1

 4月下旬。山桜の散った花びらが新緑を漂う中、

三国山・生藤山・茅丸・大蔵里山・醍醐丸・陣馬山を歩いてきました。

石楯尾神社バス停~陣馬高原下バス停まで総行程約13キロ、

休憩込みで約5時間半。

上野原の駅に着いたのは、バスの時間より早すぎたので

タクシーで石楯尾神社へ。2,700円。

因みに上野原駅はいつ来てもバス・タクシーの方々が

とっても親切でおもてなしの心に満ちています。なんて素晴らしいshine

 お参りしたかったので、石楯尾神社のバス停で下車。

お参りしていたらアカゲラが迎えてくれました。

この神社もココから続く里の歩きも、気持ちが良い~♪

生藤山登山道からは植林の中、九十九折。

ちょうど山野草が花盛りでオオルリ・キビタキ・ヤブサメ・カケス

と共に励ましてくれますが、ちとつらい。

誰にも会わず、貸切~

5yamamichi

サクラで有名な尾根道に出ると、楽だ楽~happy01

なんだか懐かしいような登山道が続きます。

サクラは老木で、天狗巣病で下の枝は払われてしまったのか、

頭上遥か上で咲いていますcherryblossom

所々に道祖神が。謎は後で解けるのだmobaq

6mikunisan

程なく三国山山頂。

東京・神奈川・山梨の3つを分けているので

三国山だ!!と山頂の看板を見比べている内に閃いたflair

だから道祖神があったんですねえ。

7shoutousan

下ってぎざぎざの岩道を登ると生藤山。

こじんまりとした山頂、落ち着けます。

山頂を越すとぎざぎざの岩道を下ります。

ココがこの行程一番の難関かな??

山桜と新緑が眼福な中、サルの群れがにぎやかでしたsweat01

茅丸の登りはつらいよ~と運転手さんが教えてくれましたが、

よく整備されていました。

8kayamaru

トレランの方に会いました。「どちらからですか~」と問われ、

上野原からです~と答え、どちらからですか?と問うと

「武蔵五日市からきて、浅間峠で降りようかな~

と思っているんですが・・・」と笑顔。

う~ん、それだと好きな山に全て登れる。いいなあnote

9michishirube

道しるべと相方。

この辺りから反対側に進む登山者の姿がちらほら。

地図で「山の神」「四角い石」とあったので、どこだ??と

探しながら進むと峠の道しるべに『山ノ神』の文字。

四角い石が確かにありました。手を合わせ、登ると

10ookurasatoyama

ひょっこり、手作りの素敵な看板のあるピークが。

地図には名前はありませんが、地図で『山ノ神』に書かれた

標高と同じ。混同されているのかも??

 さてお次はいよいよ、八王子最高峰、醍醐丸!!

最高峰と言うのは、やはり心躍るもの。

そして大蔵里山の向こう、新緑の木々の頭越しに

ぽっこり大きなピークが見えます。

「もしかしなくても・・・あれだよね」

shoumaの言葉に少し動揺するmikola。

でもあの山をめざすのだ~っっっ!!

この行程全てに言えますが、道が整備されていて

助かります。

11daigomaru_2

着きましたhappy01sign03狂喜するmikolaに冷静なshouma。

山頂には鳥の声を録音する人や、お弁当を食べるご夫婦が。

そして遠くに人工物が光る山。

「あれ・・・どう見ても陣馬山だよね?」

まだあんな遠くまで行くのかっっsweat01

でも行程は楽。

程なく和田峠に出ますが、そこからの登りが

乳酸がたまった足にきつい~~~bearing

13jinbasan

そして陣馬山!白馬が光って見えました!!

14kitamichi

来た道を振り返ると新緑も美しく、いやあ~~~~感慨深い。

左の新緑のピークが生藤山。そこからぐる~っときた訳です。

よく歩いたあ~~!!と乾杯を繰り返していたら30分も休んじゃいました。

あらま。

15koinobori

コイノボリと峰々に別れを告げ、気持ちの良い山頂から下ります。

パンパンの足に和田峠からの舗装路歩きのつらいことweep

この行程第二の難関は間違いなくココですbearing

延々30分ほど下る、とやっと陣馬高原下バス停。

陣馬山は好きだけど、登りも下りも、登山道・舗装路共

どちらを選んでも、苦手でございます・・・

終いにはオオルリ・キビタキともガビー(ガビチョウ)の

様に聞こえてきましたdown

 この行程道は良いのですが、トイレは上野原駅・和田峠・陣馬山山頂・

陣馬高原下しかありません。女子はちとご覚悟を。

上野原駅からバスで、石楯尾神社でなく終点の井戸バス停で降り、

軍刀利神社から登ると、神社手前の手入れの行き届いた

トイレが借りられます。タクシーだと3,000円越すそうですが。

 さて、お次パート2は山野草編。

いつもの通りmikola撮影でボケボケです~wobbly


2015年5月13日 (水)

女子ヤマ

 永らく尊敬している女子力の高い先輩に、

山歩きへ誘われました。それも二人っきり!

行動食はいつもテキト~にコンビニで買い込む

mikolaは女子力ゼロ。

慌てて女子が読む山雑誌を買いに走ったくらいdash

当日は天気が悪くなる予報、ま、行ってみて駄目なら

引き返しましょうと、しゅっぱ~~っつっっnote

結局は降られることなく、また誰~~もいなくて

貸切の山行。

キビタキ、オオルリ、ヤブサメ、といった夏鳥。

エンレイソウを始めとした花々、道祖神、最後度肝を抜いた

カツラの巨木。

様々な出会いで、誘ってくれた先輩に感謝。

Photo_2

きれいに咲いていた山桜。

mikolaの女子力が上がったかどうかは、また別の話sweat01

2015年5月12日 (火)

エビネ

Photo

 4月上旬、実家に顔出すと、庭の花々が満開でした。

画家さんが絵を描きにきたそうです。

エビネとクロユリも満開。

クロユリの写真を撮ろうとしたら、木々の間ではなはだ遠くて

撮れず。

何であんな遠くに植えたのかと聞くと

「だってあなたが臭いよって言うから」

・・・確かに。

というわけで、残念ながら平地で咲いたクロユリ写真はなしsweat01

2015年5月11日 (月)

里山歩き

 お蕎麦が大好物なひなてく隊。相方の仕事が午前中で終わったので、

ちょっと遠出して里山のお蕎麦屋さんへ。

ところが竹やぶでツクシンボを見つけたところから、

目的が変更!

1saihairan

サイハイラン。  ショウジョウバカマ(ご教授ありがとうございました~♪

メールに今!6/2sweat02相方が気づきましたcoldsweats01訂正・返信が大変遅くなり、

申し訳ありませんm(_ _)m)

2nekonome

ハナネコノメの果実

3kochamerusou

コチャメルソウ♪コレを見なければ、春を迎えられない~happy01

カワガラスが手を伸ばせば届く近さで、飛んでいきます。

二人してヒトと認識されなかったらしい・・・catfacesweat02

4sumireyamarurisou

タチツボスミレとヤマルリソウのコラボ・・・気絶しそうnote

そうそう、お蕎麦を食べるのにカメラは持っていないので、

写真は全てshoumaによるスマホ撮影です。

5yamarurisou

ヤマルリソウUPsign01

6ichirinsou

イチリンソウとヤマルリソウ・・・もうココに住みたいhappy02heart01

っていうか、スマホカメラもすごいけど、相方の腕もスゴか~

機械オンチのmikolaのスマホ写真は、もちろん撃沈downwobbly

7sumire2shu

マルバスミレとタチツボスミレ。

今年初めてのオオルリとキビタキの声。

気分は上々notenote

8otamajakushi

ヤマアカガエル?のオタマ御一行様。

9chigoyuri

気の早いチゴユリが。

10yamazakuratoshinryoku

4月中旬。でもまだ春浅い里山でした。

ってか、デジカメ要らないかもcoldsweats01

2015年5月10日 (日)

母の日

 前倒しの母の日で昨日二人の母の家へ。

気取らないけど、きっちりプロでセンスの良い花屋さんと

同様の果物屋さんを発見!!

親孝行の真似事をしながら、自分達にもラッキーな日と

なりましたhappy01note

 健康が気になるお年頃、

自分達や身内は許より、友人・知人・お付き合いも

スウィーツなんて全く喜ばれない。

高級チョコレートより、干し柿なんだから。

プレゼントは健康食材かお花がよろしい。

だから気取らず(←ココ大事)、センスの良い花屋さんと果物屋さんは必須。

Fruits

センスの良いアレンジと花束は写真撮るの忘れて

あげちゃったので、果物のみ。

2015年5月 9日 (土)

春の大雨

 春の大雨の日、朝から仕事頑張って、車でびゅ~っと移動。

お山は肌寒く、相方が暖炉を焚いてくれました。

mikolaはごろごろしながら、仏教のお勉強。

終活(!?)もしてしまい、欲がなくなったところで

法事でのご住職のお話が、最近の漠然と考えていたことに

ぴったりだったので、仏教に興味が出てきたところ。

仏教系の大学を出ているし、南アジアに住んでいたので、

身近な環境ではあったのですが、興味を持ったのは初めて。

歳ですかねえ・・・

相方は何故かお寺で修行をした経験があり。

『般若心経』も唱えられるので、暖炉の世話をしながら

手ほどきをしてくれました。

Kijinofuufu

遠くにキジのつがいがいました。

雨音を聞きながら、のんびりした日もいいものです。

2015年5月 8日 (金)

今熊山のミツバツツジ

 今年もサクラとコラボでした~

Tsutsujidani


Tsutsujitani2


Mitsubatsutsuji


Tachitsubosumire_2

タチツボスミレも満開。

4月初旬。

2015年5月 7日 (木)

部屋から鳥見

 この日は氷点下!

暖炉部屋生活中だったので、shoumaが火を熾してくれました。

Photo

そんな天気だったためか、窓からベニヒワ、オオアカゲラ、マヒワ

と相方の鳥運もFIRE ~thunderでした。

2015年5月 6日 (水)

白いオオイヌノフグリ

 皆さん、昨夜の土星見ましたか♪

双眼鏡でも輪っかが見えて仰天でした。

さて、3月下旬の話。相方と走りに行くと

Shiroiooinunofuguri

coldsweats02

Shiroiooinunofuguri2

ええ~~~っっっshock

白いオオイヌノフグリたくさんっ!!

初めて見たのでたまげました。

2015年5月 5日 (火)

シーズン最後スノーハイク

 去年7月にあちらこちらに配ったクロユリの球根が

開花したという便りが、友人たちから届く今日この頃。

平地でも咲くんですねえ・・・

ひなた山では今日もキビタキとアオゲラが元気いっぱい!!

そんな中で3月のシーズン最後のスノーハイクネタをcoldsweats01

1

この日は天候が荒れる予報。シカも早くから風の避けられる場所を確保。

何故かひなてく隊、安穏では終われませんcatfacesweat02

2


3

寒すぎて3月とは思えない光景。

4

雪の質は確かに春の雪。

5

寒くて吹雪いてますけど~

6

高カロリー食を補給しながら、条件が良い日より元気な二人。

7

登山道の赤テープがたなびいたまま凍ってますshock しばれる訳だ・・・

8


凍りついた山。

あ~でも雪山シーズンも終わりかあ・・・

と名残惜しい。

9

シカと

10

カモシカに会いましたheart01


2015年5月 4日 (月)

こいのぼり

 雪山の記事もUPしきれないうちに、

なんとshockゴールデンウィーク!!←自虐的sweat01

ひなた山ではキビタキとツミとオナガと・・・何かとにぎやかな毎日です。

取り急ぎ、季節ネタをnote

Minamikiyosato

道の駅南清里・・・だったかな?谷一面、こいのぼりが泳いでいました。

この日は確か、菜種梅雨で山行中止、お花見ドライブへ変更~rvcardash

北杜市のサクラの銘木をめぐったcherryblossom贅沢な一日でしたlovely

(何故か一枚も写真なし!sweat02

4月中旬。

Jinbasan

こちらは陣馬山山頂。

写真奥に見える生藤山から縦走した時迎えてくれたこいのぼり。

風に吹かれて最高でしたgood

4月下旬。こちらの山行は後日UPする予定・・・(予定は未定coldsweats01

明日も遊びますっ!!(そしてますます時差が広がるブログでしたsweat01

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »