tingara応援団

2010年8月28日 (土)

夏の学び舎~♪~めだかのがっこう~

 『めだかの学校』が昨夜、東京・京橋のIsland Gallery で開催されました。

この夏、Island Gallery 写真展「水」とThink the Earthプロジェクト「みずのがっこう」が

コラボされて色々な企画が行われています。(詳細はこちら→http://islandgallery.jp/

『めだかのがっこう』は、その中の一つ。

Kyoushitsu

素敵な教室でしょう~heart01

Teacher_4 先生はこの方、かわむつ先生。

先生が調査された川が日本地図に反映されると、教室から一斉にどよめきの声が

上がります。文字通り、日本全国coldsweats02

 写真と映像、そして楽しい仕掛けの授業。

メダカの形、鰭の形の意味、生息地、生息条件、生活。

よく知っているはずの身近な魚、という常識が見事に崩れます。

 メダカの何気ない生活から出る、細かい細かいシーンの数々のスーパーショット。

こんなの、絶対他では見られません。だって普通見分けられないし、一瞬で撮れません。

 小さな小さな卵の中で育っていく、これまた小さな小さな…命の写真。

写真を撮るのもすごいけれど、この小さな卵の中で幼体?を判別するのもすごすぎる…shock

 世界各国のメダカや、突然変異のメダカ(観賞用でいるそうですcoldsweats02)のことも。

 そして、遺伝子を乱してしまうため、絶対にやっていはいけない放流。

「一度ヒトが飼ったものは、『ペット』です。絶対に放流しないでください」

その地の、その川の遺伝子ではない、ペットメダカ・ペット魚が何も考えずに、

あるいは「数を減らしているから…」という『保護』や『教育』という名目で放流されているそうです。

それって、『自然』の『たくましさ』とか、『懐の大きさ』に甘えていること。でも、『はかない』面もある。

mikolaはその面には敏感で入れるよう、努めようと思いました。できるかな~~~coldsweats01

 「環境があれば、メダカは復活する。保護すべきなのは、環境」

shoumaはこの言葉が一番心に残ったそうです。

 Wind_from_hawaii

 Island Gallery では今、池澤夏樹さんの『カイマナヒラの家』の写真家、

芝田満之さんの写真展が行われています→詳細はhttp://islandgallery.jp/536

池澤夏樹さんファン、必見ですよ!!!

小説の中に吹いているのと同じ風が、ギャラリーに吹いていますよ~happy01

   

2010年8月25日 (水)

めだかのがっこう

 08_medaka

『ひなたてくてく』でも人気の、かわむつ師匠の授業が、

なんと!!京橋のIsland Galleryにやってきま~す♪

題して、「めだかのがっこう」。

詳細はこちら→http://islandgallery.jp/564

幼いころ、川で採ったり、学校で飼ったり。

み~んなの記憶の中で泳いでいるメダカ。

でも意外と知らないメダカのくらし。

ギャラリーに水槽が設置され、師匠の素敵な写真も見られるというウワサです。

この夏最後の冒険に、出かけてみませんかhappy01

因みにひなてく隊はshouma隊長の発案で、一目でわかる格好をしていきますthinksweat01

どうぞ避けないで下さいませ…coldsweats01

                        たまにはおしゃれがしたいmikola拝sweat02

2010年7月17日 (土)

TINGARA in COSMIC

 7月16日、TINGARA のプラネタリウムライブが行われました。

Tingara_in_cosmic

『てぃんがーら』とは、うちな~ぐち(沖縄の言葉)で『天の河』。

米盛つぐみさんの歌声とイシジマヒデオさんの奏でる音は、まさに

天の川からすくい上げたような、星降る曲たちshine

 今回のライブは仕事で行けるかどうかわからなかったのですが、

なんと、かわむつ師匠が!!チケットを取って下さったのです~happy01

ありがとうございます~師匠crying 

いつまでたっても、弟子のほうが気が効かなくてすみません・・・bearing

 さて張り切って伺うと、お手伝いに見えていたハルさんの次、

2番目に会場到着。ライブ前のお忙しい時間だというのに、

スタッフのさおりさんにTINGARAのお二人と写真を撮ってもらっちゃいましたnote

おまけにCDにサインまで、ちゃっかり戴くひなてく隊catface

 ライブの内容は、もう、最高!!!!!!!!!!!でしたっっっっshine

プラネタリウムの星や天の川、オーロラ映像が、全て本物の夜空に変わる。

満天の星の下、はらっぱに寝っ転がって、星たちが、オーロラが、奏でる音、

降り注いでくる音を聞いている。

・・・そんな感じ。

そんな歌手って、曲って、この世には、他に存在しないっ!!

 だって、つぐみさんが手を振りかざすと動く星空。

このヒト(敬称略)、絶対、現実でもこんなことできるに違いないっっっ。

 ヒデオさん録りたての、西表島の琉球アカショウビンの声も響きます。

このヒト(敬称略)、やっぱり天才ですっっっ。

お二人とも、『今』という時代の枠を軽々と越えた方々なのでしょう。

この先何千年も、TINGARAというアーティストは、作品は、評価され続ける。

同じ時代に生まれて良かったcrying

Cd

 我が家のお宝です~♪

2000年に、宮古島でfirst Album『天河原』をshoumaが購入したのがきっかけ。

特定のアーティストをずっ~と追っかけているのは、人生でTINGARAだけです。

 最後に。

 TINGARAのヒデオさん、つぐみさん、そしてスタッフの皆様。

お疲れ様でした。最高の時間をありがとうございました。

 お会いしたTINGARA応援団の皆様。

楽しいひと時をありがとうございました。

 そしてな~んと、mikolaはばったり、旧友に会っちゃいました。

世界は、縁は、くるりと回って、光り輝く。

 長い長い話を読んでくださった皆様、ありがとうございます<(_ _)>

 

  

2008年8月 3日 (日)

長屋和哉さんギャラリートーク&奉納演奏

 北海道探検の途中ではありますが・・・

 昨日ひなてく隊は『音の森』へ分け入ってまいりました。

明治神宮名嘉睦稔さん展覧会にて、

長屋和哉さんのギャラリートーク&ミニ奉納演奏があったのです♪

http://inochinomori.blogspot.com/2008/07/82.html

 長屋和哉さん。

八ヶ岳を拠点にし、大乗仏教や小乗仏教、アジア各地の仏具を

楽器として演奏されるアーティスト。

音楽も素晴しいのですが、そのお人柄も素晴しい!

本も書かれる、洞察力もすごいお方です。

 長屋さんのお話の中から、ほんの一部。

 睦稔さんの絵は、たくさんの色彩がダイナミックに踊っているのですが、

それは南の国の特徴なのだそうです。

北のモノクロームの世界にはない、生命感溢れる世界。

アーティストで南に惹かれるヒト(例えばゴーギャンとかね)、は

やはりその生命力を必要とするからなのだそうです。

 目から鱗。

他にも素晴しい&笑える話満載でした。

奉納演奏は、『節季慈風』の神々が奏でている音かと思いました。

ぐぐ~っと引き込まれ、一気に

雨の神様や、風の神様がいる空(くう)へ、

放り出されるかんじ。

Imgp9901

そして、そして。

手に入れちゃいましたよん。組曲『命の森』。

しっかり、TINGARAのお二人にサインまでもらっちゃったhappy02scissors

Imgp9907

 音の森も深いぞ~confident

2008年7月20日 (日)

『命の森』ギャラリートーク     

 梅雨が明けたので。改まりまして、

暑中お見舞い、申し上げます。

ひなた山では、アブラゼミに加えて、ミンミンゼミが鳴き始めました。

いよいよ2008年の夏が来た~!!!ってとっくに暑いけどcoldsweats01

 Img_4639

 今頃なぜ3月撮影の、シベリアにいるツグミの写真かと申しますと。

 明日の海の日wave

明治神宮、名嘉睦稔さん『命の森』展覧会で、15時から

TINGARAのつぐみさんのギャラリートークが行われるのです♪

つまりツグミつながり・・・(つぐみさんごめんなさいsweat01

http://www.tingara.com/mt/archives/2008/07/post_577.php

TINGARAのお二人は、このすごい展覧会のサウンドプロデュースをされています。

 ギャラリートークは誰でも参加できますよ~!

どうぞ、夏ならではの、最高の休日をshine

・・・因みにひなてく探検隊ももちろん行きます☆

色黒の怪しい二人組みがいたら、それは私達heart01

目をそらさないでね~smile

2008年7月17日 (木)

名嘉睦稔さん展覧会『命の森』

 沖縄の版画家、名嘉睦稔さんの明治神宮での展覧会。

その名も『命の森』happy01

沖縄の自然や自然観察ファンにはたまらない展覧会です♪

 睦稔さんの作り出す版画のほとんどには、生き物が隠れています。

木に彫られた線で、その生き物の特色が生き生きと描かれています。

見れば見るほど、「あ、サシバ!」「セマルハコガメ」「アサギマダラ」「月桃の花~」・・・

色々なものが現れるのです。

 お勧めは畳12畳分(!)の版画『節季慈風』。

風の神様に吹かれて、

ありとあらゆる動物・植物・鳥・昆虫・爬虫類がその命をはぐくんでいます。

いわば沖縄の一年間の命の暦。

暑さにへばっているあなた!

 TINGARAの音楽が流れる中、涼しい『命の森』へ自然観察に出かけませんか。

詳細はこちら。TINGARAのつぐみさんが作品の秘密を語ってくれています↓

 Inochi_banner11     

週末はギャラリートークも開催されます。

思う存分絵と対話したい方は、平日がお勧めです~happy01