« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月30日 (木)

三頭山・3 大きいカエル

 さてさて、湿気と植物観察で、一向に歩みが進まないひなてく隊。

1kaeru

でっかいカエルが遠くから睨んでおりましたcoldsweats01

何カエルでしょう。ウシガエルでないことを願うsweat01

2misosazai

湿度100%近くでもミソッチことミソサザイは元気元気notenote

コケも白いキノコも元気元気note

バテバテなのは、ひなてく隊のみsad

3taki

湿度が上がりすぎ、空は真っ暗。空気も霞んできました。

これは・・・来るぞ~thunderrain

野生のカンで、撤退開始!

下りはあちらこちらで

4kaeru

でっかいカエルさん達がお見送りしてくれました。

この湿気が快適なんでしょうね。

この方とヘビの間に知らず知らず割って入っていたらしいひなてく隊。

ヘビが沢の中に逃げて行きました。

5kaeru

どこにいるか見つかりましたか~??

この方は大変眠そうでした。

6tochibaninjin

トチバニンジン??

一陣の涼しい風が、黒い雲を呼び寄せます。

7kifunetsurifunesou

キツリフネソウにはパラパラと雨のしずく。

8kisekirei

再び売店『トチの実』で、名物カレーパンとメッツコーラで乾杯。

駐車場のトイレでは着替え台が置いてあり、汗びっしょりの着替えに

大変助かります。

ゴロゴロ・・・thunder遠くで始まったので、キセキレイの若に別れを告げ、

雨雲と追いかけっこで車を走らせますが、

とうとう、ひなた山近くで土砂降りの雷雨に捕まりましたrain

いやあ~あのまま登り続けず、良かった良かったcatfacedash

2015年7月29日 (水)

三頭山・2 ギンバイソウ

 午後から雷雨の予報の中、奥多摩の三頭山・パート2です。

沢沿いの道に進むと、少しは涼しいのかな?と期待していたのですが、

却って湿度が100%近くに上がっただけでしたshocksweat02

水分を摂っても摂っても汗に替わるだけ。熱中症注意ですdanger

 ちょうどギンバイソウが満開~終わり掛け、至る所にありました。

1_ginbaisou

梅の花に似ているから銀梅草なのかな。

4ginbaisou


バイカ(梅花)ツツジといい、すぐ梅の花を連想する私たち。

日本人にとって、ウメってやっぱり大事な植物なんでしょうね。

2_ginbaisou

ちょうどハチ柄のこの虫の交尾に適した日だったようで、

これまたあちらこちらで会いました。

3_ginbaisou

花も面白いけれど、不思議なのはこの葉っぱ。

5_ginbaisou

どんどん二股に分かれていく・・・この草にはこのユニークな形が必須

なのでしょうhappy01

パート3に続きますupwardright

2015年7月28日 (火)

三頭山・1

 この日は午後から雷雨の予想だったので、

奥多摩の三頭山へ。前の日飲みすぎのためか、

なんと!行動食も水も昼食もすっかり買い忘れsweat01

駐車場の自販機で水分購入、売店『とちの実』で

搗きたての磯辺もち・あんころ餅、ナッツ好きの相方は

マカデミアナッツクッキーもGET。

「天気崩れますから、早めに行動したほうがいいですよ~」

とご主人にアドバイスを戴いて、さあ出発!!

1_hoonoki

とは言うものの、湿度80%はきつか~

悪天候に強くとも湿気に弱いひなてく隊、汗だくだく。

緑の中一際朱色の枝がありました。

弱っている枝は、早めに紅葉するそうです。

2_hanshouzurunomi

そして植物いっぱいのお山に、mikolaはちっとも進みません。

ハンショウヅルの実♪

shoumaはアカゲラの親子を観察してました。

3_kusaajisai

クサアジサイの真ん中が残った状態?

ちらちらと線香花火みたい。

4_baikatsutsuji

バイカツツジ

5_inutoubana

イヌトウバナ

ランニングに短パン、大きなザックというご年配の山男さんが

軽快に「何を見ているんですか~」とさわやかに声を掛けてくれました。

この方のおかげで、途中オオルリを撮っていた鳥屋さんに、

キレイな鳥の写真を見せてもらい、また歩き出します。

6_yamayuri

ヤマユリもそこかしこに。

7mitouootaki

前日の雨のおかげで、三頭大滝も大迫力happy02note

とは言うものの、湿度もだんだん上がってきて・・・

パート2に続きますupwardright

2015年7月24日 (金)

お土産

 かわいいお土産を戴きました~♪

Omiyage

ひなてく隊の趣味に合うよう選んでくれたお菓子。

実は非常にレアな場所からのお土産です。

多分一生のうち、ココのお土産を戴く機会はもうないだろうな・・・

ホッキョクグマ、ハクチョウと北の生き物が生き生きと

描かれていますhappy01

2015年7月19日 (日)

東京タワーのお土産

 所用で東京タワーへ。

嫌々出かけた割に、増上寺や芝公園も見学したいな~

と通り過ぎ、タワーの麓に着くとちょっと感動。

展望台に昇ると、イロイロ感慨深く眺めてしまう。

若い頃は昇っただけで何の感想もなく、

トレーニングがてら階段で下ってお終いだったような。

Tokyo_tower_honey

お土産はこ~んなおしゃれな蜂蜜が売っています!

コレは菩提樹の蜂蜜。

あとアカシアと蕎麦の花のがありました。

女子へのお土産に配り、好評~happy01

Shiohiyoko_box

東京土産『ひよ子』は苦手だったのですが、小豆餡

なので買ってみました。

Shiohiyoko

カワイか~heart01ひよ子型のゼリーやプリンもありましたよ~

 ランチは近くでビュッフェ。

もう、食べたい物しか食べたくない世代になってしまうと、

ビュッフェに来ても意味がない・・・

 家で作るサラダの方がいろんな野菜が入ってるし。

スイーツより、友達からもらった旬のスモモの方が嬉しいし。

はしゃぐOLさん横目になんだか歳を実感した日でしたbearingsweat01

2015年7月18日 (土)

梅雨の多摩ず~2

梅雨の多摩ず~の続きです。

9_golden

余りの蒸し暑さに、ゴールデンターキンも水飲み中。

10

元々のお住まいも、こんなせせらぎしかない、

乾燥した山岳地帯なのかしらね。

11yamayuri

ヤマユリがあちらこちらで・・・

12yamayuri

満開ですheart01

13kounotorioyako

コウノトリのヒナは大きいけれど

14kounotorioyako

まだお母さんが世話焼き中。

16_desert

暑くて休憩。

フラミンゴスカッシュ(?名前忘れましたsweat02

凍ったベリーとブドウのアイスとゼリーが入った

デザートの上に、フラミンゴhappy01note

おしゃれでおいしくて冷え冷えデザートなのに、

注文するお客さんの数は何故かカキ氷の方が多かった・・・

でもコレに懲りず、おしゃれなメニュー増やして下さいsign03

女子は応援しています~(女子?への異論は受け付けませんthinkannoy

2015年7月17日 (金)

梅雨の多摩ず~

 ひさ~~~しぶりの多摩ず~へ。

1aosagi

なのに最初に会ったのはアオどん(アオサギ)。

若鳥が巣立ったばかりで数が増えた・・・感じ?

2yamakurumabana

ヤマクルマバナ?木漏れ日のスポットを浴びてキレイ。

3hiyodoribana

ヒヨドリバナにスジグロチョウ・・・羽が痛んでいて大丈夫??

4

アイドル目線のミミズク。羽ふわっふわ。

5_akabanayuugeshou

アカバナユウゲショウを巡る小さな世界。

6tamagotake

さすが梅雨後期!見事なタマゴタケを発見~♪

7waraikawasemi

ワライカワセミ。

8waraikawasemi

この方は若いお嬢さん二人に向かって、突如大声で

「クルルル・・・ッッannoy

お嬢さん達はあっけにとられ、

「あ~・・・今の・・・笑った~・・・??」

・・・明らかに笑っていないし。威嚇の鳴き声。

若さに対するアレルギーですかcoldsweats01

15_lunch

ランチは『野菜たっぷり唐揚げ丼』&『トロピカルアイスティー』

shoumaは『ラーメンと小どんぶりセット』だったかな?

トロピカルアイスティーは凍ったフルーツが沢山入っていて、

ガムシロ入れなければ甘くないので、ヘルシーnote

暑い日にお勧めです。

お箸の袋もニューバージョンsign03

さっそくmikolaのコレクションが増えましたhappy01

2015年7月16日 (木)

Tama Zoo Train

 久しぶりに多摩ず~へ行きました。

京王多摩動物公園線の多摩ズートレイン!!

乗りました???

Tamazootrain

外見は余り変わっていないのですが・・・

中はと~ってもラブリーheart01

Momoiroperikan

モモイロペリカン車輌(トキかと思いました~)

Yakushika

ヤクシカ車輌(トナカイかと・・・coldsweats01

Tiger

トラ車輌

Elephant

ゾウ車輌

・・・と車輌によってひとつの動物がデザインされていて

シートの色やなんと窓の日除けまで凝っていますnote

Tamazootrainfloor

床もラブリ~heart01

他にも鉄ッちゃん向けの撮影ポイントとか、シールとか

あるらしいです。

おまけに多摩動物公園駅のお土産屋さん、『たまどう』。

小さいお店ですが品揃えがスゴイ。

イロイロな新幹線(よく分からなくてすみません)の

カットバンや、『うまか棒』、

蒸気機関車のペーパークラフト付きの『キットカット』や

文房具etc、

鉄ッちゃんだったら衝動買いしてしまいそうな物がたくさん!!

鉄ッちゃんじゃなくても、見ているだけで楽しいhappy01

ぜひぜひどうぞsign03





2015年7月15日 (水)

タマムシ救助隊

 毎年この時期はひなた山周辺でカブトムシ救助隊

にならざるを得ないのですが、

今年は珍しく、歩道でひっくり返っていた

Tamamushi

タマムシを救助。

カメラもスマホも持っていなかったため、写真は以前のものですsweat01

表に返したところ、今度は車道へ向かって歩き出したので

慌てて森へ返しました。

虫と接する時、話しかけちゃうんですよね~

ふと顔を上げると、通りがかりの人が、目を合わせないようにして

行過ぎていきましたsweat02

2015年7月14日 (火)

オオバノトンボソウ

 子供の頃、父が蘭好きでよく山へ見に行きました。

三つ子の魂とやらで、今でもラン科の花に会うと嬉しいです。

Oobanotonbosou


 こちらのオオバノトンボソウも

ばったり会って、まあまあ、こんなところで!

お会いできて光栄です!!とご挨拶。

 昔は普通に野山で見かけたラン達も

盗掘が進んで会えなくなってきて

さびしい限りweep

 移植したって、私たちの腕では育ちませんthink

毎年そっと、私たちの足で会いに行きましょwink

2015年7月13日 (月)

ニホンノウサギ

 朝早く、林道で会いました。

Nihonnousagi

ニホンノウサギ???

可愛か~heart01

2015年7月12日 (日)

ルリボシカミキリ

永年憧れていた虫に会えましたsign03

Ruriboshikamikiri

ルリボシカミキリ~happy01note

『瑠璃』に『星』ですよ?なんて素敵な名前なんだあ・・・

ニワウルシの樹に何か飛んできた~と思ったら、

shoumaが「ルリボシカミキリだ!」

Ruriboshikamikiri_2

遥か樹上。相方頑張りのスーパーショットです。

2015年7月 8日 (水)

笑うムフロン

 尊敬する人の一人に、彼女がいる。

いつも笑っているので、腹筋ばっきばき。

いつも一生懸命車いすを漕ぐので、

いくら食べても太らない。

快食・快便・快眠。

他人のことを思いやれる。

歳がいくつだろうと、障害がいくつあろうと関係ない。

人生で大切なことは、全て彼女から学べるなあ、といつも思う。

Warau_mufuron

いつ撮ったか忘れたムフロンの笑顔っぽい顔を見ていたら

そんな彼女を思い出した。

声が大きいのが玉に瑕だけどね、○○さん。

2015年7月 7日 (火)

高尾山花散歩・3

 高尾山花散歩・3です。

14hiyodorigusa

ヒヨドリバナも

16yamahototogisu

ヤマホトトギスももう咲いています。着々と夏の準備。

遠くからアオバトの声が。

15aosuzuran

アオスズランにスポットのように一瞬、陽が当たります。

男性が真剣な顔で撮影されていたので、お邪魔しないよう

そそくさと。

17tsuchiakebi

不思議な様子のツチアケビ。

狂喜するmikolaの横で、shoumaがしぶしぶ撮っていました。

こういう不気味な花も好きなmikolasmile

18shakujousou

シャクジョウソウ。会えてラッキ~note

19ichiyakusou

あ、またイチヤクソウ。

「コレ、なんていうお花ですか?」と通りがかりのご夫婦に尋ねられ、

話が弾みます。

20asagimadara

アサギマダラに会いました、今季初!

留まらなかったのでブレてますが・・・sweat01

21karasuageha

カラスアゲハが給水中。

花にもイロイロな方々とも会え、最高のお散歩でしたhappy01

2015年7月 6日 (月)

高尾山花散歩・2

 梅雨の合間の花散歩・Part2です。

6giboshinotsubomi

 ギボシのつぼみ。実はギボシはこの状態が一番好きhappy01

先日お世話になったガイドさんにばったり会って、お互いびっくり。

再び幸運に喜び、御礼を言うことができてよかった~note

 その後女性の二人連れの方に「あっちにイチヤクソウが咲いてるよ~」

と教わりました♪

7ichiyakusou

ありました!!イチヤクソウheart01

8akashouma

アカショウマはあちらこちら、花火みたい。

クロツグミの声が響き渡っていました。

お一人の男性に声を掛けられ、「昨日はアカショウビンが

聞こえたんだよ~今年は結構聞いたって言う人、

多かったんだよ~」と教えてもらいました。

スゴイ、来るんだ、アカショウビン!

9oobajonohige_2

ジャノヒゲとオオバジャノヒゲの区別はいまひとつ分かりませんsweat02

10kumokirisou

クモキリソウは終わりかけ。

11okatoranoo

オカノトラノオは並んでいるとユーモラス。

12kobanokamomezuru

コバノカモメズル。カモメというより星みたい。

13

ヒメコウゾの実も鈴なりです♪

収まりきれず、なんとパート3へsoonrunrun

2015年7月 5日 (日)

高尾山花散歩・1

 天気が悪いと引きこもっていると、梅雨に咲いている

花達に会えそびれるので、雨の合間を縫って

防水仕様で高尾山へ。

1ginreika

ギンレイカはもうかわいい実が。

湿気がすごくて熱中症注意danger

ヤブサメがよく鳴いていて、こういう湿気が好きなのかな?

と汗を流しながらshoumaと分析。

2inutoubana

大好きなカラミンサに似ているので、

つい足を止めてしまうイヌトウバナ。

3katatsumuri

梅雨の主役、カタツムリ~

3teikakazura

テイカカズラがまだ咲いていました。

オオルリ、キビタキ、イカルと次々と。

4houchakusounomi_2

ホウチャクソウの実もかわいい♪

5kinoko

こちらも梅雨の主役!きのこ♪

5nigaichigo

ニガイチゴもあちらこちら。

梅雨は植物たちにとっては恵みの雨だから実生が多いのでしょうか。

鳥の若たち・動物の子供たちも、きっと大助かり。

2に続きます~soonrun

2015年7月 4日 (土)

ニイニイゼミの抜け殻

 み~っつけた!!

Niiniizeminokara

セミの抜け殻。

今鳴いているのは、ニイニイゼミかな?

6月下旬。

2015年7月 3日 (金)

大人のためのムササビウォッチング

 6月25日、八王子市の高尾山で開催された

『大人のためのムササビウォッチング』へ。

1mttakao

そういえば高尾山口駅が新しくなったんだっけ。

初めて来ました。建て替えかと思ったらリフォームだったんですね。

女性のトイレが数が増えてキレイになったのが一番うれしか~です。

2musasabi

ムササビの銅像が迎えてくれます。

さてはて、お会いできるでしょうかsign02

3chouchin

キビタキの声を聞きながら、集合。

ビアマウンテンがもう開催されています。

20名定員の中、105名の応募があったそうで。

ひなてく隊、抽選に当たってラッキーでした!

4display

ガイドさんも厳選された(!)参加者の方々も良い方ばかり。

すぐに打ち解けて、イロイロなプログラムをこなしていきます。

5sugi

 フィールドに向かう途中、ヤブサメやイカルが鳴いていて

アカショウマやヤマユリが咲いています。

ムササビのことや高尾山について

詳しくなった所で日が暮れてきました。

もちろん、ムササビ観察上のマナーもしっかり、

頭に叩き込みます!!!

6yuugure

 ムササビが巣穴から顔をひょいと覗かせました。

5分くらい顔が出たり入ったりしていましたが、

突如『カッ』とヒヅメ(・・・とは言わないかsweat01)で

踏み切る音がしたかと思うと、

なんとshoumaの頭のすぐ上を滑空していきました。

で、でかい~~~~っっ!!!重そう・・・・sweat02

というのが印象。でもみんな間近で見られて、

静かに大興奮happy01

 もうひとつのフィールドへ静か~に移動。

ココでも静かに闇に紛れて待ちます。

左後ろの木が怪しい・・・と見ていたら

「ぐるるるる・・・」と鳴き声がした途端、

星空の下、す~っと音もなく見事に滑空するムササビ!!

絵に描いたような光景でした。

たどり着いた枝からよいしょ、よいしょと重そうに登り、

梢に消えていきました。

 解散時はフクロウがお見送り。

梅雨にもかかわらず天気もさわやかで

最後の最後まで楽しいプログラムでした。

準備が忙しかっただろう、スタッフの皆様、

ご一緒した参加者の皆様、ありがとうございましたhappy01

高尾の自然の素晴らしさに圧倒され、

満喫した夜でしたmoon2

2015年7月 2日 (木)

アオダイショウ

 歩いて一時間かかる飲み屋さんまで

散歩がてら向かっていると、

1aodaishou

緑地帯の遊歩道にアオダイショウ登場。

ほんっと、鳥のヒナが巣立つ今頃、アオダイショウって

よく会います。

2aodaishou

shoumaが撮らないので、仕方なくスマホでmikolaパシャ。

ほら、やっぱりピントが合わないのね~

今まで黙っていたけど、都会育ちだけにヘビは嫌いらしい・・・catface

ヘビに会うと得した気分になるmikolaには、言えなかったらしい・・・smile

2015年7月 1日 (水)

ホタル見ナイト

 久しぶりにお邪魔しました~

1hoozuki

 山梨県早川町、南アルプス邑野鳥公園のホタル見ナイト

http://salpsyacho.seesaa.net/article/421063665.html

2taki

 6月中旬。久しぶりに訪れる早川町は、

「あれ??こんなに山深かったっけ???」

梅雨で木々は大喜び。山の緑がきれ~い。町役場が建替え中でした。

3moriaogaerunotamago

野鳥公園も変わらぬあったか~いスタッフの皆様。

そしてオシドリ池noteスイレンとモリアオガエルのタマゴのツーショットheart01

4kibitaki

 森のキビタキの鳴き声に癒されます・・・

 この日は梅雨空でしたが、なんと!プログラムが始まる時間には、

雨上がりましたhappy01

ムササビの成獣がクワノキから滑空してアカマツに留まり、

ヨタカとモリアオガエルが鳴く中、

ヘイケボタルが舞い。

ホタルの光が池に映って浮遊感満喫~

天の川の中を歩いたら、こんなカンジなんだろうな・・・shine

帰りにはモリアオガエルと、

前日に巣立った子供のムササビが登場sign03

余りの幸運に興奮しっぱなしup

 お宿はヘルシー美里。

おいしい食事、あったか~いスタッフの皆様、

よく効く~温泉(ココに行くまでもカエルがお出迎えheart01

夜はキレイなガや、オオミズアオ(苦手な方のため小さくしました!)

にも会え、

5ga 6oomizuao

朝にはコルリの声で眼が覚める最高のお宿。

お土産コーナーでは

サルナシの砂糖漬け、早川特産なめこの缶詰を買占め、そして・・・

7kukusa

 ギャラリーオゴンさんのククサGET~~happy01heart04

「オゴンさんに行けば、もっとイロイロ種類はありますよ~」

と教えていただいたのですが、

「オゴンさんに行くと、違う買い物が増える!」という相方の懸命な判断で

こちらで購入。

 因みにひなてくヒュッテのまな板とお箸はオゴンさんで購入。

思えばこのまな板が、「足るを知る生活」のきっかけとなりました。

大事な大事なまな板です。

ククサもきっと、ひなてく隊に良い『きっかけ』を与えてくれることでしょうnote

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »